しばらく「皮膚トラブル」の話が続いていますが、今回も冬に多い代表疾患です。

 

「あかぎれ」

 

手先の皮膚が裂けて、非常に強い痛みや出血を伴う疾患です。

 

もともと皮膚の疾患は女性に多い傾向にありますが、この「あかぎれ」も例外なく女性に多いですね。特に主婦の方でこまめに家事を行う方に、非常に発症が多い傾向が見てとれます。

 

毎年冬になるとこの疾患に悩まされるので、これからの時期は憂鬱だという方も多いのではないでしょうか。

 

いったいなぜあかぎれは起こるのでしょうか。どうすれば早期に改善する事が出来るのでしょうか。今回はそのあたりについて勉強してゆく事にしましょう。

 

今日は、そんな「あかぎれ」の話です。

スポンサードリンク

あかぎれの原因

あかぎれは、皮膚が真皮層まで裂けて非常に強い痛みや出血を伴う疾患で、原因は「強力な乾燥」によるものです。

 

特に「油分」の減少による乾燥は、「皮脂」という外部の刺激から皮膚を守っている組織を傷めます。

 

皮脂が薄くなると刺激に対しての抵抗力が弱くなる為、皮膚のトラブルが発生しやすくなるのです。

 

特に、家事や仕事の際には洗剤等を使用する事が多いと思うのですが、この洗剤の成分により手の油分が分解される事も大きな原因です。

 

ゆえに「食器洗い・トイレ掃除・風呂掃除・洗濯」など、何らかの洗剤に触れる機会が多い主婦の方では、あかぎれを起こすリスクが髙いわけですね。

 

また、家事や仕事など水に頻繁に触れる機会が多い方では、乾く過程で強い乾燥が発生しますので、何度も繰り返すうちに、終には田んぼのひび割れのような状態になってしまいます。

スポンサードリンク

あかぎれの治療

あかぎれの治療は、いかに早く「乾燥を改善して保湿できるか」にかかっています。

 

市販の薬では、「あかぎれ」や「さかむけ」などの傷用接着剤が販売されており一定の効果が認められていますが、やはり根本的に治すには、乾燥を改善して保湿を促すことが大事です。

 

というか、皮膚の疾患はすべからく「乾燥させない」事が重要です。

 

一般的に「すり傷や切り傷・火傷・皮膚トラブル」などの際、たいていの方は乾燥させた方が良いと思われているようですが、実は乾燥させずに保湿した方が、痛みも少なく綺麗に治るのです。

 

これは「湿潤療法」と言って、「夏井睦医師」によって提唱されている理論です。

 

詳しくは「新しい創傷治療」をご覧いただきたいと思いますが、従来の定説を覆す画期的な理論で、私も何度か自分の体で実証済みでもあります。

 

その夏井医師が提唱されている湿潤療法の中で、皮膚のトラブルの際に行うと良い

 

「ワセリンワックス」治療法

 

というものが紹介されていますので、あかぎれ治療の際に参考にしてみてください。

 

  1. 小さじ半分くらいの白色ワセリンを両手によく揉み込む。体温で溶けて柔らかくなる感触を楽しむように時間をかけて,満遍なく揉み込みましょう。荒れている部分には特に念入りに。
  2. 乾いたペーパータオルなどでべたつきが気にならなくなるまでふき取ります。「車のワックスがけ」と同じで,ゴシゴシと拭き取りましょう。

これでおしまいです。2分もあれば完了です。皮膚の亀裂や皺は油の膜で覆われるため,手洗いによる手荒れを防いでくれます。数日で手の状態が変わってきて,ツルツルの手になるはずです。
これを一日何度か行います。例えば水仕事が多い人なら,「朝起きてすぐ(仕事を始める前)」,「昼食後」,「夕方(仕事が終わったとき)」,「お風呂上り」,「就寝前」に行ったほうがいいと思います。もちろん,これでもまだ皮膚が荒れている場合には,ワセリンを塗る回数を増やして対応して大丈夫です。ワセリン自体,極めて安全な物質だからです。しかも,とても安価です。
なお,肌が弱い人,敏感肌の人は柔らかい材質で繊維が残らない紙でゴシゴシしてください。

 

わずかこれだけのケアですが、非常に良い結果をもたらしてくれます。

 

もちろん、水に濡れた後や乾燥を感じた際にこまめに行う事が大事ですから、場合によっては1日10回以上の多数回ケアが必要な事もあるでしょう。

 

しかし、ワセリンは非常に安全な物質ですから、その手間さえ惜しまなければ、ワセリンが油膜となって皮膚の傷を保護する働きが期待できますので、あかぎれの治療には大変おすすめです。

 

私もこの方法によくお世話になっています。

 

またこの方法は、あかぎれだけじゃなく皮膚のトラブル全般に対して有効性が期待できますので、ぜひ覚えておかれると良いでしょう。

スポンサードリンク

あかぎれの予防

予防は、手湿疹(手荒れ)の場合と同じです。よかったらこちらの記事「冬に多い手の湿疹はなぜ起こるのか?予防するための対策は!?」も参考までに。

 

<水に濡れる事を最小限に>

水に濡れた後は、乾かす過程で非常に強い乾燥が生じます。唇の乾燥が気になって舌で舐めたら、余計にその後乾燥が強くなったという経験がありませんか。あれと同じですね。

 

できるだけ水仕事などは控えたいところです。

 

また水ではなく「お湯」の場合、手の油分が流れて余計に乾燥が強くなりがちです。どうしても水仕事をしなければならない場合は、せめてお湯の使用はごく短時間で済ませましょう。

 

ただ、現実にはまったく水を扱わないという事は不可能でしょうから、水に濡れた後には速やかにワセリンを塗り込む事が肝心です。

 

なおその場合ですが、完全に水気を取って塗り込むのではなく、少し皮膚が濡れている状態で塗り込むことがコツですので、ぜひ覚えておいてください。

 

<日中は保湿剤を中心に>

日中は、どうしても家事や仕事等で水を扱わざる得ない場面も多いでしょう。

 

よって、保湿剤によって乾燥を防ぐ事を念頭に、適宜こまめに塗り込んで予防や悪化防止に努めましょう。

 

保湿剤は皮膚の表面保護という見地から、また何回も使用する事を考慮すれば、「ワセリン」が最もおすすめです。

 

薬局に行くと「白色ワセリン」が販売されています。皮膚科に行く時間が無い方は検討してみてください。

 

<夜間は手袋をはめる>

就寝時はまとまった時間がとれますね。よって、日中以上に予防や悪化防止に重きを置いた対応が望まれます。

 

その為にはワセリンワックスを入念に行った後、「手袋をはめて保湿力を増す」処置が効果大です。

 

寝ている間に修復が促進されるので大変おすすめです。手袋をはめて寝る事は若干違和感があるだろうとは思いますが、慣れるとあまり気にならなくなります。

 

なお手袋ですが、「綿製」を使用するのが望ましいでしょう。ゴムや化繊等は体質によって合わない方も多く、かえって悪化する可能性もあるので、綿製が最も無難だと思われます。

 

以上。あかぎれの話でした。

 

最近来られた患者さんは、足にもあかぎれが出来て大変痛そうでしたのでこの記事の内容を教えてあげたところ、早速実践してみて効果を体感されたようです。

 

何事も行動が早い人は結果が出やすいです。

 

今回の記事があかぎれの方の参考になり、症状が早期に改善してゆかれる事を切に願っています。

まとめ

*あかぎれは強力な乾燥が原因で発症する。

*皮膚の真皮層までが裂けてしまう為に、大変痛く出血も伴いやすい。

*あかぎれの治療は、いかに乾燥を改善して保湿を徹底できるかか鍵。

*湿潤療法が良いと思われる。特にワセリンワックス法は試す価値あり。

*水仕事を最小限、日中のまめな保湿、夜間の長時間保湿。これであかぎれの予防と悪化防止を。

スポンサードリンク