花粉症シリーズ第2弾です。

 

今回のテーマは、

 

「花粉症と鼻炎」

 

についてです。鼻炎症状は花粉症の最も代表的な症状ですから、今回の記事は、特にしっかりと読んでいただければと思います。

 

2回目の今日は、「花粉症と鼻炎」の関係について話します。

スポンサードリンク

花粉症

「花粉症」とはアレルギー反応の1つで、スギやヒノキなどの花粉に体の免疫機能が過剰に反応して、「くしゃみ・鼻水・せき・かゆみ」などの症状が現れる現象を言うのでしたね。

 

中でも、特にメインとなる症状が、今日のタイトルにもあるように「くしゃみと鼻水」です。つまり「鼻炎症状」ですね。

 

同じ鼻炎でも、1年中鼻炎が出ている現象を「通年性アレルギー性鼻炎」と呼び、花粉症のように花粉の時期だけに現れるような鼻炎を「季節性アレルギー性鼻炎」と呼んでいます。

 

前回も言いましたように最近の調査では、日本人の約4人に1人は花粉症を発症していると言われており、そのうち約7割程度の方が「スギ花粉」による花粉症である事が分かっています。

 

まさに国民病と呼んでもよい程の勢いで患者さんが増加しており、とりわけ幼児や小学生などの低年齢児での発症が問題となっています。

花粉症の症状

花粉症は、風邪の症状と大変似ている部分があり、なかなか見極めが難しい疾患です。

 

ただ、よく症状を精査してゆくと明確に症状に相違があるのです。

 

例えば花粉症では、「無色でサラサラした鼻水・目や肌のかゆみを伴う・中長期に症状が続く・本人や家族にアレルギー体質が見てとれる」といった特徴があります。

 

一方風邪の場合は、「黄色や緑色の粘り気のある鼻水・あまりかゆみは伴わない・短期で治る・アレルギー体質かどうかは関係ない」など、結構違いがあるのです。

 

このあたりはよく混乱しやすい症状なので、ぜひ、このように違いがあるという事を知っておいてくださいね。

 

なお、風邪では発熱するのが一般的ですが、花粉症でも発熱する事があり、なかなか区別が難しいところがあります。

 

ぜひ、「花粉症でも発熱する!?風邪との判別方法を大公開!!」もご覧ください。

スポンサードリンク

花粉症の鼻水やくしゃみとは

さて、今日の本題である「鼻水とくしゃみ」についてです。

 

前回、花粉症でも熱が出る事があるという話をしましたが、この「鼻水とくしゃみ」という鼻炎症状に関しては、ほぼ100%花粉症で見受けられる症状です。

 

ただ、鼻水やくしゃみは風邪の際にもよく現れる症状ですから、いったい風邪の症状なのか花粉症の症状なのか、戸惑ってしまう事が多いですね。

 

そこで判別方法ですが、上でも書いたように

 

「鼻水の色や形状」

 

で判断する事が大事になります。風邪の場合は「黄色や緑色の粘り気のある鼻水」で、花粉症の場合は「透明でサラサラした鼻水」という違いでしたね。

 

この違いは割と簡単に判別出来ますので、ぜひ覚えておいてください。

 

それでは、なぜ花粉症で鼻水やくしゃみが出るのかという理由について考えてみたいと思いますが、この原理についても「自律神経」の観点から見てゆく必要があります。

 

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があって、一般的に免疫機能については「副交感神経」が担当しています。

 

鼻から侵入したウイルスや細菌を、鼻水やくしゃみによって排除しようとする働きですね。

 

それと原理は一緒で、花粉症などのアレルギー反応というのは、体内に侵入した異物を排除しようとする働きですから、ここにもまた「副交感神経」が関与しているのです。

 

つまり風邪であっても花粉症であっても、鼻水やくしゃみという現象は、「体内に侵入した異物を排除しようとする防御反応」なのですね。

 

ただ、風邪の場合にはウイルスや細菌など本当に有害なものに対して反応するのに対して、花粉症は花粉など本来有害ではないものに対して過剰に反応している、そういう違いがあるだけです。

スポンサードリンク

花粉症の鼻水やくしゃみを止める方法

では、花粉症の鼻水に対してどう対処すべきでしょうか。

 

私の考えは前回書いた熱の記事と同じで、風邪の場合は細菌やウイルスなどの有害物に反応している為「止めない」、花粉症の場合は花粉など有害ではない物に反応している為「止める」。

 

このように対処すべきだと考えます。

 

それでは、鼻水やくしゃみを止める方法を、大きく4つに分けて紹介します。

 

<医師処方の薬>

これは重症者向きの方法です。

 

花粉症の鼻水やくしゃみは、重症患者さんでは本当にひっきりなしに出続けますから、とてもじゃないけど仕事や勉強に集中できないという方も多いですね。

 

そういった重症患者さんの場合、基本的に投薬治療が長期に及びますから、市販薬を長期に服用し続ける事には副作用などの観点から心配があります。

 

なので、耳鼻科医などの監督下で正しく副作用の管理などをしてもらいながら、治療や薬の服用を行っていった方が良いと考えます。

 

<市販薬>

これはそこまで重症ではない方向きの方法です。

 

鼻水やくしゃみが毎日出るのではなく、出る時と出ない時の差があるような方においては、市販薬を上手に使いこなしながら症状を抑えてゆくのも良いでしょう。

 

ただ市販薬はかなり作用が強いので、長期の連用は避けたいところです。

 

個人的な基準ですが、週に2回ぐらいの服用で1週間を乗り切れるようならば、市販薬のみでも良いのではないかと考えています。

 

もしそれ以上の服用が必要な場合は、やはり耳鼻科医に処方してもらう事をおすすめ致します。

 

市販薬については様々な種類があり、こればかりは服用してみないと自分に合うかどうかは分からないのですが、鼻炎との付き合いが長い私がおすすめするのは以下の商品です。

【指定第2類医薬品】パブロン鼻炎カプセルSα 48カプセル


けっこう効き目が強いです。喉の渇きなどが強く出ますから、常時服用するのではなく、ここぞという時に限って服用するのに適しています。

 

また、「アスゲン鼻炎錠S (アスゲン製薬)」という鼻炎薬もおすすめです。

 

効き目はマイルドですが、副反応も比較的弱めなので、ある程度常用するのに適しています。

 

ただし、あまりドラッグストアなどには置いてありませんので、昔ながらの町薬局などに行ってみると良いでしょう。

 

<漢方薬>

軽度から重度まで、全ての患者さんに1度は試してほしいのが漢方薬です。

 

特に鼻炎症状に向いている漢方薬は、「小青龍湯(しょうせいりゅうとう)」がおすすめです。

 

こちらの記事にまとめていますのでどうぞ読まれて下さい。「小青龍湯に副作用はあるか!?鼻炎向け漢方薬~漢方編2~

 

<ツボ治療>

ツボ治療はそれ単体でも効果を発揮する場合が多いですが、その他の治療法を後方支援する意味でも、ぜひ取り組んでいただきたいです。

 

花粉症などのアレルギー鼻炎症状に適応するツボは、「H5(関衝)」と「F5(竅陰)」です。

 

詳しくはこちらの記事に書いていますのでどうぞ読まれて下さい。「井穴刺絡!万病に効くツボ治療決定版!!

 

以上。花粉症と鼻水の話でした。

 

私の経験上、鼻水やくしゃみが酷いと、頭痛なども併発して仕事や勉強に身が入りませんよね。なので、ぜひ早め早めに対処してゆきたいものです。

 

特に花粉症での鼻炎は、本格的に症状が始まる前から準備しておく姿勢が大切ですから、症状が出始めたら、ただちに「ツボ治療や漢方薬」を試みてゆきましょう。

 

そして、その後の経過をよく観察しながら、適宜市販薬や耳鼻科の受診も検討してみてください。

まとめ

*日本人の4人に1人は花粉症で、そのうち約7割はスギ花粉症。

*くしゃみ、鼻水、せき、かゆみなどが主たる症状。

*鼻水やくしゃみは、異物を排除しようとする防御反応である。

*花粉症での鼻炎症状は過剰な反応によるものなので、出来るだけ止めた方が良い。

*漢方薬とツボ治療で早期の対応を。

*軽中度の方は市販薬、重度の場合は耳鼻科の受診を。

スポンサードリンク