前回に引き続き

 

「腰椎椎間板ヘルニア」

 

の話です。今回は、多くの方が悩むポイントである

 

「手術を受けるべきか否か」

 

についてスポットを当ててみます。

 

椎間板ヘルニアは多くの方が病院で検査を受けられますが、「手術でしか根治できない」と宣告される方が多く、どうするべきか悩まれる方が非常に多いですね。

 

完全に治るのなら受けるけれど、かえって症状が悪化したという話も聞くし、いまいちふんぎりがつかないという方も多い事だろうと思います。

 

そこで今回は、腰椎椎間板ヘルニアにおける「手術の判断基準」をズバリ明示しますので、どうぞ最後までご覧ください。

スポンサードリンク

腰椎椎間板ヘルニアとは

前回と同じような内容も含みますが、非常に大切な知識なので繰り返し記事にしておきます。まずは腰椎ヘルニアの概要からです。

 

背骨の1つ1つの骨の間には

 

「椎間板」

 

というクッションの役割を果たす組織があり、椎間板の中心には

 

「髄核」

 

という芯が存在します。この髄核が飛び出して

 

「神経を圧迫する事で痛みやしびれが発現する」

 

という考え方が、従来の腰椎椎間板ヘルニアの概念です。ただ前回も言いましたが、私はこの概念に疑問を持っています。

 

と言うのも、画像上で腰椎の変形が見られても、まったく腰痛症状を訴えない方が多くいる事。

 

また反対に、画像ではとても綺麗なのに、非常に強い腰痛を訴える方がいるという事。つまりは

 

「画像上の所見と実際の自覚症状とが必ずしも一致しない」

 

場合が多いのです。また、手術によって神経の圧迫を切除したところ、痛みが取れないどころかかえって悪化する方がいるという現実もあります。

 

よって、痛みやしびれが神経の圧迫から来ているという考え方には、疑問を持たざるを得ません。

椎間板ヘルニアの原因

では、椎間板ヘルニアと言われた方の痛みやしびれの真の原因とは何なのでしょうか。その答えは

 

「筋肉」

 

にあると前回も話しましたね。

 

実は近年の研究で、神経が圧迫を受ける事で痛みやしびれが生じるという考え方には、生理学的根拠が存在しないという事が分かってきました。

 

そして正しくは、神経が圧迫を受けると

 

「痛みやしびれではなく運動麻痺が生じる」

 

というのが正しい生理学的根拠であるのです。

 

ちなみに運動麻痺とは、「足が上手く動かない・手が上手く動かない・温度の感覚が異常・大小便が上手くコントロール出来ない」などの事を指します。

 

だから、もし本当に神経の圧迫が存在するのなら、少なくとも痛みやしびれより「運動麻痺の症状が先行する」はずなのです。

 

ところがほとんどの患者さんを診ていると、痛みやしびれは訴えるものの、神経麻痺の症状を訴える患者さんはとても少ないのです。

 

これはつまり、「その痛みやしびれは神経の圧迫からではない」という事の証明にもなる訳です。また、痛みを感知するセンサーを

 

「ポリモーダル受容器」

 

と呼ぶのですが、このポリモーダル受容器は筋肉筋膜に多く存在しており、椎間板や軟骨には存在しない事も分かってきました。

 

これらの事を総合すると、理論上においては、

 

「椎間板や軟骨の変形によって痛みが起こる事はない」

 

という結論になります。正しくは

 

「筋肉が硬く縮む事により、筋肉に存在するポリモーダル受容器が反応して痛みやしびれを発している」

 

と考える方が、どう考えてもつじつまが合うことになるのです。

スポンサードリンク

椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアの治療では、大きく分けて3つの治療法があります。

 

<リハビリ>

「マッサージ・電気治療・温熱治療・運動療法」など、外科的な手段を用いずに改善に導く手段です。

 

実はほとんどの椎間板ヘルニアの患者さんは、このリハビリを根気強く続ける事で改善へと導けます。

 

ただ問題となるのが、生活習慣の改善を努力できるかという点と、一定期間ちゃんと治療に通える継続力があるかという事です。

 

特に男性の患者さんでは、途中で治療を放棄してしまう方が多い傾向にありますから、ぜひ最後まで頑張って通院して頂きたいものです。

 

<注射・投薬>

注射には、「硬膜外ブロック」という背骨に打つ注射と、「トリガーポイントブロック」という筋肉に打つ注射があります。

 

ほとんどの医療機関では硬膜外ブロックが選択されがちですが、生理学的根拠や実効性の観点からは

 

「トリガーポイントブロックの方がおすすめ」

 

です。注射による改善を目指す場合には、トリガーポイントブロックを実施している医療機関を選択すべきだと考えます。

 

投薬治療では、「痛み止め」や「精神安定剤」などの服用が一般的です。薬の服用基準としては、安静時の痛みがあるかどうかがポイントになるでしょう。

 

じっとしていても痛いような時は迷わず服用を継続すべきですが、じっとしていて痛まないのならば、出来るだけ無理には服用しない方が良いでしょう。

 

ただ勘違いしてはいけないのは、薬はたとえ一時しのぎであろうと、痛みが強い時にはちゃんと服用すべきという事です。

 

「どうせ一時しのぎだから」

 

と、ちゃんと服用しない方が多いのですが、痛みを緩めてあげる事は、痛みの慢性化を防ぐ上で非常に大事な視点ですので、ここは間違えてはいけないのです。

 

詳しくは「慢性痛の原因は脳にあり!中枢性感作とは!?」をご覧ください。

 

<手術>

今日の本題です。ここは非常に重要な話になりますので、次項で詳しく述べる事としましょう。

スポンサードリンク

椎間板ヘルニアで手術すべき判断基準は

さて、椎間板ヘルニアに関して私の造語ではあるのですが

 

「偽性ヘルニアと真性ヘルニア」

 

に分けることが出来ると思います。すなわち、痛みやしびれはあるものの運動麻痺は伴わない場合を

 

「偽性ヘルニア」

 

と呼び、痛みやしびれがありさらに運動麻痺が伴う場合を

 

「真性ヘルニア」

 

呼びます。そして、医療機関で椎間板ヘルニアと診断された方の多くは、実際には「偽性ヘルニア」である場合がほとんどなのです。私は

 

「真性ヘルニアならば手術を迅速に決行すべき」

 

と考えますが

 

「偽性ヘルニアならば手術のリスクは負わない方が良い」

 

と考えています。実際は偽性ヘルニアであるのに手術に踏み切る方が多くおられますが、かえって痛みがこじれて難渋しているという方も結構おられるのが現実です。

 

それはそうでしょう。原因は神経ではなく筋肉にあるのですからね。筋肉ならば、多少時間がかかっても「リハビリ・注射・投薬治療」等で行くべきなのです。

 

脊髄の手術にはそれなりのリスクが伴うのですから、はっきりと運動麻痺の症状が出ている場合を除いては、手術を回避すべきだと思います。

 

大事な事なのでもう一度言います。

 

脊髄の手術にはそれ相応のリスクが伴います。はっきりと運動麻痺症状が出ているなら話は別ですが、「痛みやしびれのみ」の症状ならば手術は回避すべきです。

 

これが私の臨床経験から得た、現時点での結論であります。

 

以上。椎間板ヘルニアの手術に関する話でした。

 

私は決して手術を否定するものではありません。むしろ手術を選択すべき場合もあるのです。ただし、負わないで良いリスクを負った結果、後悔している方も現実におられます。

 

手術の選択は今後の長い人生にかなり影響する問題ですから、その正しい判断基準というものをしっかりと持っておくことが大切なのです。

 

なお前回の記事も併せてご覧頂くとより理解が深まるかと思います。

 

「腰椎椎間板ヘルニアのストレッチ!効果抜群のセルフケア!!」

まとめ

*神経が圧迫されて痛みやしびれが生じる、というのが従来の椎間板ヘルニアの概念。

*しかし、神経が圧迫を受けると運動麻痺が生じる、というのが正しい認識である。

*痛みやしびれのみで運動麻痺が無いならば、それは筋肉に原因があるという事。

*筋肉ならばいきなり手術というリスクを負う必要はない。

*偽性ヘルニアならば、リハビリや注射投薬治療等で改善へ導くべき。

*運動麻痺症状がある真性ヘルニアに関しては、直ちに手術を選択すべき。

スポンサードリンク