漢方薬シリーズ第2回です。今回は、前回紹介した「葛根湯」に次いで人気の高い漢方薬

 

「小青龍湯(しょうせいりゅうとう)」

 

について紹介します。小青龍湯は、主に「アレルギー性鼻炎」「花粉症」などの鼻炎系疾患に利用される漢方薬です。

 

今回の記事は、鼻炎症状などでお困りの方にお役に立てる内容となっていますので、ぜひ参考にされてください。

スポンサードリンク

小青龍湯

「小青龍湯」はかなり有名な部類の漢方薬で、主に「アレルギー性鼻炎・花粉症・気管支ぜんそく」等の改善目的で使用されています。

 

小青龍湯は、「麻黄・桂皮・芍薬・半夏・五味子・細辛・乾姜・甘草」の生薬から構成され、全体の性質としては「体を温めながら症状を発散させて治す」働きを持っています。

 

また、それと同時に不要な水分を排泄する働きなども有しています。小青龍湯はその薬理上、「虚弱体質の方には向かない漢方薬」です。

小青龍湯の効能

小青龍湯の効能は主に鼻炎系疾患ですが、服用するのに適したタイミングは

 

風邪のひきはじめでくしゃみや水っぽい鼻水が出る」

 

ような時です。また「アレルギー性鼻炎花粉症・気管支ぜんそく」などの発作が出始めた時にすぐに服用すれば、効果を発揮する場合が多いです。

 

小青龍湯の効能は、「発汗作用によって体の熱や水分を発散させて改善へ導いてゆく」事によって発揮されます。

 

以下に、各成分ごとの効能を列記しておきますので参考にされてください。

麻黄(まおう)

発汗・発散・温熱作用

桂皮(けいひ)

発汗・発散・温熱作用

芍薬(しゃくやく)

気の道や血の道を補う作用

半夏(はんげ)

痰を除去する作用

五味子(ごみし)

体内から気が漏れ出るのを防ぐ作用

細辛(さいしん)

冷えを除去する作用

乾姜(かんきょう)

冷えを除去する作用

甘草(かんぞう)

気を補う作用

スポンサードリンク

小青龍湯の副作用や注意点

小青龍湯の副作用に関しては、特に「妊婦さんが服用すると良くない」という話がネットなどでよく出ています。

 

しかし、実際には小青龍湯はあまり副作用が出にくい部類の漢方薬ですから、個人的にはそれほど神経質になる必要はないと考えています。

 

ただ排泄作用が強い漢方薬でもありますから、「妊娠初期の方が服用する」場合には、念のため医師に相談されておいた方が良いでしょう。

 

また、以下のような副作用が時折報告されていますので、心配な方は医師に相談した上で処方してもらう事をおすすめします。

 

まず全体の注意点としては、「病中・病後の衰弱期」や「汗かき体質の方」は原則使用は控えた方が良いです。

 

それから、小青龍湯は体力が通常程度ある方に向いた漢方薬ですから、「極度の虚弱体質」や「極度の胃腸虚弱」の方は、医師の指導の下で服用するべきです。

 

その他の注意点としては以下のようなものがあります。

交感神経刺激作用のある薬

「エフェドリン類やテオフィリン類含有製剤・甲状腺製剤・カテコールアミン製剤等」の交感神経刺激作用がある薬を服用している方においては、飲み合わせに注意が必要です。

麻黄・甘草配合の漢方薬

麻黄湯」や「芍薬甘草湯」など、麻黄や甘草が配合されている他の漢方薬との飲み合わせにも注意が必要です。

偽アルドステロン症

「血圧上昇・むくみ・手足のしびれ・ふるえ・脱力」などを伴う、「偽アルドステロン症」という副作用がごく稀に発生しますので、服用開始後は体調の変化に気を付けておいてください。

間質性肺炎

「空咳・息苦しさ・息切れ・発熱」などを伴う間質性肺炎もごく稀に発生しますので、服用開始後は体調の変化に気を付けておいてください。

 

 

以上。小青龍湯の話でした。私も、鼻風邪を引いた時やアレルギー性鼻炎が現れた時にはとても重宝しています。

 

正直あまり飲みやすい漢方薬とは言えませんが、比較的初期のうちに服用すれば効果を体感できる事も多いです。鼻炎症状等でお困りの方は、ぜひ一度試してみてください。

 

自分で選択して服用する事に自信が無い方は、かかりつけの内科などに問い合わせてみる事をお勧めします。たいていの内科では漢方を取り扱っているはずです。

 

自分で購入されたい方は以下からどうぞ。

 

【第2類医薬品】ツムラ漢方小青竜湯エキス顆粒 64包

まとめ

*小青龍湯は有名な部類の漢方薬。

*水っぽい鼻かぜ、アレルギー性鼻炎、花粉症、ぜんそく等に効能がある。

*妊婦さんの服用は危険という意見もあるが、実際はよく処方されていて大きな問題も少ない。

*体調や胃腸が衰弱しておらず、体力が普通程度以上ある方が対象となる。

*漢方薬だからといって副作用が無い訳ではない。注意点をよく理解しておくことが大事。

スポンサードリンク