今回は、あまり聞きなれない疾患の記事になります。

 

「マレットフィンガー」

 

という疾患です。別名「槌指(つちゆび)」とも呼ばれています。

 

ただ、名前は聞いたことがない方が多いと思うのですが、要はこれ

 

「突き指」

 

の事なんですよ。主にスポーツにおける負傷などでよく見られる現象ですね。もっと言うならば、「突き指の重症バージョン」と言い換える事もできるでしょう。

 

今回は、そんな「マレットフィンガー」に迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

マレットフィンガー(槌指)

マレットフィンガーは、主に「野球」や「バレーボール」や「バスケットボール」などのスポーツ競技で発生する負傷で、上でも書いたように

 

「突き指の重症タイプ」

 

の事を言います。「指の第1関節(爪の根元の関節)に発症する」突き指の事ですね。

 

指の甲側には、「伸筋腱(しんきんけん)」という指を伸ばす働きを持った腱が走行していますが、その

 

「伸筋腱が断裂してしまう」

 

状態の事をマレットフィンガーと呼んでいます。重症度に応じて以下の様に分類ができます。

Ⅰ型マレットフィンガー

関節を伸ばす伸筋腱のみが単独で断裂した状態。

Ⅱ型マレットフィンガー

伸筋腱自体は断裂していないが、伸筋腱が付着している部分の骨が、丸ごとはがれてしまった状態。

Ⅲ型マレットフィンガー

Ⅱ型の損傷度が大きく、さらに関節の脱臼も伴っている状態。

スポンサードリンク

マレットフィンガー(槌指)の症状

マレットフィンガーを発症すると

 

「指先の第1関節が伸ばせない」

 

という現象が起こります。指先の第1関節がカクンと曲がってしまい、伸ばそうと思っても伸ばせないような状態となるのです。

 

伸筋腱という指を伸ばす腱が切れてしまう、あるいは骨ごとはがれてしまうので、当然ながら指先まで力が伝わらないために、そのような状態となってしまうのですね。

 

このマレットフィンガーですが

 

「単なる突き指で済ませてしまう方」

 

がけっこう多く、後々後遺症が残ってしまい、日常生活に支障をきたしてしまう方が多いのも特徴です。

 

特に、強豪高のスポーツ部などでは「そんなの怪我には入らん」と言う指導者も居て、ちゃんと治療が受けられず、結局大人になっても「指が伸びないまま」という方もおられます。

 

また、大人の発症においても「そのうち治るだろう」と甘く見て放置してしまい、やはり同様に後遺症が残ってしまうケースがかなり多いです。

 

ですから単なる突き指と甘く考えずに、ちゃんと医師に診てもらう必要がある事を理解して頂きたいと思います。

スポンサードリンク

マレットフィンガー(槌指)の治療

マレットフィンガーの治療は、「固定」と「手術」による方法とがあります。

固定

基本的に、Ⅰ型とⅡ型では「固定治療」となります。

 

ただし、単にガチガチに固定すれば良いというものではなく、固定時の「指の角度」や「範囲」がかなり重要となります。

 

この固定を正しくできるかできないかで、後々の指の機能にかなり影響が出てくるのです。

 

よって、必ず整形外科医に診察をしてもらってください。またスポーツをされているお子様の場合は、スポーツ障害に力を入れている整形外科に行ってください。

 

固定の期間はおおよそ「6~8週間」となります。必ず途中で勝手に止めてしまわないようにしてくださいね。

手術

Ⅲ型でも固定治療で行く場合はありますが、Ⅲ型の固定はかなり難しいので、なかなか上手く治りきれない場合もあります。

 

ですので、そういった上手く治りきれない場合や、そもそも当初の損傷が酷いような場合には、手術により伸筋腱を再建する術式が行われます。

 

ただし、多くの場合で「固定さえ正しく守れる」ならば、手術なしで治って行く場合がほとんどです。

 

いずれにしても、ちゃんと整形外科にて診てもらうべき疾患である事は覚えておきましょう。安易に「突き指だろう」で片づけない事が大切です。

 

以上。マレットフィンガーについて話しました。

 

この疾患は、野球やバレーやバスケットなどの球技でよく発生します。

 

安易に見過ごすと、後々やっかいな後遺症を残しかねない疾患ですから、必ず医師の診察を受けるようにしてください。

 

ポイントは、「指の第1関節が伸びない」という症状です。突き指をした際は、決してこの兆候を見逃さないように気をつけておいてください。

まとめ

*マレットフィンガー(槌指)は、突き指の重症バージョン。

*指先の第1関節が伸ばせなくなるのが主な症状。

*野球やバレーやバスケットなどの球技で発生しやすい。

*6~8週間はしっかりと固定する事が大切。

*固定の角度や範囲が非常に重要なので、必ず整形外科医の診察を受ける事。

スポンサードリンク