うちの治療院では患者さんの層として「独身女性」の患者さんがけっこう多いのですが、だいたい打ち解けてくると話のテーマとしてよく挙がるのが

 

「先生、失敗しない男の選び方を教えてください」

 

って話なんですよ。治療院なのに何の話をしてるんだと思われるかもしれませんが、いつも痛みや病気の話ばかりしてるとお互い辛気臭くなるでしょう。

 

なので、たまにはこんな話もざっくばらんに交わすのがうちの流儀なんです。

 

それでまあ、そういった時に何を持って失敗と考えるかにもよるのですが、僕が思うに

 

「女性に害を与えない男」

 

というのが、まずはもっとも大事な視点ではないでしょうか。なんせ、見るに聞くに耐えないような男女関係がらみの事件が多発していますからね。

 

という事で今回は、「女性に害を与えない男」をどうやって選ぶかという視点を、僕の独断と偏見で書きつづってみたいと思います。

スポンサードリンク

余裕がない男は止めておけ

まず真っ先に挙げたい候補として、余裕がない男やしつこい男は止めた方が良いですね。

 

日本の女性は受け身の方が多いので、基本的に女性を追いかけるのは男の役目ではあるのですが、あまりに余裕がなかったりしつこい男はいけません。

 

女性は男に比べて心身のリズムを一定に保つ事が苦手な生き物です。また、男ほど急激に気持ちが盛り上がる生き物でもありません。

 

そのあたりを理解できている男というのは、決して女性に対してガツガツはしないものです。

 

女性の体調や気持ちのリズムを気遣えない男というのは、どうしても独りよがりの行動に走りがちですから、まあ止めておいた方が無難だと思います。

 

まだ学生なら「若気のいたり」で笑えもしますが、成人した男が余裕がない行動やしつこい行動をとるのは褒められたものではありません。

 

相手の男が根本的に余裕がない男かどうかを見極める方法としてはいろいろあるのですが、ひとつ、以下のような方法を試してみましょう。

 

例えばあなたが男と食事の約束をしているとします。

 

それで、その約束の2~3日前ぐらいになったら、あえて理由をつけてキャンセルしてみてください。

 

その際その男が、「良いよ良いよ。また都合があう時にでも行こう。」とサラッと流してくれるようなら合格です。

 

次に、「えー残念。まあでもしょうがないか。また今度ね。」とちょっと愚痴をこぼすものの、何とか引き下がってくれるならこれも一応合格です。

 

一番悪いのは、「せっかく準備してたのに。だったら代わりにいつ行けるの。」と、しつこく食い下がってくる男です。

 

もうこれは最悪ですね。自分の都合しか考えられない男です。こういう男とは将来的にトラブルに発展する可能性が大ですから止めておきましょう。

 

ただし断る場合、当日とかはさすがにやめておきましょうね。店によってはキャンセル料が発生する場合もありますから、その辺はいちおう相手への礼儀として。

清潔感がない男は止めておけ

最低限の清潔感がない男はいけません。なぜいけないかと言うと、女性への礼儀に欠けるからです。

 

キレイ事抜きで話しますが、女性は男よりも外見で判断されやすい生き物ですよね。女性の皆さんはそれが分かっているからこそ、人一倍美容に気を使うのです。

 

そんな努力を重ねている女性と接するに当たっては、男も最低限、身だしなみの努力を行ってこそ大人のたしなみと言えます。

 

日々努力を重ねている女性に、「こんな汚い男と一緒に歩くのは嫌だな」と思わせてはいけないと思いますね。

 

僕の知る限り、女性のそういった努力を理解している男というのは絶対に清潔感には気を付けているものです。

 

なのであまりにも清潔感がない男というのは、女性の努力や気持ちをくめない男と言われても仕方がありませんので、少し厳しいですが男としては落第です。

 

またこういう男に限って、関係が悪化した時などに自分の足りなさが理解できない人が多いので、けっこう逆切れとかしやすいと思います。

 

まあ、あまりおすすめはしませんね。

 

ただし我々ぐらいの中年になってくると、気を付けていても口臭や体臭などの加齢臭がどうしても出始めます。

 

そこの所は、ちょこっと多めに見てもらえるとありがたいですねえ。

社会のせいにする男は止めておけ

人間生きていれば、思うようにゆかない事などごまんとありますが、それをいちいち国や社会のせいにしている男はダメです。

 

日本が世界的に見てどれだけ恵まれた国であるかは、民族紛争や宗教紛争がない事、医療や教育の質が全国どこでも一定水準である事からみても明らかです。

 

そんな国に生をうけておきながら、やれ国が悪いだ社会が悪いだの言っている男は、基本的に感謝の念が薄くて他力本願な人間でしょう。

 

えてしてこういう男は、関係がもつれた時に女性のせいにしてくる事が多いです。

 

「俺がこれだけやっているのに何でお前は分からないんだ」みたいに、何かあったらきっとあなたに思いっきり不満をぶつけてくると思いますよ。

 

地獄までお付き合いする覚悟のある相手なら良いでしょうが、そこまでの覚悟が持てない男なら、止めておくのが正解でしょう。

自己評価が低い男は止めておけ

すべてにおいて完璧な人間などいませんが、誰にでも部分部分では他者よりも優れているという点が必ずあるはずです。

 

例えば僕なら、「女性は全力で守る」とか「去って行く女性は絶対に追わない」など、女性を守りたいとか嫌がる事はしたくないという思いでは誰にも負けません。

 

身長では負けるし、面白さでも社会的地位でも経済力でも負けるかもしれませんが、そこだけは「僕が世界一の男」である事を譲れないのです。

 

別に僕のような男を選べと言っているわけではなくて、要はそういった信念みたいなものを持っているかいないかという点がとても重要なのですよ。

 

女性は忙しい時間の合間を縫って僕たち男に付き合ってくれるわけです。

 

だからせめてその間だけでも、「俺は世界一の男」という態度を貫かなければ、せっかく時間を作ってくれた女性に対して失礼なのですよ。

 

それなのに、すぐに「どうせ俺みたいな男は」とか「俺は誇れるものが何もない」などと言う自己評価が低い男は、もう一緒に過ごすだけ時間の無駄ですね。

 

こういう男は何かとしつこく尾きまとうケースが多く、「どうすれば好きになってくれるの」という柔弱な態度でつきまとう可能性があります。

 

深入りしないうちに止めた方が良いでしょう。

車の運転が荒い男は止めておけ

もうこれは論外ですね。僕が思うに、車の運転ほど男の本性が出る行為はありません。

 

大切な女性を隣に乗せておきながら、急ブレーキや急発進や猛スピードでの運転など、安全に配慮した運転が出来ない男は失格です。

 

危険察知能力は男にとってもっとも必要な要素の1つなのですが、これが無い男というのは、いつかあなたの身に重大な危険を及ぼしかねません。

 

全ての男がそうだとは言いませんが、車の運転が荒い男は言動も荒い人が多く、何らかトラブルを招きやすい性質を持っているものです。

 

なので、この男とならどんなトラブルでも乗り越えられると思えるぐらいの相手なら良いのですが、そうではないのなら止めておきましょう。

 

傍にいてくれる女性の安全を考える事が出来ない男は、僕に言わせれば「ガキに戻って出直して来い」レベルです。

 

以上。女性に害を与えない男の選び方について話しました。

 

今回の内容は男性の方にはキツイ内容だったかもしれませんが、優れた男の人から見れば、僕が書いた内容はしごく当たり前の事だと思いますよ。

 

きっとこの記事を読んでいただいている男性読者のあなたは、そういう優れた男であると信じています。

 

僕は女性にはすべからく幸せになってもらいたいので、偉そうですが、応援の意味も込めてたまにはこんな記事も書いてます。

 

他にもいろいろと書きたかった事はありますが、まずは今回の5個の視点で男を選別するだけでも、かなり失敗は少なくなると思いますよ。

 

女性のあなたが、良い男と出逢えて幸せな日々を送れることを心から祈っていますからね。

まとめ

*余裕がなくてしつこい男は止めておく。

*最低限の清潔感がない男は止めておく。

*国や社会のせいにする男は止めておく。

*自己評価が低い男は止めておく。

*車の運転が荒い男は止めておく。

スポンサードリンク