関節痛持ちの方には辛い季節となりました。

 

やはり梅雨期に入ってくると、「神経痛」などの関節痛が増加する傾向にありますが、意外に多いのが

 

「膝に水がたまる」

 

症状なのです。経験した事がある方はお分かりでしょうが、膝に水が溜まると「かなり痛い」ですよね。そして、そういった場合によく聞かれるのが

 

「注射で水を抜くと癖になる」

 

って話です。あなたも一度は聞いた事があるのではないでしょうか。

 

果たして、「膝に水が溜まった際に注射で抜くと癖になる」というのは本当なのでしょうか。

 

今回は、そのあたりに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

膝の構造

膝関節をごく簡単に説明すると、「大腿骨」という太ももの骨と、「脛骨」という下腿の骨から構成される関節です。

 

そして膝関節には、それらの骨の摩擦から関節本体を保護する役割を持つ

 

「滑膜(かつまく)」

 

という組織が存在し、さらにその滑膜の周りには

 

「関節液」

 

という、膝関節の滑りを良くする液体が満たされています。

 

健康な滑膜の中には「毛細血管」が通っており、この毛細血管より関節液は供給され、軟骨に栄養を供給した後、残りはリンパ管から吸収されて行きます。

 

まずは、そのような一定のサイクルがあるという事をご理解ください。

膝に水が溜まるとは

関節液は、上でも書いたようなサイクルで、常時一定の量で保たれるように機能しています。

 

ところが、加齢による老朽化や何らかの炎症等が起こった際には、関節液を「増量」して関節を保護しようとする緊急機能も備わっており、つまりはそれが

 

「水がたまる」

 

という現象なのです。要はゼロから水が溜まってくるのではなく、

 

「もともと存在する関節液が一時的に増量する現象」

 

の事を「水が溜まる」と表現しているのです。ここはよく勘違いされやすい点ですから、よく覚えておいて頂きたいと思います。

スポンサードリンク

膝の水を抜くと癖になるのか

結論から申し上げますと

 

「原則的には注射で水を抜いても癖にはなりません」

 

これはいったいどういう事なのか、今から説明して行きましょう。

 

炎症が生じた際に関節液が一時的に増量する現象が、水が溜まるという事でしたね。という事はです。

 

「注射で水を抜こうが抜くまいが、炎症が有ればいつでも水はたまる」

 

という事なのです。お分かりでしょうか。たとえ水を抜いたとしても

 

「炎症が再燃すればまた水は溜まり」

 

「炎症がおちつけばもう水は溜まらない」

 

という事なのですよ。結局のところ、「炎症が続くのか落ち着いてしまうのか」という事がその後を大きく左右する訳です。

 

なので、「注射で水を抜いたから癖になる」という見解は間違っているのです。

 

ただ水を抜くと楽になるので、ついついまた「無理をしてしまう方が多い」ので、その結果、また炎症が再燃して水が溜まる事はよくあります。

 

それがいつしか、「注射で水を抜くと癖になる」という風に誤解されていったのではないかと考えられます。

スポンサードリンク

結局膝に水が溜まったどうすれば良い

膝に水が溜まる現象は、ある意味では膝関節を保護しようとする自然治癒力でもあります。

 

なので、水が溜まったからと言って直ちに抜くというのはあまり得策ではないと考えます。出来る限り自然治癒力で改善した方が良いですからね。

 

ただ一方で、あまりにも増量すると関節周辺が「水浸し」のような状態となり、組織の正常な働きを邪魔してしまう可能性もあるのです。

 

そこで、「結局のところ膝に水が溜まったらどうすれば良いの」という問題に直面する事になりますね。私個人の見解としては

 

「膝に水が溜まったら1週間程度は安静にして自然に引いてくるのを待つ」

 

事をおすすめします。当然、消炎鎮痛剤等を服用して炎症を抑えるような処置も並行した方が良いでしょう。

 

そうして1週間ほど様子を見て、それでも一向に水が引いてくる気配がないならば、その時は

 

「それ以上組織にダメージを与えない為にも水を抜いたほうが良い」

 

でしょう。いろいろな臨床経験から申し上げるに、だいたい「1週間」というのが分水嶺になるように思います。

 

なお、水が溜まるような急性の関節痛では「RICE処置」が重要となります。詳しくは以下の記事よりお読みください。

 

「関節痛の応急処置はどうすれば良い?それならRICEです!」

 

以上。膝に水が溜まった際の対応について話しました。

 

水を注射で抜いて癖になるというのは誤解です。よって、抜くべき時には抜く事が必要なのです。

 

ただし、そもそも炎症によって水が溜まるわけですから、日常生活を点検して「何が膝に悪いのか」と自分に問う作業を行わないと、何度も繰り返してゆく事になりかねません。

 

膝に水が溜まった際は、日常生活を見直して悪因を出来るだけ取り除き、1週間を目途に「RICE処置」で自然治癒を促す事が大切です。

 

そして、それでもどうしても水が引かない場合は、その時は躊躇なく水を抜いてもらうようにしましょう。

まとめ

*膝には関節を保護する滑膜という組織がある。

*滑膜は関節液という液体で満たされている。

*関節液が一時的に増量する現象が、水がたまるという事。

*注射で水を抜いても癖にはならない。

*水が抜けて楽になり無理をするから、炎症が再燃してまた溜まるだけ。

*1週間を境目にして、水を抜くかどうかの判断を行うべし。

スポンサードリンク