皆さまご存じの怖い病気である

 

「がん」

 

ですが、実際に表記される場面では、「がん・ガン・癌・腫瘍」など、いろいろと表記に違いがある事に気付きませんか。

 

実はこれら表記の違いには、明確に意味合いがあるのです。

 

今回は、それらの表記の違いと共に、「がん」を宣告された場合にどう対応すべきかという点を考えてみましょう。

 

なお「免責事項」でも書いていますように、私は医師ではありませんので、当ブログ内の記事について医学的責任を追えません。

 

特に今回の様な生命に関わる病気に関する記事の場合、出来る限り正確性を担保できるように努めますが、あくまで個人的見解である事をご了承頂いた上で読んでいただきますよう、お願い申し上げます。

スポンサードリンク

腫瘍とがん・癌・肉腫

「がん(ガン)」と「癌」の違いを知る前に、まずは前提となるのが「腫瘍(しゅよう)」という存在です。

腫瘍(しゅよう)

「腫瘍」とは、「おできや腫れ物」のようなできものを総称した呼称です。

 

その性質の違いによって、「良性腫瘍」と「悪性腫瘍」に分類されています。

悪性腫瘍と良性腫瘍

「悪性腫瘍」とは、際限なくその細胞が分裂増殖してゆく性質を持った細胞の塊です。

 

「良性腫瘍」とは、規則的で自律的な増殖機能を持った細胞の塊です。

 

つまり、悪性腫瘍は人体にとってかなり悪影響が強く、良性腫瘍はそれほど悪影響はないという事です。

 

これらを踏まえたうえで、「がんと癌の違い」について見て行きましょう。

がんと癌と肉腫

悪性腫瘍を語る時には、「がん」や「癌」という使い分け以外にも、「肉腫」という言葉もよく使われています。以下、それらの分類について解説してゆきましょう。

 

「がん(ガン)とは悪性腫瘍の総称」を指しています。つまり、すべての悪性腫瘍の事をひとまとめに「がん(ガン)」と呼んでいるのです。

 

「癌とは上皮性の悪性腫瘍」の事を指しています。皮膚の様な「上皮組織」に発生する悪性腫瘍の事を「癌」と呼ぶのですね。塊を作る性質があります。

 

「肉腫(にくしゅ)とは非上皮性の悪性腫瘍」の事を指しています。上皮由来ではない悪性腫瘍の事を「肉腫」と呼ぶのですね。あまり塊にはなりません。

 

本来はこのように明確な定義があるのです。

 

つまり、「悪性腫瘍というデキモノの総称をがんと呼び、そのがんのうち、上皮性のものを癌、非上皮性のものを肉腫」と呼ぶ訳です。

 

ただ、TVや書籍等ではいちいち区別するのが大変なので、実際にはあまり意識されずに「がん」とか「癌」とか「悪性腫瘍」など、同じような意味合いで使われている事が多いですね。

 

なので、一般的にはあまりこの区別を知っていても意味が無いようなのですが、実は「生命保険」に加入する際にはけっこう重要となります。

 

どういう事かと言うと、一般的に「ガン保険」に加入する際ですが、よく規約を読んでいると、対象となるのは「上皮性の悪性新生物のみです」という表記が多い事に気付きます。

 

これはつまり、「補償の対象となるのは癌のみで肉腫は対象となりません」という事なのですね。

 

また、保険会社によってはそのあたりを掘り下げて細かく分類していたりするので、加入される際にはよく規約を読む事が大事です。

 

その際に、こういった知識を持っておくと非常に役に立ちますね。

スポンサードリンク

がんを宣告されたら

さて、癌や肉腫を含むすべての悪性腫瘍を総称して「がん」と呼ぶことはお分かりいただけましたか。少々ややこしいですが。

 

それでは、もし「がんを宣告された」としたら、私たちはどのように対応して行ったら良いのでしょうか。

 

この答えに明確な正解はありませんが、個人的な意見として私の考えを述べてみたいと思います。

 

またそれに際しては、私の愛読サイトの1つである「異端医師の独り言(故:李漢栄医師)」を参考にさせて頂きます。

 

実は、「がん」には「治りやすいがん」というものが存在するそうです。

 

精巣腫瘍・・・男性の精巣にできる悪性腫瘍

 

絨毛(じゅうもう)がん・・・女性の胎盤にできる悪性腫瘍

 

悪性リンパ腫・・・血液のがんでリンパ球が悪性化したもの

 

急性白血病・・・血液のがんで造血細胞が悪性化したもの

 

以上4つの「がん」です。これら4つの「がん」は、「治りやすいがん」に分類できるのだそうです。

 

よって、もし「宣告されたがん」が上の4つだった場合には、副作用で苦しむことがあったとしても、標準的な「がん治療」を受ける価値があると言えそうです。

 

ただ問題は、「これらのがんではなかった」場合ですね。

 

その場合、李漢栄医師が言われるには、「しばらく(半年から1年)様子を見る事が大事」なのだそうです。

 

しばらく様子を見て、「転移(他の臓器にも飛ぶ事)が見られない場合にはその後も転移することはない」ので、無理に治療しなくても上手に付き合って行けば良いという事。

 

逆にしばらく様子を見て、「転移が見られた場合は残念ながら寿命」であるという事。残酷なようですが、これが現実のようです。

 

「転移するタイプのがん」をいくら叩いて回っても、結局はあちこちにがん細胞をまき散らしてくるので、「焼け石に水」になるみたいですね。

 

であるならば、「治る見込みのないがん」に対して辛い治療を行って苦しむよりは、「苦痛を緩める処置を受けながら穏やかな死を待つ方が良い」というのが李漢栄医師の主張です。

 

私も「がん」についていろいろと勉強していますが、李漢栄医師の主張は非常に的を得たものだと感じています。

 

そもそも李漢栄医師は「証明医療」の実践者で、科学的根拠のない事は決して口にされない事でも有名でしたので、かなり信頼性が高いと判断しています。

 

ちなみに「李漢栄医師」の書籍をお読みになりたい方は、以下の書籍がおすすめです。

 

癌患者を救いたい―PSA検診のウソ

スポンサードリンク

がん治療は治す為ではなく延命する為のもの

さて、もう1人私が信頼に足る医師だと感じている方がいます。それは「長尾和宏医師」です。

 

この方の書籍やブログも非常に勉強になるので、ぜひ一度ご覧になって頂きたいと思います。

 

近年、「抗がん剤は無意味だ」とか「がんはいっさい放置するのが良い」と言った、いわゆる「がん治療否定本」が流行っていますが、長尾医師はこれに警鐘を鳴らしています。

 

長尾医師は、「がん治療にそのような極論を持ち出す事への危険性」を訴えておられ、その内容は、日頃から患者さんに親身に寄り添っている医師ならではの意見だと痛感します。

 

長尾医師の主張でもっとも共感するのは、「抗がん剤はがんを治すものではなく、がんからの延命を図るものだから、やるかやらないかよりも、いつ止めるかが大事である」という主張です。

 

「医療行為とはすべからく延命を図る為にある」という主張は、大いにうなづけるものがあります。

 

例えば成人病の代表である「高血圧や糖尿病」などでもそうですが、薬を飲んで治るわけではなく、少しでも体が長持ちするようにコントロールしている訳ですよね。

 

だから「がん」だって、そのような視点で治療に取り組んで行く姿勢が大事なのであって、「抗がん剤は悪だ」とか「副作用に苦しむだけで無意味だ」という極論は止めようという事ですね。

 

この意見にも非常に共感できますよね。

 

長尾医師の書籍に興味がある方は以下を参考に。またブログは、「Dr.和の町医者日記」がとても勉強になります。

 

「医療否定本」に殺されないための48の真実

李漢栄医師は、「4つのがん以外ではがん治療に意味がない」と主張しておられましたが、長尾医師は、「延命の為ならば検討する価値がある」と主張される訳です。

 

という事で、これらの意見を総合して僕なりに出した現時点での結論は、

 

「4つのがんなら標準がん治療を受け、それ以外のがんでも場合によってはがん治療を検討する。ただし止め時を考えながら。」

 

というものです。皆さまはどうお考えになるでしょうか。

 

以上。「がん」についての話しでした。

 

「がん」はとても身近な疾患になりました。対岸の火事ではなく、いつ自分に降りかかるか分からないものです。

 

いつ自分に「がん」が降りかかっても冷静な判断が出来るように、各自が日頃からシミュレーションしておく事がとても重要ですね。

 

今日の記事が、あなたにとって有益なものとなりますように。

まとめ

*悪性腫瘍を総称して「がん」と呼ぶ。

*「がん」のうち、上皮由来のものを「癌」と呼び、非上皮由来のものを「肉腫」と呼ぶ。

*精巣腫瘍、絨毛がん、悪性リンパ腫、急性白血病は、治りやすいがんに分類される。

*それ以外のがんでは、転移するタイプかそうでないかの見極めが重要。

*がん治療は治す事に躍起になるよりも、延命のためと割り切って治療を受けた方が良い場合もある。

スポンサードリンク