匂いの悩みというものは、日常生活に大きな影響を及ぼしやすいわけですが、とりわけ

 

「口の匂い(口臭)」

 

に関しては、人間関係や仕事などにも多大な影響が及ぶので、とても気になるところでありますね。

 

人間には、「生理的口臭」と言ってどうしても自然に発生してしまう「匂い」がありますので、完璧に無臭になるという事はなかなか難しいものです。

 

しかしそれでも、自分で気を付ける事ができる匂いに関しては、出来るだけ自分の努力で改善してゆきたいものですよね。

 

そこで今回は、「口臭を改善したい」と思った際に医療機関を受診するなら何科が良いのか、という点を一緒に考えてみる事にしましょう。

スポンサードリンク

口臭の種類

まずは口臭の種類について知っておいてください。口臭は様々な病気のサインとなる事があるのです。

 

詳しい内容については以下のリンク記事をご覧頂くとして、ここでは要点のみを書いてゆく事にします。

 

「口臭ケアにおすすめの方法を教えます!永久保存版の神記事!」

歯科口臭

やはり、歯科疾患による口臭が一番多いですね。

 

「虫歯・親知らず・歯周病・歯石や歯間カスの蓄積・舌苔(舌の汚れ)」などが原因として考えられるでしょう。

 

歯科医の指導を定期的に受けて、正しい口腔ケアの知識を身につけておきたいものです。

耳鼻科口臭

歯科疾患に次いで多いのが耳鼻科疾患にともなう口臭です。耳鼻科疾患では、口臭だけでなく「鼻息も臭くなる」という特徴があります。

 

「急性副鼻腔炎・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)・咽頭炎・鼻づまりに伴う口呼吸・膿栓(いわゆるクサ玉)・萎縮性鼻炎」などが原因として考えられるでしょう。

 

鼻炎症状など鼻の調子が気になる方は、定期的に医師の診察を受けておきましょう。

呼吸器口臭

耳鼻科疾患による口臭と同じぐらい多いのが、呼吸器疾患にともなう口臭です。

 

「肺炎・肺がん・肺気腫・気管支炎・喫煙によるタールやニコチンの沈着」などが原因として考えられるでしょう。

 

呼吸器の調子が気になる方は、定期的に医師の診察を受けておきましょう。

胃腸器口臭

こちらも非常に多い原因で、特に胃の不調にともなう口臭がかなり多いですね。

 

「胃炎・胃潰瘍・胃がん・逆流性食道炎・十二指腸潰瘍・慢性便秘症」などが原因として考えられるでしょう。

 

胃腸の調子が気になる方は、定期的に医師の診察を受けておきましょう。

内科口臭

意外と見落としがちですが、内科疾患に伴って口臭がする事も多々あります。

 

「糖尿病(すい臓)・肝臓病・腎臓病」などの存在が原因として考えられるでしょう。

 

糖尿病では「果実の腐ったような匂い」、肝臓病では「マウスの飼育部屋のような異臭」、腎臓病では「アンモニア臭」が出てきやすいと言われています。

 

そういった症状が気になる方、あるいはすでに上記の疾患を患っている方は、ぜひ医師に相談してみましょう。

 

内臓疾患については以下の記事もぜひご覧ください。

 

「背中の痛みは内臓の病気かも!?痛む場所で分かる疾患!!」

スポンサードリンク

何科にかかれば良いか

では、口臭を医療機関で治療したいと考えた際に何科にかかれば良いのかと言うと、以下の3つが選択肢となるでしょう。

 

「歯科」

 

「耳鼻科」

 

「内科」

 

これらを順番に受診してゆくのがセオリーとなります。次項でさらに詳しく見てゆきましょう。

歯科

歯科領域のスペシャリストである「歯科医師」が診察を行ってくれる医療機関です。

 

口臭の改善を目指す場合、まずは真っ先に歯科を受診しましょう。大多数の口臭は、歯科疾患を改善する事でかなり軽減できます。

 

また、同じ歯科でも「口臭外来」を標榜しているクリニックではより専門的な治療を受ける事が可能です。自費にはなりますが、ぜひそちらも受診を検討すべきでしょう。

耳鼻科

耳や鼻や喉のスペシャリストである「医師」が診察を行ってくれる医療機関です。

 

歯科における治療でも口臭が改善しない場合、何らかの耳鼻科疾患が隠れているケースが考えられますので、その場合は耳鼻科にスイッチしましょう。

 

基本的には、「投薬治療」や「点鼻治療」などで回復を促してくれます。あまり外科的な処置になるケースは少ないでしょう。

内科

内臓疾患のスペシャリストである「医師」が診察を行ってくれる医療機関です。

 

歯科や耳鼻科における診察でも改善しない口臭がある場合、上でも書いたような内科疾患が隠れていないか内科を受診してみましょう。

 

経験的には、「胃炎・胃潰瘍・逆流性食道炎」などによる口臭が最も多いように感じます。

 

内科では基本的に、「画像検査」や「血液検査」によって診断を下し、「投薬治療」や「専門病院への紹介」などで回復を促してくれます。

 

以上。口臭改善の為に何科を受診すべきかについて話しました。

 

口臭は市販の「口臭チェッカー」でも容易に判定できますので、一度自分の口臭をチェックしてみましょう。

 

ただし、もっとも確実なのは「人間の嗅覚」です。信頼できる方がいるならば、ちょっと勇気はいりますが率直に尋ねてみる事も大事ですね。

まとめ

*口臭の大半は歯科疾患が原因となっている。

*耳鼻科疾患、呼吸器疾患、胃腸器疾患なども原因としてよく見られる。

*糖尿病、肝臓病、腎臓病などでも特異な口臭が起きる事がある。

*受診するなら歯科が第1選択肢で、次いで耳鼻科と内科となる。

スポンサードリンク