実は私、何かと問題児あつかいされやすい

 

「B型」

 

なんですが、患者さんと話していると「やっぱりね」って反応が返ってくる事が多いのですよ。「そんなに変人に見える」のだろうか(笑)。

 

しかし面白いもので、常連患者さんにも「B型」がけっこう多いんですよね。やはり「類は友を呼ぶ」のでしょうかね。まあ医学的な観点から言えば

 

「血液型による性格診断には根拠なし」

 

なのですが、巷では「けっこう当たっている」という意見もよく聞きますよね。

 

そこで今回、B型の私自身を材料にして、どれぐらい巷のデータと自分の性格が一致するのかを検証してみます。

 

いつも難しい話ばかりしてるので、たまにはこんな記事も良いでしょう。

スポンサードリンク

B型の基本性格

一般的に巷でよく言われがちな「B型の基本性格」についていくつか取り上げてみます。

好奇心が強い

これは当たりです。とにかく「知りたい欲求」が強いですもんね。

 

いろんな事を知りたくてさまざまな角度から情報収集を行うのが好きなので、ネット検索や読書など、気がつけば2~3時間経過しているなんてことザラにあります。

 

また行動を起こす事に対する「恐怖や迷いがほとんど無い」ので、人が躊躇するような事にもどんどん挑戦して行くところがあります。

 

評価は100点。

温和な性格

これもほぼ当たりです。「声を荒げるようなことは滅多にありません」し、基本他人に対して威圧的に出る事はありません。

 

「ほぼ」と書いたのは、あからさまに敵対心をむき出しにしてくる人に対してだけは、徹底的に抗戦するところがあるからです。

 

評価は80点。

発想が柔軟

これは半分当たりで半分外れです。

 

いわゆる世の中の、「こうあるべきだ的な常識論が大嫌い」ですから、固定観念に縛られないという点では当たっています。

 

ただし、自分がこうだと決めた事は「たとえ誰が何と言おうと簡単にはひるがえさない」ので、そういう意味での頑固さがある分、柔軟性には欠けるとも言えます。

 

評価は50点。

マイペースで気分屋

これは当たっていますね。自分のペースで物事を進めたいので、それを邪魔されると非常に調子が悪くなります。なので、周りの方はそういった点で気を使うでしょうね。

 

しかし、反面では感情制御に優れているので切り替えも早く、ついさっきまで機嫌が悪そうだったのに、急に「飯でも食いに行こうぜ」となったりします。

 

なので、そんなB型のペースに慣れるまでは苦労するかも。

 

また、俗に言う「熱しやすく冷めやすい」部分が大ありなので、嗜好がころころ変わりやすい点でも気分屋でしょうね。

 

評価は90点。

空気が読めない

これはちょっと違うんですよね。「空気が読めない」のではなく「空気はめちゃくちゃ読める」んです。私の経験上、B型ほど空気を読める人はいませんよ。

 

ただし、「読めた上であえて周りに合わせない」ようなひねくれた部分をもっているので、いっけん空気が読めないように「見える」のです。

 

要は、人が右と言えば左と言いたくなる「天邪鬼(へそまがり)」なんですよ。自分が嫌だったら、たとえ親しい人の意見や誘いでも平気で断りますからね。

 

評価は30点。

好き嫌いが激しい

これは完全に当たりです。

 

人でも物でもなんでもそうですが、「好き」だと思ったらとことん入れ込みますが、「嫌い」と思ったらとことん突き放しますからね。

 

まあこればかりは何ともなりません。それを「良さ」と見てくれる人に出会うと共感してもらえますが、「悪さ」と見る人からしたらこれほど嫌な点もないでしょう。

 

評価は100点。

統率力がありリーダーなどに選ばれやすい

ある程度は当たっています。ただし人によるでしょうね。

 

私自身は、例えば「体育祭の応援リーダー」や「武道での指導長」など、いくつか人の上に立つ役を仰せつかった事がありますが、正直あまり得意ではありませんでした。

 

しかし、何かのイベントでそういった候補などを選ぶ際には名前を出してもらう事が多かったように思います。

 

周りのB型の人を見ていると、たしかに「社長」や何らかの「役」についている人は多いですが、そうでない人もかなり多いので、ちょっと微妙ですかね。

 

評価は60点。

褒められると弱い

これは当たりです。褒められるのがめちゃくちゃ「好き」ですからね。褒められたら木に登るタイプですよ。

 

人から褒められると、疑うことなく「やっぱりな」と素直に受け入れますもんね。そして、褒めてくれた人をすぐ好きになります。可愛いでしょう。

 

評価は100点。

人見知り

人にもよるでしょうが、私は当たりです。だから、いっけん怖い人とか不気味な人など誤解を受けやすいんですよね。そんなつもりは毛頭ないんですけど。

 

陽気に誰とでも交わるような事が苦手なので、「お前は付き合いが悪い」などと他人からいじられやすいですね。

 

でもいったん「この人は大丈夫だ」と心を開けば、今までの対応が嘘のように交流が出来るようになるので、「ぜんぜんキャラが違う」と驚かれたりもしますよ。

 

心を開くまでに時間がかかるタイプなんです。決して敵対しようとしているわけではないので、B型の人見知りをあまり怒らないでくださいね。

 

評価は90点。

大人数が苦手な割には寂しがり屋

当たっているかな。大人数が苦手なのはその通りですね。食事でもカラオケでも旅でもそうですが、大人数は嫌いですし何なら「独りのほうが良い」ですから。

 

寂しがり屋はどうでしょうか。基本「独りの時間を愛する」タイプですからね。でもたしかに、ごくまれに「無性に誰かと話したい」って時もあります。やっぱ当たってんのかな。

 

評価は70点。

 

以上。他にもいろいろなデータが挙げられがちですが、まずは主要な10項目を挙げてみました。

 

主要10項目の平均点をとると「77点」という結果でしたから、当たっている部分が大きいと言っても過言ではないでしょう。

 

面白いですね。医学的には根拠がないけども、まんざら無視もできないような結果でした。B型のあなたはどうでしたか。

スポンサードリンク

B型の仕事スタイル

良くも悪くも「自分のスタイル」を持っていますので、いわゆる「職人気質」の方が多いのではないでしょうか。

 

興味のある仕事をやらせれば徹底的に探究しますが、反面興味のない仕事をやらせると途中で飽きて投げ出す可能性もあります。

 

また、会社員のように集団に属して働く事や、上の指示を一方的に押し付けられるような仕事環境はあまり合いません。

 

自営業のように自分で主導権を持って働く仕事や、集団に属していても「遊軍」のように自由に働ける環境だと伸びやすいと思います。

 

1つ言える事は、「あまり規則で縛らず自由に働かせる」方が、思わぬ成果を上げて大きな仕事をやってのける可能性が高いという事です。

B型の金銭スタイル

正直けっこう「荒い」と思います。衝動買いなどが好きな人も多いですからね。

 

コツコツ貯金するような地道な事も苦手で、一攫千金を夢見て「投資」などにハマる事もあるので、周りの方がよく自制をかけてあげる必要があるでしょう。

 

また、「ケチ」と思われる事を非常に嫌いますので、良い恰好をして「オゴリまくる」ようなお調子者の面もあります。

 

しっかりと家計管理などができるパートナーでなければ、なかなかお相手は務まらないかもしれませんね。

 

ただ、一緒にいて「退屈はしない」と思います。波乱万丈を一緒に楽しめる覚悟があるならば、B型ほど相手にしていて面白い人はいないでしょう。

スポンサードリンク

B型の恋愛スタイル

熱しやすく冷めやすいケースが多いので、釣られた相手からすればたまったものではないでしょう。

 

私自身の経験でも・・・今までご縁があった女性の方には本当に申し訳なく思います。ただし、ドハマりすればいつまでも興味が無くならない情熱的なところも持っています。

 

お付き合いするならば、いかに「自分への興味を失わせないか」という視点が重要になりそうですね。

 

B型のパートナーと長続きしたければ、「相手の好きに行動させる事・縛らない事・見返りを求めない事・一歩引いた自分も持っておく事・自分の全てを見せない事」などが重要でしょう。

 

まあ「子どもを相手にしている」と温かい目で見てあげる事ができれば、関係が上手く保てる場合が多いと思いますよ。

 

それから「S気」が強い人が多いので、あまり相手の自尊心を傷つけるような言動をとると、一気に自分から離れて行きますのでご注意ください。

 

このあたりの扱いにくさが、B型をパートナーに選ぶ際の不人気の理由なのかもしれませんね。

 

以上。血液型診断とその根拠について話しました。

 

う~ん。こうやって改めて見てみると、たしかにB型って扱いにくそうですね(笑)。

 

でも、「相手にして不足はない」という面白さを併せ持っているのも、またB型の魅力なんですよね。

 

私自身はB型である事にまったくコンプレックはありませんし、B型の他人の行動を見てもまったく腹は立ちません。

 

とにかく、良くも悪くも「面白い」のがB型です。平凡な人生では面白くないという強者の方は、ぜひパートナーとしてB型の人を選ばれてみてはいかがですか。

 

退屈しない人生になる事はうけあいですよ。

まとめ

*独特の世界を持つのがB型。常識で割りきれないところが魅力でもある。

*仕事のスタイルに世界観がある。そこを上手く伸ばしてあげると大きな成果を上げやすい。

*金銭スタイルには少々荒さが見える。しっかりと管理してあげられる人が傍にいると良い。

*恋愛スタイルは子どものように自由で情熱的。しかし相手にすると扱いにくい分だけ、またクセにもなる。