蒸し暑い日が続いています。

 

カラッとした暑さならまだ良いのですが、こういった蒸し暑い気候だからでしょうか。熱中症の話題を耳にしない日はないですね。

 

現在日本では、この時期に熱中症で救急搬送される方が「年間約4万人」もいるといわれています。これは大変な数字です。

 

そして近年、とりわけ問題となっているのが

 

「災害時における熱中症のリスク」

 

についてです。平時でもこのような数字ですから、エアコンもない、電気も使えない、水も止まってしまうような災害時においては、非常に熱中症のリスクが高くなるのです。

 

今回は、こういった災害下における「熱中症予防と対策」について考えてみましょう。

スポンサードリンク

熱中症

熱中症の詳しい症状などについては以下の記事にて書いていますので、ぜひ並行してご覧ください。

 

「熱中症の症状が子供に出た時の対処法を知っておきましょう!」

 

熱中症をごく簡単に説明すると、「高温下における運動や労働や消費などのために、発汗機能や体液循環機能に異常をきたす」ことで

 

「体温の上昇・発汗の停止・手足のけいれん・精神の錯乱・意識障害」

 

などを引き起こし、最悪の場合「死に至る」事もあるような危険な疾患です。昔で言うところの、熱射病や日射病のことですね。

なぜ災害下で熱中症が増えるのか

いくつか原因が考えられますが、例えば

 

「風通しの悪い避難所での生活・環境が急に変わる事への精神的ストレス・片付けなどの労働による過剰な肉体疲労」

 

などが、大きな原因として考えられるでしょう。

風通しの悪い環境

熱中症といえば「暑さ」ばかりがフォーカスされやすいですが、実は「湿気」の方がかなり怖いのです。

 

カンカンに晴れた日の発症も確かに多いのですが、どんよりとした蒸し暑い日にもかなり発症が多いのが現状です。しかも室内での発症がかなり多いんですね。

 

避難所は、たいてい体育館の様なところを利用する場合が多いのですが、ぎゅうぎゅう詰めの館内で「風通しが悪い」と、ああいう場所では一気に湿度が高くなります。

 

そういった環境下では、特に高齢者や小児などでは熱中症の発症が多くなるのです。

精神的ストレス

災害下では、何の心の準備もなくさっきまでの環境がいきなり崩れ去るので、非常に心労が溜まりやすい環境での生活を余儀なくされます。

 

不安や恐怖感などのストレスは、想像以上に人間の心身にダメージを与えますから、熱中症だけでなくあらゆる体の不調を招きやすいのです。

肉体的ストレス

災害の種類にもよりますが、損壊した器物の撤去や家屋の清掃など、途方もない作業の日々が続く事になります。

 

通常の夏場でも脱水症が多いのですから、そういった作業による肉体的ストレスが溜まってくると、肉体疲労が想像以上に進んで脱水症や熱中症を起こしやすいのです。

スポンサードリンク

災害キットに脱水症対策グッズを備えよう

日本では、「行政・自衛隊・消防・警察・ボランティア」などの方々の迅速な対応により、災害時にもある程度の衣食住の確保が行いやすい環境です。

 

これは、本当にありがたいことです。

 

さりとて、やはり数日間はそれもままならないという事がほとんどですので、せめて3日間程度は自給自足ができるように、自分でも準備しておきたいものです。

 

そこで、以下のような「災害キット」を人数分常備しておきましょう。

 

【防災グッズ】地震対策30点避難セット ~避難生活で必要な防災用品をセットした非常持出袋(防災セット)

さらにこれに加えて、以下のような「脱水症予防ドリンク」を追加しておきましょう。

 

大塚製薬工場 経口補水液 オーエスワン 500mL丸PETx24本(ケース)

これで、万が一災害にて避難生活を余儀なくされたとしても、数日間はしのぐことが出来ます。災害下では、発生から数日間をどのようにしのぐかがとても大切です。

 

なお持ち運びの関係などで、どうしても「ドリンク」の用意が難しい場合には

 

「塩1g・砂糖20g」

 

をいくつかの小分け袋などに分けて備えておいてください。そして、それを「500mlペットボトル1本の水」に対して同時に摂取するようにしましょう。

 

災害時には、多くは500mlペットボトルで水分配給が行われるケースが多いので、上記の分量を「500mlの水1本」に対して摂取するのが目安となります。

 

また、「梅こぶ茶の粉末・レトルトの乾燥味噌汁・脱水症専用のタブレット」なども有効です。

 

いくら非常時とは言え、水と塩と砂糖だけでは飽きも来てしまいますので、それらをかじったり舐めたりすれば、脱水症予防も兼ねながら気分転換もできておすすめです。

スポンサードリンク

冷却グッズも備えておくとなお良い

水分等を無事に確保できたとしても、予想以上の暑さや湿気に襲われるケースもあり、そういった場面では、やはり高齢者や幼小児では熱中症を起こすリスクが高まります。

 

そこで「冷却グッズ」も備えておくと、なお良いですね。例えば「扇子・冷湿布・冷えピタシート」などです。

 

人間の体は、大きな血管が通るところを冷却すると体温上昇を抑制できますので、「首・脇の下・股の付け根・足首」などを冷やすと効率的なのです。

 

それらの近辺を扇子で仰ぐ、冷湿布や冷えピタシートを貼って冷やすなどを行えば、なおいっそう熱中症予防効果も高まるでしょう。

 

以上。災害下における熱中症予防と対策について話しました。

 

災害時の熱中症という発想はけっこう頭から抜け落ちやすく、医療機関や行政等においてもかなり問題提起が起こっています。

 

特に近年では「夏季の水害」が増加傾向にあり、熱い時期に避難生活を余儀なくされるケースが増えていますので、こういった視点もぜひ持っておきましょう。

 

備えあれば憂いなしです。

まとめ

*災害時の熱中症が増えている。

*風通しの悪い環境、精神的・肉体的ストレスなどが引き金となる。

*災害キットの常備と共に、脱水症対策ドリンクも常備しよう。

*水500mlに対して、塩1gと砂糖20gを目安に摂取すると良い。

*冷却グッズも常備しておくとなお良い。

スポンサードリンク