錦織選手の活躍によって、「テニス」の人気が
うなぎ上りですね。

 

これを期に、テニスを始められたという方も多いのではないでしょうか。

 

さてそんなテニスですが、実はテニスを好む方によく多発する疾患があります。それは

 

「テニス肘」

 

という疾患です。別名「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」とも言います。

 

「肘の外側が痛くなる」疾患で、実際にはテニスプレーヤー以外にも、ゴルフ愛好家や家事に勤しむ主婦など、腕や手を酷使する方によく発症が見られます。

 

今回は、そんな「テニス肘」について迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

テニス肘

肘が痛む疾患というのはいくつかあるのですが、大きく分けると2ヵ所の痛みに分類できます。すなわち肘の「外側」の痛みと「内側」の痛みです。

 

この2ヵ所のうち、肘の「外側」部分のコリコリした関節のあたりを

 

「上腕骨外側上顆(じょうわんこつがいそくじょうか)」

 

と呼びます。そして、その上腕骨外側上顆に付着する筋肉等が炎症を起こして強い痛みを発する疾患を

 

「テニス肘=上腕骨外側上顆炎」

 

と呼ぶのです。

テニス肘の原因

テニス経験のある方は分かると思いますが、ラケットの使い方には「フォアハンド」と「バックハンド」の2通りがありますね。

 

この2つは腕の振り方が全く逆になる為に、肘にかかる負担も変わってきます。簡単に言うと

 

「フォアハンドは肘の内側への負荷」

 

「バックハンドは肘の外側への負荷」

 

がかかります。で、腕を振ってみれば分かるのですが、圧倒的にバックハンドの方が難しくて腕への負担も強いですよね。

 

つまり、それだけバックハンドを行った際に肘の外側の筋肉を酷使しているという事になります。

 

また、テニス肘の事を「ゴルフ肘」と呼称するケースもありますが、やはりゴルフでも同様に、肘の外側の筋肉を酷使しやすいのです。

 

でも、ここで1つ疑問が湧きます。

 

テニスやゴルフなどのスポーツをしていない方でもテニス肘になる事があるという現実です。それはなぜでしょうか。

 

その原因は「手首」にあるのです。

手首の使い過ぎでテニス肘が起こる

手首から肘にかけては、手首の関節を手の甲側にグイッと反らす

 

「前腕伸筋群(ぜんわんしんきんぐん)」

 

という筋肉が走っています。例えば「橈側手根伸筋・尺側手根伸筋・総指伸筋」などですね。

 

これらの筋肉は、手を「パー」に開いたり手首を「グイッ」と反らす動きをする時に働く筋肉ですが、特に手首を「グイッ」と反らす動作に、実はテニス肘発症の原因が隠れています。

 

「手首をグイッと反らすような動きなんてそんなにしない」と思われる方が多いと思うのですが、意外にそういう動作って日常に溢れているのですよ。

 

例えば「字を書く・キーボードを打つ・洗濯物を干す・雑巾やふきんを絞る・草取りをする・フライパンを振る」など、このような動きではたいてい手首をグイッと反らすのです。

 

という訳で、実は私たちは日頃から、手首をグイグイ動かして前腕伸筋群をかなり酷使しているのですね。

 

そして、その前腕伸筋群は「肘の外側」につながっていますので、外側上顆に炎症が起こってしまうと「テニス肘」を発症する事になるのです。つまり

 

「手首の酷使から前腕伸筋群に疲労がたまり、肘の外側に過度の負荷が生じる結果、外側上顆に炎症が起こる」

 

というサイクルが成立するわけです。だから、テニスやゴルフをしない人でも「テニス肘」を発症する事があるのです。

スポンサードリンク

テニス肘の治療

では、テニス肘を発症してしまったらどうすればよいのでしょうか。以下、テニス肘の治し方を解説して行きます。

安静

まずは一番大切な事として、なるべく腕を酷使しないように安静にすることです。

 

痛みを感じるという事は、患部がSOSサインを発している状況ですから、まずは安静にして体の回復力を高めてあげる必要があるのです。

 

関節痛の急性期の処置に関しては、以下の記事も参考にどうぞ。

 

「関節痛の応急処置はどうすれば良い?それならRICEです!」

冷却(アイシング)

安静とは言いましても、完全に使わないわけにはいきませんね。

 

そこで、やむを得ず酷使してしまった場合には、使用後に患部を冷却して炎症を抑えてあげる必要があるのです。

 

アイシングは、「氷水(氷単体はダメ)」か「保冷剤」等を利用して、約5分から10分程度、皮膚の深部がキーンと麻痺してくるまで冷やしましょう。

 

出来るだけ腕を使う毎に実践しておくと効果的です。

固定

やはり腕ですから、全く使わないという事は無理ですね。そこで利用したいのが「サポーター」や「コルセット」です。

 

サポーターやコルセットを活用する事で、使いながらもある程度負荷を軽減するという事が可能になるからです。

 

テニス肘では以下のような「専用サポーター」がありますので、ぜひ患部の補助の為にも活用してください。

 

bonbone 肘サポーター テニスエルボー207 ピンク フリー

 

巻き方のコツとしては、「痛い所から4~5㎝手首側に巻く」という事です。「手首から肘に伝わってくる力を外側上顆の手前で止める」というイメージで巻きましょう。

マッサージ

筋肉の酷使が原因ですから、マッサージで筋肉の硬さを緩めてあげる事も重要です。ただし注意点として

 

「痛い所を直接揉んではいけません」

 

痛いところは炎症が起きていますので、あまりいじくるとかえって炎症が悪化する危険性があります。

 

手首から肘に向かって揉んでいきますが、サポーターの時と同じで、外側上顆の4~5㎝手前まで揉んだらそこで止めてください。

 

「痛い所を直接揉んだ方が良いんじゃない」と言われる方もおられますが、それでも充分治りは早まります。くれぐれも痛い所を直接揉まないように気をつけましょう。

病院

これらの処置を施してもなかなか改善が見られないようなら、その場合はかなり重症の可能性がありますので、一度医師に診てもらいましょう。

 

詳しくは以下の記事を参照ください。

 

「肘の痛みは何科に行くべきか?2つの選択肢から選ぼう!!」

 

以上。テニス肘に関してお話ししました。

 

テニス肘は、テニスやゴルフなどのスポーツ愛好家の方はもちろん、普通に生活していても痛くなりやすい疾患です。

 

「生涯に一度は経験する」と言っても良いぐらい頻度の高い疾患ですから、どうか今回の記事がお役に立ちます事を願っています。

まとめ

*肘の外側の痛みを、外側上顆炎またはテニス肘と呼ぶ。

*テニス肘は、手首から肘に至る前腕伸筋群の酷使にて発症する。

*安静、冷却、固定、マッサージが有効。それでもダメなら医師の診察を。

スポンサードリンク