読者さんお悩みシリーズ4回目です。

 

今回は、非常に多くの方から問い合わせを頂く分野

 

「ダイエット」

 

について勉強してゆきたいと思います。

 

ダイエットの目的は人それぞれですが、その多くは「美容上の問題」と「健康上の問題」という事になろうと思います。

 

そこで今回は、「健康的に痩せて美容の問題も解決する」という観点から、健康で安全なダイエット方法を考察してゆく事にしましょう。

スポンサードリンク

そもそもなぜ太るのか

まずは大前提として、「そもそもなぜ太るのか」という問題について正しく理解する必要があります。

 

現状この理解に関しては、大きな誤解がまかり通っているのが実状です。ですので、まずはこの誤解を解いてゆく事から始めましょう。あなたは

 

「中性脂肪」

 

という言葉を聞かれた事があるでしょうか。「肥満」をテーマに語られる時によく耳にする言葉ですね。

脂肪分では太らない

実はこの「中性脂肪」という言葉のおかげで大きな誤解が生じているのです。その誤解は何かと言うと

 

「脂肪分を摂ると太る」

 

という認識なのです。「脂肪」という単語が付いている事から、「脂肪分が太る原因であるかのように思いこまれている」方が非常に多いのです。

 

ところがこの理解は正しくありません。というのも

 

「中性脂肪の基になるのは脂質ではなく糖質」

 

であるからなのです。ちなみに糖質とは、「炭水化物から食物繊維を抜いたもの」で、例えば「米・パン・麺類・いも類・お菓子・ジュース」などが該当します。

太る原因は糖質にあり

では、なぜ糖質が中性脂肪になってゆくのかという点について解説しましょう。

 

人が糖質を摂取すると、体内でまず「ブドウ糖」に分解されます。そして、そのブドウ糖が血中に増加してくることで「血糖値が上がる」ようになっています。

 

次に、血糖値が高いままだと人体に良くないので、血糖値を下げる為に

 

「インスリン」

 

というホルモンが「すい臓」から出されます。

 

インスリンは、「ブドウ糖を筋肉や肝臓に貯蔵する」事で血糖値を下げてゆくのですが、大量のブドウ糖が発生している場合においては、非常手段として

 

「余ったブドウ糖を脂肪細胞に置き換える」

 

事で血糖値を下げようとします。この「脂肪細胞こそが中性脂肪」の正体なのです。

 

つまり「太る原因は中性脂肪ではある」のですが、その基となるのは「脂質ではなく糖質である」という事なのです。簡単に言えば

 

「糖質を摂りすぎるから太る」

 

という事が正しい理解なのですね。ここを正しく理解しておく事が大切です。

 

ここを飛ばしてひたすら「カロリーや脂肪分をカット」したとしても、うまく痩せられない事が多いですし、健康的にもあまり良くはないのです。

どうすれば痩せられるのか

なぜ太るのかを正しく理解出来れば、「どうすれば痩せられるか」は簡単ですね。

 

「糖質を制限する」

 

はい、正解です。糖質を制限する事で、より効率的で健康的に痩せられるのです。どう効率的なのかと言うと

 

「糖質以外はたくさん食べても良い」

 

という事です。つまり無理してひもじい思いをしなくても、「腹いっぱい食べながら痩せる事が可能」になるのです。

 

まあ確かに、「米・パン・麺類・お菓子・ジュース」などの糖質を制限するのは決して楽な事ではありません。あまりにも食生活に定着していますからね。

 

しかし糖質以外のもの、例えば「肉や魚などのおかず」はたくさん食べても良いという事になれば、かなり気が楽になりませんか。

 

それに、「高血糖はいろいろな病気の原因になる」ので、糖質を制限する事で高血糖にならずに痩せる事が出来れば、健康的にも大変理想的だと言えます。

 

もちろん糖質も栄養素なので、全く摂らないというのは極端すぎますが、糖質の摂取を抑える事で健康的に痩せられるという事はまぎれもない事実です。

スポンサードリンク

痩せる食事法

実は私自身が過去に、糖質を制限した食事法で「3ヶ月で10㎏の減量に成功した」事があります。

 

最初の頃は「1週間に1㎏」ぐらいのペースで落とし、全体としては「約1か月に3㎏」のペースで減量してゆきました。

 

当時は、太ってきた事以外にも「突発性難聴・不整脈・重度の胸焼け」など、いろいろと体調悪化に悩んでいた時期だったので、一念発起して糖質制限食に挑戦したのです。

 

その結果、体重も約10㎏落ちて体が軽くなり、体調も少しずつ良い方向に向かいました。なので、糖質制限食の効果については私自身が体験済みなのです。

 

当時どのような食事法を採っていたのかについては、

 

「糖質制限への批判があるけど実際どうなの!?実践編!」

 

に詳しく書いてありますので、興味のある方はぜひご覧ください。

 

それでこの章では、糖質制限を行いながら痩せてゆく食事法の中で最も取り組みやすい

 

「主食抜き」

 

についてご紹介したいと思います。

ダイエットには主食抜きが良い

ほとんどの方は「1日3回食事を摂る」というケースが大半だと思いますが、主食抜きという方法は

 

「3食のうち1食か2食の主食を抜く」

 

という手法です。つまり「ご飯・パン・麺類」などの主食を断って、「おかずのみで食事を終える」という事です。

 

最初から2食抜きはちょっときついと思いますので、慣れないうちは1食抜きから始めて、慣れて来たら2食抜きへと移行するとよりスムーズに行くでしょう。

 

最初はおかずのみというシチュエーションに戸惑いますが、慣れたらそれほどでもありません。あくまできついのは最初だけです。

 

主食には炭水化物を摂ならければならないという思い込みから離れるまでの辛抱です。

 

よく「ご飯を食べないと体に悪いでしょ」と言う方がいますが、そんな事はありません。むしろ高血糖になりにくい分だけ、体に良いのですよ。

体は自分で糖質を作れる

それに本来、人間の体には

 

「糖新生(とうしんせい)」

 

という「自分で糖質を作りだす」機能が備わっていますので、無理に食事から摂らなくても、体内で自ら糖質を造りだせるのです。

糖質を制限してはいけない場合もある

ただし、1点だけ注意点があります。糖質制限によるダイエットは非常に理に叶った手法なのですが、行ってはいけない場合も当然あります。

 

「肝硬変末期など重度の肝臓病・急性膵炎・長鎖脂肪酸代謝異常症・糖尿病でインスリンを投与されている方」

 

などは、自己判断で糖質制限を行うとたいへん危険です。必ず糖質制限に精通した医師の管理の元で行う必要があります。

 

このあたりの説明については、さきほどのリンク記事にて詳しく書いていますので、しっかりと読んでいただければと思います。

スポンサードリンク

痩せるサプリメントは有効なのか

市中には「痩せる系のサプリメント」がたくさん出回っていますが、これらの効果についてもよく質問を受けます。

 

果たしてその効果の程はどうなのでしょうか。

 

私個人がリサーチしたところでは、「これが良い」とはっきり言えるものは正直見当たりません。やはり、日々の食事において「糖質制限を行うのが最も確実」で健康的です。

 

ただし、日々の糖質制限ダイエットを後方支援する意味で、摂取してみる価値があるサプリメントならば2点ほどあります。

ユーグレナ・ファーム緑汁

1つは「ユーグレナ・ファーム緑汁」です。

 

主食を抜く事に抵抗はないけれど、どうしても栄養面で気になるという方には、「ユーグレナ・ファーム緑汁(みどりじる)」がおすすめです。

 

【送料無料】【お試し500円】59種類の豊富な栄養を持つユーグレナが入った緑汁

 

「59種類の栄養素」が含まれており、理論上では、このサプリメントだけでも生きて行けるぐらい栄養面でのサポートはばっちりです。

 

東京大学のお墨付きである事も心強いですね。

マジカルスムージー

2つ目は「マジカルスムージー」です。

 

主食を抜くと、どうしてもお腹が空いて間が持たないという方には、「マジカルスムージー」をおすすめします。

 

スッキリ生活を手に入れたいなら…スムージーがイイ!?

 

「酵素」や「コラーゲン」など美容に良い成分が入っているので、特に女性の方には向いていると思います。

 

ただ繰り返し言いますが、これらのサプリメントはあくまで糖質制限ダイエットを後方支援するためのものです。

 

このサプリメントだけ服用していれば痩せるという意味ではありませんので、そこは間違えないようにされてくださいね。

 

以上。痩せる食事法について話しました。

 

痩せる為の手法は食事以外にもたくさん存在するのですが、私は「食事によるダイエット」が最も理に叶っていると考えます。

 

なぜなら食事こそ「体作りの基本」であるからです。

 

日々の食事の在り方によって現在の体が出来上がっているのですから、そこを無視してダイエットを行う事は本末転倒だと思うのです。

 

すでに「糖質制限ダイエット」という健康的で理に叶った手法が存在するのですから、やらない手はないと個人的には考えます。

 

ぜひ、肥満や体調不良でお悩みの方には挑戦して頂きたいと思います。あなたのダイエットを応援していますよ。

まとめ

*太る原因は脂質ではない。糖質こそが太る原因。

*糖質は高血糖の原因にもなる。高血糖は病気の引き金にもなる。

*糖質を制限すれば、あとは腹いっぱい食べても良い。

*主食抜きという手法が、痩せる食事法では最も取り組みやすい。

*人体には糖新生という自ら糖質を作りだす機能が備わっているので、糖質を制限しても問題はない。

*一部の疾患においては糖質制限は禁忌であるので、注意点をよく理解しておく事。

*単体で痩せるサプリメントは見当たらないが、後方支援に向いたサプリメントなら存在する。

スポンサードリンク