ここしばらくは花粉症の記事を続けていますが、記事の写真を見るだけで「鼻がムズムズする」と、最近読者さんに苦笑いされました。

 

ムズムズした皆さん・・・すいません。

 

という事で、懲りずに今回も花粉症の話です。

 

今回は、花粉症の話題が出ると必ずと言って良いほど聞かれる

 

「お茶」

 

に関しての話です。皆さんできるだけ「薬」には頼りたくないという事で、「お茶で治るものならば」といろいろ試されているようですね。

 

果たして花粉症にお茶は有効なのでしょうか・・・。

 

6回目の今日は、「花粉症とお茶」の関係について話してみたいと思います。

スポンサードリンク

お茶

「お茶」は我々日本人にとって、馴染みが深く食卓に欠かす事の出来ない飲み物です。

 

特に「緑茶」に関しては、昔から「がん」などの成人病予防に効果があるという事で、多くの方に愛飲されている飲み物ですね。

 

さてそういったお茶に関しまして、近年様々な効果があるという事が分かってきているのですが、その中でも非常に注目を集めているのが「花粉症」に対する有効性です。

 

毎年花粉症の時期には飛ぶように「お茶」が売れているらしいのですが、それだけ注目度も高いという事なのでしょう。

 

果たしてお茶は花粉症に有効なのでしょうか。

スポンサードリンク

お茶は花粉症に効くのか

その答えを単刀直入に言うと、

 

「一定の効果は見られるけど基本的に効果の有効性は微妙」

 

という結論です。ただし、効く時には効きますので試してみる価値は大いにあります。

 

特に、漢方薬以上に体に無理なく健康や免疫力の向上などが望める飲み物なので、毎日の飲み物にお茶をプラスする事は、決して無駄ではないと私は考えています。

 

次項では、花粉症対策のお茶で注目されている「6種類」の銘柄について解剖してゆく事にしましょう。

スポンサードリンク

花粉症改善が期待できるお茶6種

以下に掲げる種類はすべて、花粉症に一定の効果が見られたという声が多い種類です。

 

それぞれの種類の説明と共に、私の個人的主観にて花粉症への効果判定を「◎・〇・△」で行ってみたいと思いますので、どうぞ参考にされて下さい。

 

<緑茶 〇>

茶の木から摘み取った茶葉を加熱処理したもの。

 

「カテキン・テアニン・ビタミン類」が豊富です。特にカテキンには、アレルギーを抑制する効果があると言われています。

 

《 私たちが作った“徳用煎茶”です 》 屋久島自然栽培茶「新緑」100g×3

<甜茶(てんちゃ) ◎>

中国産のテンヨウケンコウシ(バラ科)の葉から作られたもの。

 

「ポリフェノール・ミネラル」が豊富です。ポリフェノールが、アレルギーの原因物質であるヒスタミンを抑制すると言われています。

 

山本漢方製薬 甜茶100% 3gX20H

<なた豆茶 △>

マメ科の1年草である、なた豆を加工して作られたもの。

 

「酵素」が豊富で殺菌力や消臭力に優れており、免疫を調整してアレルギーを抑制する効果もあると言われています。

 

山本漢方製薬 なた豆茶100% 6gX12H

<べにふうき茶 〇>

日本の紅茶「べにほまれ」と中国の紅茶「ダージリン」をかけあわせて作られたもの。

 

「メチル化カテキン」を豊富に含み、花粉症の原因の1つである「IgE抗体」の抑制効果があると言われています。

 

べにふうき 粉末 約320杯分 日本農業賞受賞 静岡県産 業界最高水準 高濃度 メチル化カテキン 便利な軽量スプーン付き 80g 2パック

<ルイボスティー 〇>

南アフリカ原産のルイボスの葉から作られたもの。

 

「SOD酵素」を豊富に含み、抗酸化作用によって活性酸素を除去して免疫力を高めると言われており、アレルギーの抑制効果もあると言われています。

 

生活の木 有機ハーブ ルイボス 100g

<シジュウム茶(グァバ) ◎>

ふともも科のグァバの葉から作られたもの。

 

「タンニン」が豊富に含まれており、抗酸化作用や免疫調整作用によりアレルギーを抑制すると言われています。

 

山本漢方製薬 シジュウムグァバ茶100% 3gX20H

私が独自にリサーチした結果では、これらの種類の中で最も花粉症に効果が期待できるのは、「甜茶」と「シジュウム茶」という結果でした。

 

特に「甜茶」に関しては、厚生労働省によって本格的に調査された事もあるぐらい効果が期待されています。

 

ただしその調査の結果は、「効果あり14%・効果未定35%・効果なし51%」と、必ずしも期待通りの結果ではありませんでした。

 

しかしこの手の民間療法の調査は、研究対象の範囲や選別の難しさ、費用面の問題なども相まって、必ずしも十分な規模の調査とは成り得ません。

 

なので、この数字をそのまま額面通りに受け取る事は出来ません。

 

実際に花粉症患者さんの声を聞いてみると、これらのお茶を飲用して良かったという反応が返ってくる事も多いので、私はこの数値以上に効果の期待が出来るのではないかと感じています。

 

以上。花粉症とお茶の話でした。

 

お茶には、免疫力の向上効果、殺菌力による感染症予防効果、消臭力による口臭体臭の軽減効果など、アレルギー疾患の改善以外にもいろいろな副効果が認められます。

 

また何より、体にリスクが少ないという点から考えてみても、ぜひ日常生活に取り入れるにふさわしい花粉症対策の1つではないかと思います。

 

あなたの花粉症が、お茶によって少しでも軽減される事を願っています。

まとめ

*お茶は免疫力向上や殺菌力に優れ、健康に良い飲み物。

*お茶がアレルギーに効果があるという研究結果がたくさん出ている。

*ただし即時効果は少なく、効けば儲けものという姿勢でいる事も必要。

*どちらにせよ飲み物は必要なのだから、水分摂取の際にはお茶を取り入れてみよう。

*効果の有無を見る為には、3度の食事の合間にも頻繁に飲用したほうが良い。

スポンサードリンク