歯のケアのためにしっかりと「歯磨き」を行っている方は多いと思いますが、実は風邪予防にも効果があるという事をあなたはご存知でしょうか。特に

 

「朝起きてすぐの歯磨き」

 

は、風邪やインフルエンザを予防するうえで非常に効果的なのです。

 

最近は一気に冷え込んできましたので、もうじき風邪のウイルスたちも活性化してきます。しかし、出来るだけその渦には巻き込まれたくないですよね。

 

今回の記事では、なぜ朝一番の歯磨きが風邪やインフルエンザの予防に効果的なのか、という点について迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

風邪予防初級編

まず基本的な風邪予防の手段としては、誰もが知っている

 

「うがい・手洗い」

 

がありますね。これはもっとも手軽で有効な手法ですので、ぜひとも実践していただきたいのですが、あくまでも初歩的な風邪予防と考えてください。

 

そのうがいや手洗いについては、1点だけコツを書いておきたいと思います。

 

例えば「うがいの際のイソジン」や「手洗いの際のキレイキレイ」など、殺菌のために使う薬剤がありますよね。もちろんこれらを使用するのは構わないのですが・・・。

 

殺菌力があると安心して、つい手短に済ませてしまう事が多くないですか。でも、それではとてももったいないのですよ。

 

そもそもインフルエンザなどの強力なウイルスは、それぐらいの薬剤ではなかなか退散はしてくれません。

 

なので、どうせやるならしっかりと「時間をかけて」行ってください。時間をかけた分だけ、物理的にウイルスが洗い落とされる量が増えてゆきますので。

 

手洗いやうがいの目的は、「殺菌することではなく洗い流す事」なんです。この点をよく理解しておきましょう。

 

またある実験では、水道水で長時間行った場合と薬剤を使用して短時間行った場合とでは、殺菌効果で優れていたのは水道水の方だったというデータがあります。

 

要は、うがいや手洗いの効果はどんな薬剤を使うかではなく、純粋に時間の長さによって効果が変わってくるという事なのです。

 

「風邪のひきはじめに打つべき対策をまとめてみたよ!!」

風邪予防中級編

このブログを愛読して頂いている方はご存じであろうかと思いますが、通常のうがいや手洗いの一歩上を行く風邪予防法として

 

「鼻うがい」

 

というものがあります。この手法は、風邪予防の中級者レベルぐらいになってきた人たちがよく実践している手法ですね。

 

鼻と喉の中間点あたりに「上咽頭(じょういんとう)」という場所があるのですが、この場所は風邪のウイルスなどが繁殖しやすい部位としても有名です。

 

で、その上咽頭部に付着したウイルスを洗い流すには、通常のうがいではなかなか効果が上がらないのですよ。そこで「鼻うがい」の登場となるわけです。

 

詳しい手法などについては以下の記事をご覧ください。

 

私も1年中実践していますが、かなり風邪に罹患する事が少なくなりました。というよりか、実践し始めてからは本格的に風邪を引いた記憶がありません。

 

少々コツのいる鼻うがいではありますが、かなり効果が高いのでぜひともマスターして頂きたいものです。

 

「鼻うがいの効果は絶大!本気で風邪を予防したい人はぜひ!」

 

スポンサードリンク

風邪予防上級編

今日の本題に入ります。

 

「うがい・手洗い・鼻うがい」を実践する事でかなりの風邪予防効果はありますが、さらに風邪予防を徹底するためには

 

「起床後すぐの歯みがき」

 

を頑張りましょう。この手法はとても有効なものではありますが、ある意味面倒くさいので、上級者向きの風邪予防法とも言えるでしょう。

 

なぜ風邪予防に良いのかと言うと、就寝時は口腔内でウイルスや細菌などが増殖するために、朝一番の歯みがきをする事で、そのバイキンたちを洗い流す事ができるからです。

 

普通は、朝起きて水を飲んで朝食を食べてから歯磨きをするという方が圧倒的に多いと思われますが、その間に、就寝時に増殖したウイルスたちが体内に侵入する訳ですね。

 

それを防ぐのが起床後すぐの歯磨きなのですよ。まあ、どうしても歯磨きが面倒くさいという方は、最低限口をゆすぐだけでもある程度の効果はあります。

 

朝起きたら「いつも口の中が乾燥してネバついている」という方がけっこうおられますが、まさにそういった方ほど朝一の歯磨きを徹底してほしいですね。

 

また医学的な説明をすると、インフルエンザウイルスなどが細胞内に侵入する時には、「プロテアーゼ」という酵素が働きます。

 

そのプロテアーゼは口腔内で産生されているので、それを歯みがきによって排出する事で、結果的にウイルスの細胞内への侵入を防ぐ効果もある訳ですね。

 

という訳で、風邪予防の上級者になりたい方はぜひともこの手法も取り入れて頂ければと思います。

 

以上。歯磨きと風邪予防の関係について話しました。

 

いかがでしょうか。歯みがきが風邪予防につながるという視点は初めて聞いたという方も多かったのではないでしょうか。

 

いずれにしても、口腔内を清潔にしておくことはいろんな意味でメリットばかりですから、ぜひ共に明日から実践してゆきましょうね。

まとめ

*風邪予防の基本は、うがいと手洗い。

*風邪予防の中級者になると、鼻うがいの有効性が分かってくる。

*風邪予防の上級者になりたければ、起床後すぐの歯磨きをしよう。

スポンサードリンク