漢方薬シリーズ第10回です。今回は、水太り体質の女性の方に人気の高い漢方薬である

 

「防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」

 

について紹介します。防已黄耆湯は、「体に水分が溜まりやすい体質」の改善などに利用される漢方薬です。

 

今回の記事は、水太りやむくみ体質の症状などでお困りの方にお役に立てる内容となっていますので、ぜひ参考にされてください。

スポンサードリンク

防已黄耆湯

「防已黄耆湯」は肥満気味の女性の方に人気の漢方薬で、特に「水太り・むくみ・関節に水が溜まりやすい」症状などを改善する目的で使用される漢方薬です。

 

また、水分が溜まりやすい体質の改善などに利用される事から、ダイエット目的で使用される事もある漢方薬です。

 

防已黄耆湯は「防已・黄耆・蒼朮・生姜・大棗・甘草」の生薬から構成され、全体の性質としては「水分循環を調節し不要な水分を排泄する」働きを持っています。

 

防已黄耆湯はその薬理上、「比較的体力が低下気味の方に向いた漢方薬」です。

防已黄耆湯の効能

防已黄耆湯は、主に水太り体質の解消やダイエット目的で使用されていますが、特に

 

「色白で汗かきで肥満体質」

 

のような方に適応します。また「関節に水が溜まりやすい」など、関節が腫れたりむくんだりしやすい方にも適応する事が多いですね。

 

防已黄耆湯の効能は、「水分循環を調節しながら不要な水分を排泄してゆく」事によって発揮されます。

 

以下に、各成分ごとの効能を列記しておきますのでぜひ参考にされてください。

防已(ぼうい)

不要な水分を排泄する作用

黄耆(おうぎ)

気を補う作用

蒼朮(そうじゅつ)

脾臓や胃の働きを整える作用

生姜(しょうきょう)

発汗・発散作用

大棗(たいそう)

気を補う作用

甘草(かんぞう)

気を補う作用

スポンサードリンク

防已黄耆湯服用時の注意点

防已黄耆湯は、ダイエット効果もあって水太り体質の女性に人気が高いのですが、それゆえに副作用に対する心配も当然ついてまわります。

 

しかし、実際にはそれほど強く現れる副作用というものはありません

 

ただし、水太り体質を改善する為にはある程度長期の服用が必要になる場合が多いので、医師の監督下で服用を進めていった方が安心ではあります。

 

その他の注意点としては、他の漢方薬と同様に以下のようなものがあります。

偽アルドステロン症

「血圧上昇・むくみ・手足のしびれ・ふるえ・脱力」などを伴う、「偽アルドステロン症」という副作用がごく稀に発生しますので、服用開始後は体調の変化に気を付けておいてください。

間質性肺炎

「空咳・息苦しさ・息切れ・発熱」などを伴う肺炎もごく稀に発生しますので、服用開始後は体調の変化に気を付けておいてください。

 

 

以上。防已黄耆湯の話でした。

 

当院の女性患者さんにも何人か服用されている方がいらっしゃいますが、肥満の解消に一定の効果が見られています。

 

もちろん、防已黄耆湯を服用するだけで安易に肥満が解消できると考えてはいけませんし、また実際そう簡単ではありません。

 

しかし、食事や運動に気を使いながら努力をしている方が服用する場合には、やはり相乗効果が見られています。

 

よって、自分の体質がこれらに思い当たるという方には、ぜひ一度お試しされてみる事をおすすめします。

 

自分で購入されたい方は以下からどうぞ。

 

【第2類医薬品】ツムラ漢方防已黄耆湯エキス顆粒 64包

まとめ

*防已黄耆湯は水太り体質の女性に人気の高い漢方薬。

*色白虚弱体質、汗かき、むくみ、水太り肥満、関節に水が溜まるなどの症状に効能がある。

*体力が比較的虚弱気味の方でも服用可能な漢方薬。

*漢方だから副作用が無い訳ではない。注意点をよく理解しておくことが大事。

スポンサードリンク