ついこの間まで「暖房」が必要だったのに、すでに早くも「冷房」が必要な日が出てきましたね。

 

今はまだ良いのですが、そのうち真夏に入ると、夜通し冷房に当たっているという方も増えてきます。そんな理由から、毎年私の治療院でも

 

「冷房病(クーラー病)」

 

にお悩みの方からの相談が寄せられ、年々その件数も増えています。

 

今回は、そんな「冷房病」で困った際の治し方について、一緒に考えてみる事にしましょう。

スポンサードリンク

冷房病(クーラー病)

「冷房病」とは、クーラーに当たりすぎる事で体が冷え過ぎてしまい、様々な体調不良に悩まされてしまう疾患を言います。

 

一番多いのは就寝中の冷えで、起床時に体の不調を感じる事から始まり、日中になってもなかなか体調が回復せず、そのまま「風邪」などの状態に移行してしまうケースです。

 

また女性の方では、職場がクーラーをガンガンかけるところだと、1日中室内にいる事で体が冷えてしまい、やはり同様の状態に移行するケースが多いですね。

 

いずれにしても、人工的な冷気に当たり過ぎる事により、異常に体が冷えて体調不良を来たすのが冷房病です。

 

不思議と外の風など自然の冷気ではあまりこういった現象は起きにくいのですが、なぜか人工的な冷気だとこういう不具合を来たすケースが多いのですね。

冷房病の症状

一番多い症状は「頭痛」です。ガンガンするような「片頭痛」だったり、ズンズン重だるい感じがする「緊張型頭痛」などを訴える方が多いですね。

 

次に多いのが「節々の痛み」です。「肩こり」の悪化や「腰痛」の悪化、「むち打ちの再発」や「神経痛の発症」など、筋肉や関節が痛むという症状ですね。

 

さらに、「体が重い・だるい・きつい・寒気がして起き上がれない」など、まさに風邪のような症状が出始めて、最終的には本当に風邪を発症する方も多いです。

 

とにかく、「体が痛い・体が重い・体がきつい・体が寒い」などのいろんな不快症状が乱発するのが冷房病なのですよ。

 

私も暑がりなので気をつけてはいるのですが、やはり1夏に1回ぐらいはかかってしまいますね。つくづく「人間は冷えに弱い生き物」だと痛感してしまいます。

スポンサードリンク

冷房病の治し方

冷えて症状が始まるのですから、単純に逆の行動をしてあげれば良いのです。すなわち「温める」という事ですね。

 

では、その際にどういった手法で温めてゆけば良いのかを以下挙げてみましょう。

ドライヤー

どうしても仕事や学校で休めないような場合、即効性のある手法として「ドライヤーの熱風」が有効です。

 

ドライヤーの熱風を「首の後ろ」に当てましょう。また、余裕があれば「お尻の後ろ」にも当ててみましょう。

 

当てる時間はそれぞれ気持ちが良い時間で良いのですが、あまり当て過ぎて火傷を起こしては元も子もありません。

 

だいたい数十秒ぐらいで一気に体が温まりますので、その感覚が来たらそれで終了して良いです。無理してあまり長く行う必要はありません。

カイロ

カイロは即効性というよりは持続的に体を温めてゆくので、休日で急いで体を起こす必要がない場合や、ドライヤーで温めた体をできるだけ維持したいような場合に適します。

 

ただ夏場にはあまりお店に出回っていないので、冷房病になりやすい方は、冬の間にカイロを備蓄しておくことをおすすめします。

 

当てる場所はドライヤーの場合と一緒ですが、症状が酷い方は、「お腹(みぞおちのあたり)」や「足の裏(土踏まずのあたり)」にも貼るとより効果的でしょう。

大きな筋肉を刺激する

例えば、「ふくらはぎや太もも」などの筋肉は面積が大きいので、刺激を入れてあげると代謝が一気に上がります

 

よって、「スクワット」や「爪先立ち運動」を行って代謝をUPすると、体に熱気が戻ってきますので有効です。

 

外部からのマッサージ刺激も有効ですが、熱を高めるという意味では自力運動の方が効果が高いので、ぜひ10~20回程のスクワットや爪先立ち運動を行いましょう。

 

以下の複合運動がおすすめです。ペースや回数は同じ通りにしなくても良いです。自分のペースで落ち着いて行いましょう。

 

風呂に浸かる

時間に余裕がある場合は、お風呂に浸かって全身を温めましょう

 

浴槽に「塩を大さじ1杯程度」入れるか、あるいは「しょうがの厚めのスライスを4~5枚」ほど入れると、より温熱効果が高まります。

 

本当は医療機関でも人気のある「炭酸湯」がとても効果が高いのですが、ご家庭では少し難しいので、市販の「バブ」等の入浴剤を使用するのも良いでしょう。

梅塩しょうが番茶を飲む

これはオリジナルの手法なのですが、けっこう効果が高いのでぜひお試しください。

 

梅干しを軽く焦げるぐらいに焼く。

 

熱い番茶に、その梅干しの果肉をほぐして混ぜる。

 

荒塩をひとつまみ程度入れて混ぜる。

 

すりおろした生姜かチューブの生姜を好みの量混ぜる。

 

以上の手順で作った「梅塩しょうが番茶」を、一気に胃袋に流し込みます。

 

出来れば空腹状態で飲むとより効果が高いですので、どうぞお試しあれ。ただし後から喉が渇きやすいので、あまり多量には飲まれないようにしてください。

葛根湯を服用する

葛根湯は、寒気がして体調が優れないときに非常に適しています。

 

飲んで1時間もすれば体が温まってくるので、お風呂や運動等を行う時間がない方は、葛根湯を服用すると良いでしょう。

 

葛根湯については以下の記事に詳しく書いていますのでどうぞご覧ください。

 

「葛根湯の効能は肩こりと風邪の初期症状に効く!!」

 

以上。冷房病の治し方でした。

 

近年のような猛暑の夏では、なかなかエアコン無しで過ごすのは厳しいものです。しかし、あまりエアコンに頼りすぎると冷房病が怖いですよね。

 

適切なエアコンの使用方法と共に冷房病の対策を理解しておくことで、ぜひ快適に夏を乗り切って行きましょう。

まとめ

*冷房の人工的な冷気で異常に体が冷えて発症するのが冷房病(クーラー病)。

*頭痛・節々の痛み・体のだるさやきつさ・風邪の症状などが現れる。

*冷房病の改善方法として、ドライヤー、カイロ、大きな筋肉の刺激、風呂、梅塩番茶、葛根湯などがある。

*エアコンに夜通し当たるような環境はあまり良くない。適切な使用方法の確立を。

スポンサードリンク