私の治療院には中学生などの子どもたちも施術を受けにくるのですが、そういったスポーツによる負傷で上位に入ってくる疾患の1つに

 

「野球肩」

 

という疾患があります。肩の痛みのために思うようなプレーが出来ないので、本人にとっても家族にとっても非常に辛い疾患です。

 

私の次男も中学生なのですが、現在「硬式野球」をやっています。

 

ポジションは「センター(中堅手)」なので非常に肩の強さが求められるポジションですが、幸い今のところ肩の痛みを訴える事はありません。

 

小さいころから「体操」で体の柔らかさを培ったり、「空手」で体幹の強さを培ってきた事がよく活きているのだと本当に感謝しています。

 

何で私の子どもの話をしたかというと、野球肩の子どもたちを診ていて思う事がまさにその点にあるからなのですよ。

 

「体が硬い」あるいは「体幹が弱い」というこの2点に、野球肩の原因と治し方のヒントがあるように思うのです。

 

今回の記事は、そういった「野球肩」に関する考えを書いてみる事にします。

スポンサードリンク

野球肩

野球肩は、別名「リトルリーグ・ショルダー」とも言います。成長期の野球少年に発症がよく見られることから、そう呼ばれているのです。

 

人間の体が成長する(身長が伸びる)時というのは、骨の端っこに存在する「成長軟骨(骨端線)」という部分が伸びてゆく事で成長が促進されます。

 

肩のその骨端線(こったんせん)という軟骨部分が、正しい位置からズレてしまったり剥がれてしまったり現象が野球肩なのです。

 

野球少年の中でも、おもに「ピッチャー」や「外野手」などの肩を酷使するポジションの子どもによく発症が見られます。

野球肩の症状

「投球動作や送球動作にて痛みが出る」ようになり、進行すると、ただ腕を上げるだけでも痛んだり、じっとしていも痛むような状態へ移行する事もあります。

 

そのような重症パターンに陥ると、日常生活のふとした動作でも痛むようになり、たいへん不便な生活を強いられるようになるのです。

 

例えば、「ドアノブをひねる動作で痛む・髪を洗う際に痛む・高い所のものを取ろうとすると痛む」など、まるで五十肩のような症状が出てくるケースも珍しくありません。

野球肩の治療

範疇としては「骨折」の領域に入ってきますので、痛みが治まるまでは原則安静を守る必要があります。

 

中には「手術をすすめられた」という方もいますが、子どもの場合、安静をちゃんと守ればゆっくりとではありますが痛みは落ち着いてゆきますので、焦らずに回復を待ちましょう。

 

レントゲン検査にて新たな骨の形成が確認されるまでは、投球動作や送球動作などの肩を酷使する行為は絶対に我慢してください。

 

骨の形成が確認されても、いきなり全力投球などは行わず、1~2か月かけて少しずつ痛みが出ない事を確認しながら調整してゆきましょう。

 

完全な復帰の目途は、軽症で2~3か月、重症で4~5ヶ月といったところが目安となりますが、この間もし無理をしたらとうぜん復帰の期間は伸びます。

 

皆に置いて行かれるという危惧から、ある程度治ってくると子どもたちは絶対に無理をしてしまいます。

 

しかし、「安静も大事な治療である」という事や、「レギュラーから外れる経験が後で必ず活きてくる」という事を、周りの大人たちが諭してあげる必要があるでしょう。

 

サポートに回る事で今まで見えなかった景色が見えてきたり、別メニューで体を鍛える事の重要性を学んだりと、子どもにとってはある意味良い経験ともなります。

 

心が折れないようにしっかりと支えてあげましょうね。

スポンサードリンク

野球肩の予防

野球肩などの関節の痛みを予防する上で、一度は言われるセリフが「患部の筋肉を鍛えましょう」というセリフです。

 

しかしこれは間違っています。そもそも関節の痛みが起こる原因とは

 

「筋肉の伸び縮みが硬いために、動作による酷使に耐えられずに炎症を起こす」

 

事が原因なのです。よって「筋肉を柔らかくする」事が大事なのであって、筋肉を鍛える行為は必要ありません。

 

ただし上でも書きましたように、ある程度体幹には強さがあった方が酷使に耐えられる事も事実です。なので、体幹を鍛える事に関しては賛成ですね。

 

例えば、私の子どもの場合は「空手」をやっていたと言いましたが、上段回し蹴りなどを行う際に、軸足で片足立ちになる時に体幹の強さが求められます。

 

そのような訓練を繰り返す事で体幹が強くなっていったのですが、上段回し蹴りとはいかなくても、片足で綺麗に立つ訓練を行うだけでも、かなり体幹は鍛えられます。

 

まとめますと、「肩甲骨を中心に全身の筋肉を柔らかくする」事と「体幹を強くする」事。こういった視点を持つことが野球肩の予防にもなるのです。

 

ただ単に、肩を鍛えれば良いとか肩を揉めば良いといった単純なものではありませんので、この点は頭に入れておかれてくださいね。

 

まずは筋肉を柔らかくする動画。

 

 

体幹を鍛える動画。

 

 

子どもは今すぐにプレーをしたくてムズムズするものですが、将来のことを考えれば、無理をさせてプレーを継続させても本人の為にはなりません。

 

心を鬼にして、子どもの将来の為にもしっかりと回復に専念させましょう。

野球における守備ポジションごとの役割

最後におまけになるのですが、野球少年たちからよく聞かれる質問で多いのが

 

「守備ポジションにおける役割」

 

についての質問です。野球肩と直接関係はありませんが、おまけでこの質問に対する私の見解も書いておきたいと思います。

投手(ピッチャー)

言わずとしれた野球の花形ポジションです。

 

ピッチャーの投ずる球からすべてのプレーが始まりますので、ピッチャーの能力次第で試合の結果は大きく左右されます。

 

とうぜん全ての打者にホームランを打たれては試合になりませんので、ゴロやフライを打たせて打ちとる制球力や、強打者にも臆せず向かってゆく度胸などが求められます。

 

また、長い回を投げ抜くスタミナや、打者を畏怖させるための速球を投げれる力なども重要になります。

 

「制球力(コントロール)>度胸>球速>スタミナ」などの能力が求められるでしょう。

捕手(キャッチャー)

野球の守備においてもっとも重要とされる線を「センターライン」と呼びますが、その中でももっとも重要なポジションです。

 

キャッチャーは頭を使うポジションなので非常に疲れますが、とてもやりがいのあるポジションでもあります。

 

基本的にピッチャーはキャッチャーの配球によって球を投じますので、いかにピッチャーの能力を引き出し、いかに打者の能力を封じるかという采配や頭脳が求められます。

 

また、前面からすべての守備ポジションが一目で見渡せますので、全体のポジショニングを指揮する統率力も求められます。

 

その他、盗塁を阻止する送球力や、ワンバウンドの球などを逸らさない捕球力などもあると良いですね。

 

「思考力>統率力>送球力>捕球力」などの能力が求められるでしょう。

一塁手(ファースト)

基本的に野球でもっとも多いアウトは「内野ゴロ」ですが、内野ゴロの際にもっともボールが送られてくるポジションが一塁です。

 

一塁手には、そんな送球を確実に捕球する力や、乱れた送球に対処できる柔軟性や背の高さなどが必要となります。

 

また、威圧感もあるとなお良いですね。ファーストが背が高くてどっしりしていると、何となくやりにくいですもんね。

 

ただし、それほど守備能力の高さは必要ありませんので、バッティングの方に重きを置かれた選手が配置されるケースが多いです。

 

つまり守備はそこそこに、打撃の方でチームに貢献するという割り切りも必要でしょう。

 

「捕球力>柔軟性>威圧感」などの能力が求められるでしょう。

二塁手(セカンド)

センターラインの一角でとても重要なポジションです。

 

内野ゴロで「ダブルプレー」を取る事がゲーム進行上とても重要となりますので、かなり高い守備力が求められます。

 

また、バントの際の一塁へのベースカバーや盗塁の際の2塁へのベースカバー。外野からの送球に対する中継の役割など、多彩な機動力や状況判断能力も求められます。

 

また、少々無理な体勢からでも送球ができる体幹の強さがあるとさらに良いですね。

 

「守備力>判断力>俊敏性」などの能力が求められるでしょう。

三塁手(サード)

サードはプロ野球ではそれほど重要とは言われていませんが、少年野球においてはかなり重要なポジションです。

 

鋭くて強い打球が飛んできますし、3塁線ギリギリを抜けてゆく打球への対応やバント処理など、素早く打球を処理する反射神経や捕球力が必要です。

 

サードがミスをすると、一気に流れが悪くなってピンチを迎えるケースも多いので重要なポジションなのです。

 

また、ファーストまでの距離が一番長いポジションなので、正しく送球できる力や肩の強さなども欲しいですね。

 

「反射神経>捕球力>送球力」などの能力が求められるでしょう。

遊撃手(ショート)

センターラインの一角で、非常に重要なポジションです。ゆえに、ショートはチーム内で一番守備がうまい人が選ばれやすいポジションでもあります。

 

何と言っても、ショートはもっとも内野ゴロが飛んできやすいポジションですし、カバーする範囲もふくめて守備の範囲がとても広いのです。

 

セカンドと同じで、ダブルプレーをとれる守備力や動き回れる機動力、ヒット性の打球を上手くグローブで抑え込むテクニックなど、高度な守備能力が要求されるポジションです。

 

また、三遊間の打球をファーストへ素早く送球しなければならない場面も多いので、肩の強さや踏ん張りがきく足腰の強さなどがあるとさらに良いでしょう。

 

「守備力>グローブテクニック>機動力」などの能力が求められるでしょう。

スポンサードリンク

左翼手(レフト)

サードと一緒でプロ野球ではあまり重要視されるポジションではありませんが、少年野球ではやはり重要なポジションです。

 

強いライナー性の打球や三塁線を破るヒットを、素早く捕球送球してランナーの進塁を阻止しなければなりません。

 

また、フライを確実にとったりゴロを絶対に後ろに逸らさないなど、基本的な守備のスキルも必要です。

 

ただしファーストと同じで、守備力よりは打撃力に重きを置かれた選手が配置されやすいポジションでもありますから、打撃を重視するスタンスも必要でしょう。

 

「捕球力>送球力>守備の基礎」などの能力が求められるでしょう。

中堅手(センター)

センターラインの最後方を守備する外野の要のポジションです。

 

センターは、9人の中でもっとも広い範囲を守らなければなりませんので、何と言っても足の速さや肩の強さ、打球に対する第1歩目の反応などが重要です。

 

また、打者ごとに打球が飛んでくる位置を予測できる嗅覚や、基礎的な運動能力の高さも求められます。

 

さらにキャッチャーと同じで、一目ですべての守備位置を後方より見渡せるポジションにいますので、全体のポジショニングを指揮する統率力も欲しいですね。

 

「走力>肩の強さ>反応力>打球の嗅覚」などの能力が求められるでしょう。

右翼手(ライト)

ライトは、昔は守備が下手な人が守るポジションの代名詞でしたが、現在ではまったくそれは当てはまりません。むしろ非常に重要なポジションです。

 

特に少年野球では、ライトゴロがあるので非常に大事な役割を担いますね。

 

得点圏にランナーがいる場合、たいていの打者はランナーが進塁しやすい右打ち(ライト)狙いで来ますので、いかにバックホームでランナーを刺せるかの送球力が求められます。

 

またバックホームだけでなく、ランナーが3塁へ進塁した際に3塁でランナーを刺せる送球の精度も必要です。

 

イチロー選手に代表されるレーザービームの様な送球力があると、非常に大きな武器となるので相手チームからすると厄介ですよね。

 

「送球力>送球の精度>判断力」などの能力が求められるでしょう。

 

こうやって見てみると、各ポジションごとにそれぞれの役割があり、いかに全員が役割をわきまえて守備の調和を果たせるかが、チームの勝敗に大きく左右するのです。

 

ただ何度も書いていますが

 

「センターラインがしっかりしている」

 

チームはやはり強いですね。ピッチャーはもちろんの事、「キャッチャー・セカンド・ショート・センター」の4人が上手いチームはやはり強いです。

 

個人的には、この4人は打撃よりも守備を重視した方が、チームとしての勝率は上がると思っています。

 

以上。野球肩の話しでした。

まとめ

*野球肩は、上腕骨の成長軟骨がズレたり剥がれたりする現象の事。

*分類としては骨折の領域に入るので、しっかりと安静を守る必要がある。

*子どもの場合、原則的には手術を選択しなくても良い。

*肩甲骨を中心とした全身の柔らかさと体幹の強さを獲得すると予防にもなる。

*プレーしたくて無理をする子どもが多いが、将来の事を考えれば絶対に無理をさせてはいけない。

スポンサードリンク