えー今回の記事ですが、ちょっといつもとは趣向が違います。まあ題名からもお分かりかと思いますが。

 

当院の経営理念は、患者さんの体の悩みだけでなく、心の悩みも一緒に考えようという事にもあるのですが、その中でけっこうな数の方から寄せられる相談の1つが

 

「何で男は浮気や不倫をするんですか」

 

っていう相談です。当院の患者さんは9割方が女性患者さんなのですが、ほとんどの方が大なり小なりこのような経験がお有りのようですね。

 

いや~ほんと許せませんね・・・うん許せない・・・でも・・・同じ男としてちょっと同情するような・・・。

 

という訳で今回の記事は、女性の皆さんのブーイング覚悟でこの問題に本音で迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

男は量を求め女は質を求める

以前の記事でも話しましたが、そもそもの体の構造として、男性はその気になれば「一度に多くの女性に自分の子どもを産んでもらう事が可能」ですね。

 

一方女性は、たとえその気があったとしても、「一度に産む事が出来るのは1人の男性の子どもだけ」という構造ですよね。

 

つまり、人間というのは太古の昔より、遺伝子レベルで

 

「男は量を求めて女は質を求める」

 

という性質があるのです。だからって浮気や不倫が許されるのかと怒らないでくださいよ。あくまでも体の構造上ではそうなっているという話ですからね。

 

でも、ここはもっとも重要な部分でもあるのです。大人と子どもの恋愛の違いは、まさにこの点を理解できているかいないかというところにあるのですから。

 

「男と女はまったく別の生き物」

 

なのです。冷静に考えてみれば、簡単に分かりあえるはずがありませんよね。まあ、だからこそ面白いんですが。

 

「女性が好きな男性の体臭を好む心理を真面目に考えてみた!!」

浮気や不倫は悪い事なのか

男は量を求めて女は質を求めるという遺伝子からも分かるように

 

「男性は広く多くの女性から愛されたい」

 

という願望が有り

 

「女性は優秀な一人の男性から深く愛されたい」

 

という願望があるのです。

 

なのでそういった理由からも、一般的には男性の方が浮気や不倫に走りやすく、女性の方が一途に尽くす方が多いのですね。

 

そこを踏まえて誤解を恐れずに言いますと、浮気や不倫に走りやすい男性というのは男性本能が強いとも言えますので、生物学的には「強い男性」なんです。

 

そして逆に、1人の女性でいつも満足している男性というのは、生物学的に言えば「弱い男性」という事になってしまうのです。

 

「そんなの納得いかん」と怒りの声が聞こえてきそうですが、じっさい能力が高い男性というのはモテるのが現実ですよね。

 

あなたも1度ぐらい、何であんな浮気性の男がモテるんだって思った事があるでしょう。でも、そんな男に限って能力が高かったりするもんです。

 

やはり女性というのは質を見抜く能力が優れているので、能力が高い男には自然と魅かれてしまう傾向があるんですよ。ここに女性の面白い矛盾があります。

 

浮気や不倫を許せない一方で、心のどこかでは、そういうモテる男に本能で魅かれてしまうという矛盾ですね。

 

動物でもそうじゃないですか。生存競争を勝ち抜ける強いオスが多数のメスを従えるという生態は、多くの種で見られますよね。

 

という訳で、浮気や不倫は決して正しい事ではありませんが、さりとてそういう男性ほど能力が高くてじっさいモテてますので、一概に悪い事とも言えないのではと思うのです。

スポンサードリンク

浮気や不倫はされる方に問題がある

ここまでの内容でもいろいろと賛否両論あるかとは思いますが、平にご容赦を。さらにここから、私の個人的な考えを書いてみたいと思います。

 

「浮気や不倫はされる方に問題あり」

 

これが私の考えです。男は量を求めて女は質を求めるというのが人間の本能でしたよね。という事は

 

「男性がより多くの女性に目がいってしまうのも本能」

 

であり

 

「女性がより質の高い男性に魅かれてしまうのも本能」

 

なんです。本能ですからその気持ちに簡単には抗えないのですよ。なんせ遺伝子レベルでの反応ですからね。

 

なので、もし女性のあなたが男性に浮気や不倫をされたくなければ

 

「男性の目が他に向かないように、常に相手の望む女性像に適応し続ける努力」

 

が必要があり、もし男性のあなたが女性に浮気や不倫をされたくなければ

 

「女性の目が他に向かないように、常に質の高い男性で在り続ける努力」

 

が必要になるのです。やはりそういった向上心抜きでは、この問題を予防してゆく事はなかなかに難しいものだと思います。

 

なのでそういった姿勢を抜きにして、ただただ浮気や不倫をした方が悪いと責めるのは、ちょっと酷なような気がしますね。

 

私自身はいつも公言してきたのですが、彼女がいようが妻がいようが常に「モテる努力は続けてます」。なぜならいつも男を磨いていたいからです。

 

モテるのは能力が高い男の証だという事は先ほども言いましたよね。だから、死ぬまでモテる努力を続けます。

 

反対に、もし自分のパートナーが他の男性に心が向いてしまったとしたら確かにショックですが、それは男としての質が落ちた自分の責任だと考えています。

 

そんなわけで浮気や不倫問題は、「いかに相手を自分に魅きつけておけるか」というこちら側の姿勢が重要になりますので、もしされてしまっても、それは自分の責任だと思うのです。

 

まあ、中にはほんとに度を過ぎたような方もおられるので、何でもかんでも自分の責任というわけでもありませんがね。

 

以上。男の浮気問題について率直に話しました。

 

今回の内容は、女性の方には面白くない記事だったかもしれませんが、しかし男性の視点で正直に書きました。

 

ぜひ「そういうものかもね」と温かく受け止めていただき、その上で男女の関係の在り方を模索される方が、案外上手くいくのではないかと思いますよ。

 

女性の方へ贈る提言は2つです。

 

「相手の望む女性像に近づく努力を続けながら、男性の浮気本能が暴れないようにコントロールする」

 

「モテる男性は質が高い証拠だと受け止めて、多数の女性の中で自分が一番で在ればそれで良しと割り切る」

 

このどちらかの姿勢を選択されたら良いのではないでしょうか。そんなアドバイスでこの記事を締めくくりたいと思います。

 

それにしても、今回の記事は女性読者さんから大ブーイングがきそうですね。

 

いや、このブログを読んでいただいているあなただけは、きっと私の言っている事が理解できる大人の女性であると信じています。

まとめ

*遺伝子的に、男性は量を求めて女性は質を求めるという本能がある。

*ゆえに男性の方が浮気性ではあるが、ある意味でそれは能力の高い証拠とも言える。

*浮気性の男ほどあんがいモテるという事実が、そのことを証明している。

*なぜなら、女性は本能的に生存能力(生活能力)に強い男性を選ぶ力に優れているから。

*浮気をされる方に問題があると考えた方が、この問題の着地点が見えてくる。

スポンサードリンク