私の息子はもうじき「高校受験」です。高校受験はほとんどの場合、子どもにとって人生初めての大きな試練ですね。

 

長い人生の中で、それを左右するような大きな挑戦というのは、「高校受験・大学受験・就職試験」などが挙がるでしょうか。

 

まあ他にもあるかとは思いますが、まずこれらは、数少ない大きな勝負場面である事には違いありません。そして、それは子ども以上に「親」にとっても大きな挑戦でもあります。

 

まともな親なら、自分以上に幸せな人生が子どもに訪れる事を願って止まないものですが、その大きな関門にのぞむ我が子に対して、親として何ができるのでしょうか。

 

我が子の幸せを願う全ての親に、我が子の挑戦を支える全ての親に、親として何が出来るのか自問自答し続ける全ての親に、私は心からのエールを送ります。

スポンサードリンク

高校受験

高校受験は、ほとんどの子どもが迎え撃つ人生最初の試練であり、その後の人生を左右する大きな挑戦であると言っても過言ではないでしょう。

 

今までの義務教育から解放される事で、自らの意志で進学先を決断したり、友人たちともある意味ではライバルとなって合格を競い合うような、過酷な現実が待ってます。

 

さらに進学してからも、そのレースを勝ち抜いた者ばかりが集まる環境の中で、また将来へ向けてのいっそう激しいレースが待っています。

 

出来る事ならば、すべての子どもたちがそのレースを勝ち抜き自分の理想とする環境の中で生きていってほしいものですが、現実はそう甘くもありません。

 

そのような受験という厳しい関門を迎える子どもに対して、私たち親はどのようなスタンスで接してあげる事が必要なのでしょうか。

親の在るべき姿とは

「どんな道を進もうとも必ず一つの道がある」

 

私が常々自分に言いきかせている言葉です。人生の選択は、常に間違いのない理想的な選択をしたいと誰もが願いますが、言うほど簡単ではないのが現実です。

 

しかし間違って進んだと思っていても、後から考えれば、この道であったからこそ学ぶことが出来たと言えるものが必ず存在するものです。つまり

 

「どんな道でも人生を輝かせることは可能」

 

なのです。これは私の信念でもありますが、また多くの成功者たちが遺してきた言葉でもあります。

 

私が思うに、受験に立ち向かう子どもに対して親がしてあげられる事は、この真理を教えてあげることではないでしょうか。

 

むしろ、それ以外に親が出来ることは無いのではないかとさえ思うほどです。

 

公立に進もうが私立に進もうが、普通科に進もうが専門科に進もうが、進学せずに就職しようが、行った所に必ず道はあるという事を示した上で、親は親としての希望や考えを提示する。

 

そんな姿勢が大事なのではないかと思うのです。

 

これが、「私立には絶対に行かせられない」とか「大学にやれないから専門科に行って早く就職しろ」とか言うのは、ちょっと子どもにはきついんじゃないかと思います。

スポンサードリンク

子どもの挑戦を誇れる親でありたい

本音を言えば、公立高校に行ってくれた方が経済的には楽ですよね。私だってそうです。でも、それを押し付けてはいけないと思います。

 

何だかんだ、子どもは親の姿を見ています。経済的な事情など、知らないようで案外よく見ているものです。

 

だから子どもだって、出来るなら公立に進学して親の負担を減らしたいとほとんどの子どもは考えています。

 

ただ、経済的な事情で子どもが進路を決めなければならない状況というのは、やっぱり可哀想ですね。

 

なので私は、「絶対に公立に行ってくれ」とか、「合格確実な公立高校を受験してくれ」とは1度も言った事がありませんし、言うつもりもありません。

 

私の息子には「夢」があります。その夢を実現する為には地元の進学校では厳しいので、遠方の超難関公立校へ挑戦する事を本人がずっと希望してきました。

 

私立なら、もっと近場に専願で行くという選択肢もあるのですが、子ども自身、私たち親に経済的な負担をかけたくないと考えているのでしょう。

 

そのあたりの夢と親への負担を天秤にかけた結果、その公立高校への挑戦を掲げて常に向上してきたようです。

 

親としては、「確実な公立高校へ進学してそこで上位を狙えばいいんじゃない」と言いたくなるところでもありますが、でも、私は息子の挑戦をとても誇らしく感じているのです。

 

もしその公立高校への受験が失敗に終わろうとも、私は心の底から「よくやった」と褒めます。そして、私立高校での新たな挑戦をどんな手段を用いてでも応援します。

 

それに私立高校は、助成金や私立高校特有の奨学金など、学力や頑張り次第では以前よりも経済的なハードルが下がっていますので、昔よりは負担が楽になっていますしね。

スポンサードリンク

失敗なんてない

成功するか失敗するか。それは大した問題ではありません。「挑戦するかしないか」がもっとも人生で大事な事です。断言します。

 

そもそも失敗なんてないんです。「このやり方では上手くゆかなかった」と学んだだけなのです。上手くゆかない方法を学んだという一点において、むしろそれは成功なんですよ。

 

そう考えれば、この世の中に「失敗なんてない」という事が分かりますね。

 

受験もしかりです。わたしたち親は、子どもの高校受験という大きな関門に際しては、ぜひ挑戦する事を勧めてあげたいものです。

 

ある番組で、「今でしょ」で有名な林修先生がこう話していました。

 

「努力して受験に合格した」、「努力したが受験に合格しなかった」、「努力しなかったが受験に合格した」、「努力せず受験にも合格しなかった」。

 

この中で、努力せず受験にも合格しないのは論外として、その次に怖いのは、「努力しなかったが受験に合格した」場合だそうです。

 

つまり努力せずに結果を出すと、まあ何とかなるだろうが染みついて、その後の人生を甘く見てしまうんですね。

 

また、僕が個人的に好きな「薩摩の教え~男の順序」という有名な人生訓があるのですが、この中でも

 

「何かに挑戦して成功した」、「何かに挑戦したが失敗した」、「自分は挑戦しなかったが挑戦する人を助けた」、「挑戦も手助けも何もしなかった」、「何もせず批判だけしている」。

 

この5段階の順に男の価値が決まるのだそうです。

 

せめて上2つには入りたいじゃないですか。私は少なくともそう思ってます。そして、息子にもそうであってほしいと願っています。

 

だから、そこそこの学校にいければそれで良いかとか、親が絶対公立に行けって言うから少しレベルは下げようなどと、そんな風に考えてほしくないのです。

 

高校受験という人生1度きりの大舞台は、ぜひとも挑戦という姿勢にこだわってほしいものです。挑戦さえできれば、あとは結果などどうでも良い事です。

 

以上。高校受験の話でした。

 

長い間生きてきてやっと最近解ったことがあります。それは、夢や目標などを達成できる人に共通しているマインドは、「行動(挑戦)できるか出来ないか」なんです。

 

あれこれとリスクを考えて一歩踏み出せない人と、「駄目だったら次の道を探せば良いや」って感じで生きてる人の違いですね。これだけなんですよ。

 

で、これが出来ない人というのは、今まで挑戦する機会に恵まれなかった人に多いんですね。

 

だから高校受験では、リスクを抑えて現実的な判断をするという選択肢よりも、滅多にない大きな機会だからこそ、あえて挑戦することにこだわってほしいです。

 

補足ですが、最後に「子育て」や「受験」についてのスペシャリストを紹介いたします。

 

「道山ケイ」先生。

 

元中学校教師の道山先生は、子育てや受験のスペシャリストです。書籍やブログでの発信など私はいつも参考にしていますので、良かったら参考にされてみてください。

まとめ

*高校受験は人生最初の試練であり、その後の人生を左右する大きな挑戦の場。

*どんな進路であろうとも、そこに必ず道があるという事を伝えるのが親の役目。

*子どもの挑戦を心から誇れる親でありたい。

*挑戦せずに成功するぐらいなら、挑戦して失敗した方が良い。そして、真の意味での失敗など存在しない。

スポンサードリンク