われわれ中年世代に入ってくると、特に男性の方は頭髪の元気具合が気になりませんか。

 

朝起きたら、枕元に「抜け毛」がごっそりと落ちている。ふと鏡を見た時に、以前よりも「薄毛」が進行してきている事に気が付いた。

 

そんな経験をする方も多いのではないでしょうか。そこで今回は

 

「抜け毛や薄毛」

 

が気になる時に、どういった病院や何科に受診するべきかといった点について考えてみる事にしましょう。

スポンサードリンク

抜け毛や薄毛の種類

男性の方で頭髪のお悩みと言えば、「男性型脱毛症(AGA)」か「円形脱毛症」のどちらかである場合がほとんどです。

 

以下、解説してゆきます。

男性型脱毛症(AGA)

男性の抜け毛や薄毛問題は、このAGAである場合が圧倒的に多いです。

 

AGAとは、男性ホルモンの働きによって抜け毛や薄毛が進行する現象の事を指し、特に「頭頂部」や「前頭部」でその兆候は顕著に現れます。

 

発症は早い方で20歳代から始まり、30歳代で明確な進行が見られ、40歳代以降でいわゆる「ハゲ」の状態が確立してしまいます。

 

AGAは病気ではありませんので、現在の日本では健康保険の治療が受けられませんが、最近では頭髪に特化した医療機関も増えてきました。

 

成人男性の方で、このAGAに悩んでいる方はかなりの数がおられると推定されますが、それは市販の育毛剤などの売れ行きを見ていても一目瞭然ですね。

 

ただしこのAGAを本気で改善したいならば、市販の育毛剤等ではかなり難しいでしょう。

 

AGAを本気で治すならば、「抜け毛対策」と「発毛対策」をそれぞれに専門的に考えてゆく必要があるのですが、こういった視点は市販品では無理があるのです。

 

よって、必ず医師の診断の下で治療を行ってゆく必要があります。

 

また、安価だからといって薬を個人輸入して自己治療を行う方もいますが、それは非常に危険ですから絶対にやめておいてくださいね。

 

AGAについて詳しく知りたい方は、以下の記事をぜひ参照ください。

 

「薄毛対策を行いたい男性必見!まずは正しい知識をつけましょう!」

円形脱毛症

円形脱毛症とは、頭部の1か所あるいは数か所に渡って「円形状の脱毛」が起こる現象を指します。

 

また一部の円形脱毛症では、全頭部に渡って脱毛が起こる重症タイプも存在します。

 

この円形脱毛症、いぜんはよく原因が分からなかったのですが、最近では「免疫系の過剰反応」によって引き起こされるという説が有力になっています。

 

つまり「アレルギー」ということですね。

 

発症する方の傾向を見ると、アレルギー持ちであったり自己免疫疾患持ちであったりするケースが多く、アレルギー対策を行う事で改善するケースが多いからです。

 

また円形脱毛症自体の原因はアレルギー説が有力ですが、発症の引き金としては「過剰なストレス」という場合が非常に多いです。

 

当院の患者さんでも、今までかなりの円形脱毛症経験者の方の話を聞きましたが、例外なく、発症前にはかなりのストレスが蓄積されていたと仰られていました。

 

この疾患も必ず医師の診察が必要です。

スポンサードリンク

何科を受診するか

では、抜け毛や薄毛の改善を目的とした場合は「何科を受診したら良い」のでしょうか。選択肢としては以下の2つになります。

 

「頭髪専門クリニック(美容外科)」

 

「皮膚科」

 

以上2つの医療機関について、次項よりさらに詳しく見て行きましょう。

頭髪専門クリニック(美容外科)

近年は、美容形成外科などの中でも「頭髪専門」で診療しているクリニックが増えています。

 

頭髪専門クリニックでは、抜け毛や薄毛に関するスペシャリストである「医師」が診察に当たってくれます。

 

「かかりつけの内科」などでもある程度は薬を処方して頂ける場合もありますが、どうせ受診するならば、専門的に見てくれる頭髪専門クリニックの方が良いでしょう。

 

AGAには健康保険が適用できませんので費用は掛かりますが、そこは仕方がありません。

 

治療は、基本的に「抜け毛予防の飲み薬」と「発毛促進の塗り薬」となり、おおよそ「5000円~30000円」程度の費用が毎月必要となります。

 

早期のうちからかかれば「抜け毛対策だけ」で済む場合が多いので、その場合は費用を低く抑える事が可能です。

 

反対に、既に薄毛がかなり進行していて「発毛対策も一緒に行いたい」場合には、それなりの出費が要ります。

 

なので、治療の為だけでなく費用の為にも、「何となく抜け毛が増え始めた時」や「薄毛の自覚が芽生え始めた時」などには、出来るだけ早めに受診する事をおすすめします。

皮膚科

皮膚トラブルのスペシャリストである「医師」が診察を行ってくれる医療機関です。

 

円形脱毛症は皮膚科の領域になりますので、気になる症状がある時には早めに皮膚科を受診してください。

 

治療は基本的に「投薬治療」となりますが、最近では「患部をあえてかぶれさせる事で免疫を調整する」といった面白い治療法も出てきています。

 

昔に比べれば円形脱毛症の治療はかなり幅が広がって来ているので、勇気を出して受診しましょうね。

 

以上。男性の抜け毛や薄毛対策で受診すべき医療機関の話しでした。

 

頭髪のトラブルは命に関わるようなものではありませんが、美容上のコンプレックスを持つと精神的にも良くありませんよね。

 

その事が、仕事や人間関係などにも波及してくるケースが充分考えられますので、ぜひ勇気を出してクリニックの門を叩いてみましょう。

 

同じような悩みで闘っている仲間がたくさん居るという事が分かり、きっと心が落ち着くことだろうと思いますよ。

まとめ

*男性の抜け毛や薄毛は、AGAか円形脱毛症である場合がほとんど。

*AGAなら頭髪専門クリニックへ、円形脱毛症なら皮膚科へ行こう。

*気になりだした時が治療の始め時。早めに手を打った方が労力も費用も安く済む。

スポンサードリンク