読者さんお悩みシリーズ2回目です。

 

今回は、非常に多くの方が人知れず悩まれている

 

「ワキガ」

 

について話してみたいと思います。

 

「ワキガ」とは、腋(わき)から大変強い匂いを発する疾患で、周囲の方にも不快な思いをさせてしまう事がある、とても厄介な疾患です。

 

自分で匂いを自覚する事が難しい上に、指摘したりされたりするのも簡単ではない問題なので、人間関係にも影響を及ぼしかねない、とても悩みの深い疾患です。

 

こういった「匂いに関する悩み」については、本人さん以外にも、周りの方から「どうにかしてあげたいんだけど」という相談が多いのも特徴と言えますね。

 

第2回目の今回は、そんな「ワキガ」についての記事となります。

スポンサードリンク

ワキガ

「ワキガ」とは腋が非常に強く匂う疾患です。より医学的に言うならば

 

「アポクリン腺から出る汗の匂いがとても強烈な匂いである」

 

状態の事を指します。その匂いの特徴は「単なる汗臭い匂い」とは違い、非常に強烈で独特の匂いでもあります。

 

例えば、「ねぎの腐ったようなツーンとした匂い・果実が腐ったような甘酸っぱい匂い・鉛筆の芯を集めたような鉛臭い匂い」など、さまざまに表現されています。

 

いずれにしても命に関わるようなものではないのですが、かなり特殊な匂いを発するために、人間関係においてもいろいろとトラブルの元となる事があります。

 

ワキガの悩みは、単に体の悩みというレベルでは済まず、「心」の問題ともリンクして、人によっては

 

「生きるか死ぬかという瀬戸際まで精神が追い込まれてしまう」

 

事もあります。しかし医療の発達した現代において、ワキガの治療や対策はかなり進歩を見せていますので、決してあきらめないでくださいね。

 

それに、国によってはワキガの匂いを個性と受け止めて、むしろ好意的に受け止めてくれる人たちも居ます。

 

日本においてもワキガの匂いが「嫌いじゃない」という人も居られるようですから、あまり悲観し過ぎないようにしましょう。

ワキガの原因

ワキガを含めた「体臭」の原因は、皮膚や肌という観点から見たら大きく3つにとらえる事ができます。

エクリン腺

「エクリン腺」は汗腺の1つで、主に体温を下げる働きがあります。

 

エクリン腺からの汗は基本的に無臭ですが、汗の量が多い場合や乾いた後などには、「汗臭い」匂いを発する事があります。ただし、ワキガの原因ではありません。

皮脂腺

「皮脂」は肌の表面を保護する働きがあります。

 

ただしあまりにも皮脂が分泌されて酸化すると、いわゆる「加齢臭」や「男性臭」の原因となる事があります。ただ、こちらもワキガの原因ではありません。

アポクリン腺

この「アポクリン腺」からの汗こそが、ワキガの最大の原因です。

 

アポクリン腺も汗腺の1つなのですが、実はエクリン腺とは大きな違いがあって、それがゆえにワキガの原因ともなっています。実はアポクリン腺には

 

「匂いを作る」

 

という働きがあるのです。これは、人間の遺伝子や子孫繁栄にも関係する非常に重要な働きなのです。

 

なぜかと言うと、人間は遺伝子情報が近い者同士で交配してゆくと、人類の進化上あまり良くないという事はご承知の通りかと思います。

 

で、太古の昔は現代の様にそういった情報がない時代でしたから、どうやって自分と相手の遺伝子が近いか遠いかを判断していたかと言うと、それは

 

「匂い」

 

なのです。人間の脳のシステム上、自分の遺伝子と近い人間の匂いは「不快」に感じ、自分の遺伝子と遠い人間の匂いは「快く」感じるという性質があります。

 

よく娘さんが「パパの匂い嫌い」と喧嘩になる話を聞きますが、これなどはまさにその典型なのですね。

 

つまり、「匂い」というのは現代では忌避されがちな存在なのですが、太古の昔はその人にとってある種の

 

「フェロモン」

 

であり、個性や情報の主張でもあったわけです。

 

そのフェロモンや個性の主張によって、互いの匂いが「不快か快か」を本能的に判断しながら、遺伝子が近い人間との交配を避けつつ、人類は今日まで進化してきたのです。

 

その匂いを作る働きに大きく関与してきたのが、実は「アポクリン腺」だと言われています。

 

そう考えれば、ワキガのような体臭は決して迷惑な存在ではないとも言えるのですが、これだけ生活様式が変わり清潔志向が高まってしまうと、そうも言ってられませんね。

 

そこで次項からは、「ワキガの匂いをどのように対策してゆくか」という事について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

ワキガ対策

ワキガの匂いを対策してゆく上で考えておかねばならない事は、ワキガの匂いを「治したいのか」それとも「抑えたいのか」という点です。結論から言うと

 

「治したいなら手術」

 

「抑えたいなら専用クリーム」

 

という方法になります。以下詳しく解説してゆきましょう。

手術

ワキガの匂いを根治したいなら、手術によって

 

「アポクリン腺を除去する」

 

ことが確実です。しかし、簡単に手術に踏み切るのは容易な事ではありませんね。

 

まず「費用」の問題。それから「プライバシー」の問題。そして「失敗や副作用」の問題など、乗り越えるべき壁がいくつも存在します。

 

それに、「美容外科」などワキガを診療してくれるクリニックはたくさんありますが、そもそもどこに行ったら良いのかという点も非常にむつかしいところです。

 

そこで、私が個人的に信頼できると考えている医師を紹介します。

 

「五味常明医師」

 

です。テレビや本などでご存じの方も居られるかもしれませんが、五味医師は「体臭治療のプロフェッショナル」です。

 

体臭の悩みが体だけでなく心にも影響する事を重視されており、その発言や文章などを見ていても、患者さんの事を非常に良く考えておられるなと感じます。

 

私個人としては、専用クリームで上手に抑えてゆければ充分ではないかとも思いますが、もし手術での根治を検討されるならば、五味医師をおすすめしたいと思います。

 

以下のサイトが参考になりますので、興味がある方は訪れてみてはいかがでしょうか。

 

「五味クリニック ワキガ手術、体臭、多汗症の治療と対策」

ワキガ専用クリーム

今日の本題でもありますが、「ワキガの匂いを専用クリームで抑えてゆく」方法になります。

 

ただしクリームと言っても、薬局等で販売されているデオドラント剤は大半が「汗の匂いを抑える」ものであって、ワキガの匂いを抑えるものはほとんどありません。

 

なので、使用するなら市販のものよりは高額にはなりますが、ワキガについてちゃんと研究している企業の商品を選ぶ必要があります。そこで商品を選定するに当たってまず

 

「自分のワキガは軽度・中度・重度のどこに該当するのか」

 

を理解する事が大事になります。

 

他人にはあまり気付かれない匂いで、直接腋を嗅げば匂うというレベルが「軽度」

 

他人にある程度気付かれる匂いで、近くにいるだけで匂いを感じるというレベルが「中度」

 

他人に明らかに気付かれる匂いで、離れていても匂いを感じるというレベルが「重度」

 

大まかにはこのように分類できるでしょう。そして、先にも述べたように自分ではこれらの判断はつきにくいものです。なので一番確実な方法は

 

「信頼できる人に率直に聞いてみる」

 

事です。でも、なかなか言い出しにくい事も事実ですよね。そこで、ワキガの自己診断に有効だと言われている以下の質問に該当するかをよく考えてみて下さい。

 

両親共が、またはどちらかがワキガである。

 

耳垢が湿っていてべたつきやすい。

 

シャツなどの腋の部分が黄ばみやすい。

 

他人に匂いを指摘された事がある。

 

これらの質問に該当する部分が多いほど、ワキガのレベルが重度である可能性が高まります。

 

私の知人にもワキガの人がいるのですが、医師の受診はハードルが高いという事で、これらの質問を基に、ワキガ専用のクリームをアドバイスしたことがあります。

 

また、ネット相談などにおいてもアドバイスさせて頂く事がありますが、概ね皆さん良好な結果となっています。

 

そこで今回は、それらの経験を基に、「ワキガ対策に適切だと思われるクリーム」を何点か紹介したいと思います。

軽度のワキガにはデオナチュレ

まず「軽度」の場合ですが、とりあえずはドラッグストアなどで手に入る「デオナチュレ」で良いでしょう。

 

デオナチュレには天然のミョウバン成分が配合されています。

 

ミョウバンには抗菌作用や制汗作用があり、消臭にも効果を発揮してくれるので、軽度の方はこの商品でも十分効果を体感できます。

 

ただ、問題は「中度」から「重度」の方です。この場合はデオナチュレでは対策が難しく、より強力な専用クリームを使用する必要があります。

 

「抗菌・制汗・保湿・消臭作用」などが市販の商品より数段強くて、かなり専門的にワキガを研究されているクリームでなければ、あの強い匂いを抑える事は難しいのです。

中度のワキガにはラポマインとノアンデ

「中度」の場合にはおすすめのクリームが2つあります。

 

まずは「ラポマイン」です。

 

ラポマインは「抗菌・保湿・消臭作用」にとても優れています。どちらかと言えば、あまり「汗が出ないタイプの方に向いている」でしょう。

 

ちなみに私の知人にはこれを勧めましたが、とても満足しているようです。

 

ワキガ対策に!ラポマイン!!

 

次に「ノアンデ」です。

 

ノアンデは「抗菌・保湿・消臭作用に加えて制汗作用」も優れています。よって、「汗かき体質の方にはノアンデが向いている」でしょう。

 

わきが対策専門ブランドNOANDE<ノアンデ>

重度のワキガにはクリアネオ

最後に「重度」の場合ですが、重度の場合には「クリアネオ」です。

 

クリアネオは「抗菌・保湿・消臭・制汗作用に非常に優れ」、国内で手に入るワキガ専用クリームでは「最も総合力で秀でている商品」でしょう。

 

もしクリアネオでも匂いの軽減が無理なら、それはもう「手術を検討すべき」というぐらいの切り札的存在です。

 

クリアネオ

 

これらの商品が、現時点で私がもっとも効果が期待できると考えるワキガ専用クリームです。

 

ワキガの匂いは、クリームを正しく選定する事によってかなり抑える事が可能ですから、それだけでもあなたの悩みはかなり改善できるはずです。

 

手術によって根治を目指せる環境にある方は迷わず手術すべきですが、もし手術という選択肢を選べない方では、この方法でかなり効果を体感できるでしょう。

 

以上。ワキガの悩みについて話しました。

 

ワキガの様な体臭の悩みは、本当に人生に苦痛をもたらすものです。

 

しかし、誰しも好んでそのような状態になっているわけではないのですから、決して自分を責めてはいけません。

 

それに治療法や対策も日々進歩していますから、諦めずに解決法を探してゆけば、必ずあなたの悩みは解決できると信じます。

まとめ

*ワキガとは、腋からとても強い匂いを発する疾患。

*アポクリン腺という汗腺がワキガの原因。

*かなり特殊な匂いの為に、時に周りの人間関係などにも影響が及ぶことがある。

*ワキガの匂いを根治するなら、アポクリン腺の除去手術しかない。

*ワキガの匂いを抑えるだけなら、専用クリームでも十分に効果がある。

スポンサードリンク