私は医師ではありませんので薬を処方する事は出来ないのですが、しかし、痛み止めの知識についてはかなり勉強しています。

 

なぜなら患者さんが、病院で医師には聞きにくいような事をうちでよく質問されるからなんです。中でも、特に

 

「痛み止め」

 

に関する質問は非常に多いのですよ。それだけ皆さんの関心が高いという事でもあるのでしょう。

 

今回はその中から、「痛み止めの強さ」に関してランキング形式で紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

鎮痛効果№1は強オピオイド

人類最強の鎮痛効果を誇るのは「オピオイド系の鎮痛薬」です。

 

オピオイドとは医療用麻薬の事で、特に「強オピオイド」は、主にガン末期などの中度から重度の痛みに関して医療現場で使用されています。

 

麻薬というと不快感を感じる方も多いようですが、正しく使えばこれほど優れた鎮痛効果を発揮する物質はありません。

 

日本では、麻薬というイメージの悪さから医療分野での応用がとても遅れているのですが、欧米などでは「がん」の苦痛を弱めるために積極的に応用されています。

 

またオピオイドは鎮痛のみならず、がん末期の患者さんの呼吸苦を和らげる効果など、痛み以外の苦しみを緩和できる作用もあり、たいへんありがたい物質でもあるのです。

 

私たちは何でもイメージで判断してしまうクセがありますが、こういったありがたい医療薬があるのに誤解したままでは、かえって自分たちの首を絞めてしまう事にもなりかねません。

 

ぜひ正しい認識を行ってゆきたいものですね。

モルヒネ

強オピオイドにおいて一番強い鎮痛効果を持っています。いわば人類最強の鎮痛薬です。

 

経口薬、坐薬、注射など種類がいろいろとあります。ただし、腎機能が低下している場合には使えません。

オキシコドン

モルヒネに次ぐ鎮痛効果を誇ります。経口薬や注射などの種類があります。

フェンタニル

オキシコドンに次ぐ鎮痛効果があります。注射薬や貼り薬などの種類があります。

メサドン

副作用の管理がシビアなので、使用経験が豊富な医師に限定した使われ方が多いです。

 

なお、強オピオイドには使用限界量がありません。患者の苦痛度に応じて、どれぐらいでも増量が可能(正しい管理下に限り)となっています。

鎮痛効果№2は弱オピオイド

強オピオイドを弱めた鎮痛薬で、がん初期の痛みや神経障害性疼痛の治療などに応用されています。

 

「弱オピオイド」は、主に軽度から中度の痛みに関して医療現場で使用されています。

コデイン

モルヒネと同じような薬効を示します。効果はモルヒネの10分の1程度で、主に経口薬として使われています。

トラマドール

コデインと同じような薬効を示します。効果は、経口薬でモルヒネの5分の1、注射では10分の1程度とされています。

低用量オキシコドン

強オピオイドのオキシコドンを弱めた薬剤が、弱オピオイドとして使用される事があります。主に経口薬です。

スポンサードリンク

鎮痛効果№3は非オピオイド

医療用麻薬を使用しない鎮痛薬です。別名「NSAIDs」とか「非ステロイド系鎮痛抗炎症剤」などとも呼ばれています。

 

要は、われわれが一般的に使用している鎮痛薬の事で、日常的な関節痛や筋肉痛などに広く使用されています。

ボルタレン

非オピオイド系の鎮痛薬の中ではもっとも強い薬効があります。ただし、胃に負担が大きいのが難点です。

ロキソニン

ボルタレンに次ぐ薬効があります。いちばん有名な鎮痛薬かもしれませんね。胃腸への負担はあまり大きくありません。

モービック

ロキソニンと同じような薬効があります。胃腸への負担は割と少ないです。

セレコックス

ロキソニンと同じような薬効がありますが、持続時間はあまり長くありません。胃腸への負担は割と少ないです。

カロナール

薬効は弱めですが非常に安全な鎮痛薬で、小児にも使用が可能です。

バファリン

薬効はかなり弱めです。最近では、鎮痛というよりも血栓予防などの目的で使用される場合が多いです。

例外的な鎮痛薬

少数ではありますが、上で挙げた鎮痛薬とは違った機序で薬効を示すタイプもあります。

リリカ

神経障害性疼痛で使用されるエース級の薬剤です。ふらつきなどの副作用が出やすいのが難点。

サインバルタ

サインバルタなどの抗うつ薬にも鎮痛効果が確認されています。ただし、やみくもに安易に服用すべき薬剤ではありません。

ノイロトロピン

脳から出てくる痛みを抑制する神経系を活性化する薬剤。薬効機序に一部不明な部分があります。

 

以上。痛み止めの薬効ランキングについて話しました。

 

私は、再三このブログでも実際の患者さんにも話していますが

 

「痛みを止める事や弱める事は立派な治療」

 

なのです。「どうせ痛み止めは一時しのぎでしょう」なんて言う方もいますが、そもそも何の薬にしたって一時しのぎである事には変わりありません。

 

それならば、薬効と副作用をよく理解した上で上手に活用し、日常生活が円滑に過ごせるように利用すれば良いというのが私の考えです。

 

それに、痛みを我慢しすぎたがゆえに、神経障害性疼痛線維筋痛症などの厄介な疾患に罹患してしまうケースも少なくありません。

 

痛みを止める事も立派な治療の一環であるという事を、ぜひ強く心に刻んでいただければと思います。

まとめ

*№1の痛み止めは強オピオイド。

*№2の痛み止めは弱オピオイド。

*№3の痛み止めは非オピオイド。

*痛み止めを上手に使いこなす事で、日常生活が円滑に行えるようになる。

*痛みを止める事や弱める事も立派な治療である。

スポンサードリンク