ついに梅雨の鬱陶しい季節に入ってきましたね。

 

こういった時期によくある症状が、洗濯物を干す際や吊り革に捕まる際のように

 

「腕を上げた状態」

 

でしびれや痛みを感じるという症状です。そういう場合、普通は「首か肩が凝ってるのかなあ」と簡単に考えてしまいがちです。しかし、実はその症状

 

「胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)」

 

という疾患かもしれません。ただ「胸郭出口症候群」と聞いても、「何じゃそりゃ」って感じですよね。

 

そこで今回は、その「胸郭出口症候群」の症状や原因などについて解説して行きたいと思います。

スポンサードリンク

胸郭出口症候群

首と肩と胸の間にある三角形地帯の部分を

 

「胸郭出口」

 

と呼びます。ちょうど「鎖骨」に沿った上下の周辺の事です。この胸郭出口には、腕に向かう大きな血管や神経が通るトンネルがあります。

 

そしてその胸郭出口部分で、血管や神経が鎖骨や肋骨やその周辺の筋肉によって圧迫される事を

 

「胸郭出口症候群」

 

と呼んでいます。主な症状は「首~肩~腕の痛みやしびれ」です。最初は首や肩からそれらの症状が始まる事が多く、進行するにつれて腕や手指にまで拡がって行きます。

 

また、「知覚障害・冷感・手指のチアノーゼ(青白く変色してしまう状態)・頭痛・めまい」といった随伴症状が見られる事もあります。

 

発症自体は女性に多く、なで肩体質の方や腕をよく酷使する方に多い傾向があります。

胸郭出口症候群の原因

胸郭出口部が圧迫されるのが胸郭出口症候群ですが、引き起こす原因は大きく分けて4つあると言われています。

 

1つ目は「斜角筋という首の筋肉による圧迫」で、特に「なで肩タイプの若い女性」によく見られます。原因としては一番多いです。

 

2つ目は「頚肋(けいろく)による圧迫」です。頚肋とは胎児の時に存在する骨で、首の骨の7番から出ている肋骨のような骨です。

 

通常は成長すると共に無くなる骨なのですが、何らかの理由で残存してしまう方が居られます。第1肋骨等に変形が確認されます。

 

3つ目は「肋骨と鎖骨の狭窄による圧迫」です。「気をつけ」の姿勢をとった時に、肋骨と鎖骨の間が狭くなり圧迫される現象が起こる事があります。

 

4つ目は「腕の挙上時の狭窄による圧迫」です。「バンザイ」の姿勢をとった時に、上腕骨と鎖骨の間が狭くなり圧迫される現象が起こる事があります。

スポンサードリンク

胸郭出口症候群の検査

まずは医師による適切な診断を受ける事が大切です。

 

X線(レントゲン)検査等で「頚肋の有無」や「第1肋骨の変形具合」などを確認してもらいましょう。

 

「首の痛みは病院の何科に行くべき?4つの選択肢から選ぼう!」

 

腕から手のしびれや痛みなどを引き起こす疾患として「頸椎椎間板ヘルニア」なども考えられますので、それらの疾患が除外された段階で胸郭出口症候群と診断できます。

 

「徒手検査」としては、「Adson(アドソン)テスト・Wright(ライト)テスト・Eden(エデン)テスト」などが有名です。

 

確実な検査ではありませんがある程度の指標となる検査ですから、以下参考動画にてご確認ください。

Adson(アドソン)テスト

しびれや痛みがある側に顔を向け、首を反らして息を止めると、鎖骨の下の動脈が圧迫される結果、手首の動脈の拍動が弱くなったり触れなくなったら陽性です。

 

この場合は「斜角筋による圧迫」が濃厚という事です。

 

 

Wright(ライト)テスト

座った態勢で、まずは健康な側の腕を180度ほど横に上げ、その際の手首の動脈の拍動を確認します。

 

その後、悪い側の腕を同様に上げて、その時に手首の動脈の拍動が弱くなったり触れなくなったりしたら陽性です。

 

この場合は「肋骨と鎖骨による圧迫」が濃厚という事です。

 

 

Eden(エデン)テスト

座った態勢で胸を反らせ、それから肩を後ろに引きながら少し下に引っ張ります。その時に手首の動脈の拍動が弱くなったり触れなくなったら陽性です。

 

この場合も「肋骨と鎖骨による圧迫」が濃厚という事になります。

 

 

なお、これらの検査は術者によって行い方がかなり違います。また、陽性反応についてもかなり曖昧であるケースも多いです。

 

なので、陽性だったから確定とか陰性だったから非確定とか断定はできません。あくまで1つの参考値として考えておいてください。

スポンサードリンク

胸郭出口症候群の治療

通常は、「マッサージ・温熱治療・電気治療」などのリハビリを根気強く行う事によって、だんだんと症状が落ち着いてゆきます。

 

ただし、「頚肋の存在」や「第1肋骨の変形」などのように、根本的な治療が必要な状態が存在する場合は、手術治療が検討されることもあります。

 

あまりにも痛みやしびれが強いならば、「鎮痛剤・筋肉弛緩剤・安定剤」等を上手く併用するといっそう改善は早いでしょう。

 

また、症状を悪化させるような動作や作業を制限する事も肝要です。

 

例えば、「手や腕を上げたままの作業」や「重たい物を持つような作業」等は避けるようにしましょう。

 

その他、肩の血流が阻害されるような「重たいリュックなどを背負わない」ようにする事、「腕や肩周辺の筋肉を酷使するような運動を制限する」事も大事です。

 

以上。胸郭出口症候群の話しでした。

 

胸郭出口症候群はなかなかに厄介な疾患です。簡単にすっきりと治る事はありませんが、治療や日常生活を改善すればかなり症状の軽減が可能です。

 

ある程度の根気が求められる疾患ですが、努力次第では必ず軽減が可能ですので、改善を目指して頑張って行きましょう。

まとめ

*胸郭出口部で神経や血管が圧迫されるのが、胸郭出口症候群。

*胸郭出口症候群の原因はおもに頚部の筋肉の硬直にあるが、まれに骨の形態異常などもある。

*徒手検査である程度の目安がつくが、確実な診断は整形外科医に診てもらう事。

*たいていは、根気強いリハビリで症状の軽減が可能。

スポンサードリンク