前回は、男性の抜け毛や薄毛に関する記事を書きましたが、今回はその女性編の記事となります。

 

女性は遺伝的にもホルモン的にも男性ほど薄毛にはなりにくいのですが、一部には抜け毛や薄毛が進行してゆく方がおられます。そこで今回は

 

「女性で抜け毛や薄毛が気になる」

 

方は何科を受診したら良いのか、という点について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

女性の抜け毛や薄毛の種類

男性の「AGA」では、男性ホルモンの過剰な働きによって抜け毛や薄毛現象が起こるという話をしましたが、実は女性にも同様の現象が起こる事があります。

 

「FAGA」

 

と呼ばれるものがそうです。これは言わば、女性版の男性型脱毛症といったところでしょう。

 

また、他にも内科疾患などからくる抜け毛や薄毛もありますので、そういった可能性も併せてしっかりと頭に入れておきましょう。

FAGA

男性のAGAは、男性ホルモンの過剰な働きによって抜け毛や薄毛が進行する現象の事を指すのでしたね。

 

それに対してFAGAとは、女性ホルモンの過剰な「低下」によって起こるものと考えられています。

 

通常女性にも、少量ではありますが男性ホルモンが存在しています。

 

しかし女性ホルモンの方が圧倒的に多いために、男性のように致命的な抜け毛や薄毛までに進行する事はほとんどありません。

 

ところが、何らかの理由によって女性ホルモンが過剰に低下すると、少量の男性ホルモンに影響を受けてしまう方が中にはおられるのです。

 

そういった方々の抜け毛や薄毛の状態を「FAGA」と呼びます。ただし、FAGAは男性のように進行性のものではありません。

 

また、男性では「頭頂部」や「前頭部」で薄毛が顕著に現れると言いましたが、FAGAでは、頭髪全体が細くなって減少してゆくような薄毛となります。

 

このFAGAも、AGA同様に医師の診察を受けた方が良いですね。市販の育毛剤等ではどうしても限界があるからです。

 

最近では頭髪専門のクリニックも増えていますが、なかなか女性の方には敷居が高いので受診しにくいものです。

 

ただ、女性医師による診察を行っている頭髪専門クリニックや美容外科ならありますので、そういった医療機関を探して受診するのがおすすめですね。

 

念のため、男性のAGAについての知識も蓄えておかれるとよろしいでしょう。以下のリンクからどうぞ。

 

「薄毛対策を行いたい男性必見!まずは正しい知識をつけましょう!」

円形脱毛症

前回の記事でも話しましたが、円形脱毛症とは、頭部のある1か所または数か所に渡って、「円形状の脱毛」が起こる現象の事を言います。

 

この円形脱毛症ですが、以前はよく原因が分からなかったものの、最近では「免疫系の過剰反応」、いわゆる「アレルギー」によって発症するという説が有力になっています。

 

アレルギーを持っている方や自己免疫疾患を持っている方によく発症が見られ、アレルギーの治療を行う事で改善してゆくケースが多いからです。

 

円形脱毛症の発症原因としては、「過剰なストレス」によるものがもっとも多いと言われています。

 

私も、今まで相当数の円形脱毛症経験者の話を聞きましたが、例外なく、発症前には大量のストレスが蓄積されていたと言われていました。

 

よってこの疾患も、必ず医師の診察が必要ですね。

卵巣疾患

抜け毛の量が異常に多いような場合、女性特有の疾患として、まれに卵巣嚢腫などの「卵巣疾患」を患っている場合があります。

 

抜け毛の症状以外にも、「不正出血・生理不順・ほてり・イライラ・動悸・頭痛・ひどい疲れ」といったような症状がある時には要注意です。

 

こういった症状が気になる場合には、ただちに婦人科への受診を検討する必要があるでしょう。

スポンサードリンク

何科にかかったら良いの

それでは、抜け毛や薄毛の診察を目的とした場合「何科を受診したら良い」のでしょうか。選択肢としては以下の3つになります。

 

「頭髪専門クリニック(美容外科)」

 

「皮膚科」

 

「婦人科」

 

以上3つの医療機関について、さらに詳しく見て行くことにしましょう。

頭髪専門クリニック(美容外科)

先ほども書きましたが、近年では、美容外科などの中でも「頭髪専門」で診療しているクリニックが増えてきました。

 

頭髪専門クリニックでは、抜け毛や薄毛に関するスペシャリストである「医師」が診察に当たってくれます。

 

「女性医師」が診察に当たってくれるクリニックも少数ですが存在しますので、ぜひ根気よくホームページなどから探してみましょう。

 

AGAには健康保険が適用できませんので正直費用はけっこう掛かりますが、そこは現状では止むを得ません。

 

治療は基本的に、「抜け毛予防の飲み薬」と「発毛促進の塗り薬」となります。目安としては、「10000円~30000円」程度の費用が毎月必要となるでしょう。

 

早期のうちからかかれば費用を低く抑える事も可能ですから、治療の為だけでなく費用の為にも、出来るだけ早めに受診するようにしましょう。

皮膚科

皮膚トラブルのスペシャリストである「医師」が診察を行ってくれる医療機関です。

 

円形脱毛症は基本的に皮膚科の領域になりますので、疑わしい症状がある時には早めに皮膚科を受診しましょう。

 

治療は「投薬治療」がベースとなりますが、最近では「患部をかぶれさせる事で免疫を調整する」といった特殊な治療法も出てきています。

婦人科

婦人科の病気に関するスペシャリストである「医師」が診察を行ってくれる医療機関です。

 

「不正出血・生理不順・ほてり・イライラ・動悸・頭痛・ひどい疲れ」を伴うような抜け毛症状が気になる時には、卵巣疾患も考えられますので早めに受診しましょう。

 

基本的には、「画像検査・血液検査」などによって病気を診断し、投薬治療(一部外科治療)や大病院への紹介などで回復を促してくれます。

 

以上。女性の抜け毛や薄毛では何科を受診するかという話でした。

 

頭髪トラブルは生命に関わるような疾患ではありませんが、美容上のコンプレックスから精神的にも不調をきたす事があります。

 

その結果として、仕事や人間関係などにも悪影響が波及してくるケースも考えられますので、ぜひ勇気を出して、早めにクリニックの門を叩きましょう。

まとめ

*女性の抜け毛や薄毛は、FAGAか円形脱毛症か卵巣疾患が考えられる。

*FAGAなら頭髪専門クリニック、円形脱毛症なら皮膚科、卵巣疾患なら婦人科へ行こう。

*気になりだしたタイミングが治療の始め時。早めに手を打てば労力も費用も安く済む。

スポンサードリンク