肩こりや五十肩などを始めとした

 

「肩の痛み」

 

は、いまや国民病とも言えるぐらいの勢いで日に日に増加しており、多くの方の悩みの種となっていますね。

 

皆さんこの痛みを改善しようと医療機関へ受診するわけですが、しかしいざ行くとなったら、いったい「何科」を受診したら良いのか分からないという事がありませんか。

 

そこで今回は、「肩の痛み」に際してどんな医療機関を受診すべきかという点について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

肩の痛みの種類

どこの医療機関へ行くのか決める前に、まずは「肩の痛みの種類」についてよく知っておく必要があります。

 

一口に肩の痛みと言っても、実は様々な種類の疾患が存在するのです。

肩こり

これは詳しく言わずとも多くの方がお分かりになるかと思います。

 

あの何とも言えない「不快なハリ感や鈍痛」ですね。多くは筋肉がこわばって硬くなる事で発生しますが、中には内科的疾患の影響で肩こりが出現する場合もあります。

 

詳しくは以下の記事を参照ください。

 

「肩こりに効くツボ!肩だけが原因じゃない!?」

五十肩

これも中年期以降の方なら多くの方がご存じかと思います。

 

何の原因もなくどんどん「肩が上がらなくなる」疾患で、そのうち、あまりの痛みの為に夜が眠れなくなったり、髪を洗う動作や背中をかく動作などが出来なくなります。

 

詳しくは以下の記事を参照ください。

 

「五十肩の治し方!もうこれで迷わない!!」

腱板断裂(けんばんだんれつ)

これはあまり有名な疾患ではありませんが、高齢者の方やスポーツ経験者で肩を傷めた事がある方はよくご存じかと思います。

 

転倒の際やスポーツ中の衝撃などで肩に鋭い痛みが走り、腱が切れることで「バンザイなどの動作が出来なくなる」疾患です。

 

詳しくは以下の記事を参照ください。

 

「腱板断裂!リハビリか手術かどちらを選ぶべき!?」

石灰沈着性腱板炎(せっかいちんちゃくせいけんばんえん)

これはかなりレアな疾患ですが、罹患した経験がある方はよくお分かりになるでしょう。

 

「とにかく痛い」の一言に尽きます。ある日突然肩に強烈な痛みが発生し、ほとんど全くと言って良いほど肩が動かせなくなる疾患です。

 

詳しくは以下の記事を参照ください。

 

「石灰沈着性腱板炎!似ているけど間違えないで!!」

心筋梗塞(しんきんこうそく)

これは意外かもしれませんが、左肩によく痛みを出してくる事でも知られています。命に関わるとても重大な疾患ですから、絶対に見逃がしてはいけない疾患ですね。

 

詳しくは以下の記事を参照ください。

 

「心筋梗塞の前兆の1つである左肩の痛みに気をつけよう!!」

スポンサードリンク

何科を受診したら良いのか

では、こういった肩の痛みに際して何科を受診したら良いのかという事になりますが、検討すべき医療機関としては以下の4つが代表的なものと言えます。

 

「整形外科」

 

「ペインクリニック」

 

「内科」

 

「整骨院」

 

以上の4つが、まず検討すべき医療機関として挙がります。次項でこれらの医療機関について詳しく考察してゆきましょう。

整形外科

骨格や関節のスペシャリストである「医師」が診察を行ってくれる医療機関です。

 

特に、「五十肩・腱板断裂・石灰沈着性腱板炎」が疑われる場合には真っ先に受診すべき医療機関です。

 

基本的には、「投薬治療・注射治療・リハビリ治療」などで回復を促してくれます。

 

関節の状態がとても悪いような場合には「手術」が検討されるケースもありますが、スポーツ選手ではない一般の方が手術になるケースはあまり多くありません。

ペインクリニック

痛みの分野のスペシャリストである「医師」が診察を行ってくれる医療機関です。

 

特に「肩こり・五十肩・石灰沈着性腱板炎」が疑われ、かつ「安静にしていても強く疼くような痛み」がある場合に受診すべき医療機関です。

 

基本的には、「投薬治療・ブロック注射治療」によって回復を促してくれます。

 

手術によって患部の構造を治すような治療は基本的に行いません。痛みの神経の異常な興奮を抑える処置がメインとなります。

内科

内臓疾患のスペシャリストである「医師」が診察を行ってくれる医療機関です。

 

特に「心筋梗塞」が疑われる場合には、直ちに受診すべき医療機関です。かかりつけの内科医を普段から作っておく事が大事ですね。

 

なお、心筋梗塞は致死率約30%の重大な疾患です。あまりにも痛みや苦しさが強い場合には、内科受診を待たずに救急車で救急病院へ搬送してもらうべきです。

 

対応としては、基本的に「緊急手術」による処置となります。

 

そのような事態になりたくない方は、日頃から「高血圧」や「高脂血症」に気を付けておきましょう。以下の記事も参考にしてください。

 

「高血圧対策!食事と運動の2点を改善して適正値へ戻そう!!」

 

「血液ドロドロを改善したいなら2つの原因をまず知るべし!!」

整骨院

軟部組織(筋肉・じん帯・腱)のスペシャリストである「柔道整復師」が施術を行ってくれる医療機関です。

 

「肩こり・五十肩」が疑われる場合で、かつ「安静時の痛みよりも運動時の痛みが強い場合」に受診すべき医療機関です。

 

医師ではありませんので投薬治療や手術治療等は行えません。基本的には「手技療法・運動療法・物理療法」などで回復を促してくれます。

 

軟部組織に関しては医師よりも詳しく勉強している先生も居られますので、かなり頼りになる存在とも言えます。

 

以上。肩の痛みは何科に行けば良いかという話でした。

 

「もう歳だから」と医療機関を受診せずに自力で治そうとする方もおられますが、たいていの場合、専門家に助力を仰いだ方が短期間で治ります。

 

ぜひ今回の記事を参考にしていただき、早め早めに肩の痛みに対応するようにしてくださいね。

まとめ

*肩の痛みには、肩こり、五十肩、腱板断裂、石灰性腱炎、心筋梗塞等がある。

*肩の痛みで受診するなら、整形外科、ペインクリニック、内科、整骨院が選択肢。

*自力で治すよりも手伝ってもらった方が早く治る。勇気を出して受診しよう。

スポンサードリンク