前回の記事でも書いたのですが、先日生まれて初めて「胃カメラ検査」を受けてきました。

 

で、その記事を読んだ方々から、「実際に胃カメラ検査ってどんな感じなの?苦しいですか?」という相談を多数いただきましたので、今回その体験を記事にしたいと思います。

 

ちなみに、私が受けた検査は「眠ったまま受ける胃カメラ」でしたので、その点を念頭に読み進めて頂ければと思います。

スポンサードリンク

胃カメラ検査とは

胃カメラ検査(上部消化管内視鏡検査)とは、小型カメラなどを内蔵した太さ1㎝ぐらいの細長い管を口や鼻から挿入し、胃の状態を目視観察する医療行為を指します。

 

最も多いのは患者さんが起きている状態で口から挿入する検査ですが、オエッと感が苦手な方には鼻から挿入する術式もあります。

 

さらに、私のようにオエッと感が苦手なうえに鼻炎持ちで鼻の中が敏感だというような人の為に、最近では眠っている状態で行える術式も普及して来ています。

 

健診等ではバリウム検査で胃を観察するケースも多いのですが、やはりカメラで目視した方が確実に胃の状態を把握できるので、できればカメラによる検査が望ましいですね。

胃カメラ検査の流れ

検査の前後の流れなども含めて紹介します。

前日の夜9時以降は食事禁止

確実に胃の中を空っぽにしておかないと、検査が不確実に終わったり思わぬ事故につながる可能性があります。

 

検査日前日の食事は必ず夜9時までに済ませ、それ以降は一切食事は摂らないようにしましょう。ただし水分摂取はOKです。

 

水分摂取は「水・お茶・牛乳・ジュース」などの種類は問われませんが、検査日当日に関しては「水のみ」に限定しておく方が無難でしょう。

 

このあたりは医師から説明があると思いますので、しっかりと話を聞いておいてください。

服用している薬があれば必ず申告する

飲んでいる薬の種類によっては、事前に休薬する必要があるケースなどもあります。

 

特に「脳疾患・心臓疾患・糖尿病」などの薬を服用している方は、検査を受ける前に必ず医師に申告しておきましょう。

ガスコンで胃をキレイにする

ここからは検査日当日の流れになります。

 

まず胃カメラ検査の前処置として、「ガスコン」という胃をキレイにする白い液体を飲みます。

 

別においしい飲み物というわけではありませんが、決して飲みにくい代物でもありません。量もそれほど多くはありませんので、飲みきれないという事はないでしょう。

キシロカインビスカスで喉に麻酔をかける

次に、「キシロカイン」という麻酔薬を使用して喉に麻酔をかけます。

 

医療機関によってやり方はいろいろですが、多くの医療機関では、「うがい」のような感じで患者さん自身にガラガラしてもらって麻酔をかける方式が多いようです。

 

私が訪れたクリニックでは、キシロカインを混ぜこんだシャーベットが出され、それを口の中で溶かせて飲み込むように指示されました。

 

ちょっと苦い味ですが、まあこれも苦痛という事はありません。

静脈麻酔でウトウト眠る

さて、ここまでが済んだらいよいよ検査室に移動します。

 

検査室では「左側を下にした状態で横」になり、その状態で胃カメラ検査を受ける事となります。看護師さんと少し談笑でもしながらリラックスした状態で待ちましょう。

 

意識がある状態で検査を受ける方はそのまま行われますが、眠った状態で行う方では、さらに以下のような流れがあります。

 

横になっていると、「今から鎮静剤を入れますね」と言われて腕の静脈から点滴を打たれ始めるのですが、凄い事にまもなく意識が飛びます。

 

私の体感では、おそらく点滴を打ち始めてから「10秒あるかないか」ぐらいの短時間で眠りに落ちたと思います。

 

後は、気付いたら検査が終わってベッドの上で寝かされていたという感じで目を覚ましますが、時間にしたらおおよそ1時間程で目を覚ますという流れになるでしょう。

 

以上で検査の全工程は終了となります。

 

帰る時も、別段気分が悪いとかキツイというような事もなく、自分の足でスタスタと歩いて帰れますので心配はありません。

胃カメラ検査は思ったよりも苦しくない

胃カメラ検査は人により感じ方が様々だと思いますが、今回私が受けた限りでは「思ったよりも楽」だというのが感想でした。

 

夢うつつの中で多少は「オエッと感」を感じたような気もするのですが、夢か現実かも分からないような感覚の中でしたので、別に苦しいという事はありませんでしたね。

 

まあ、もともと苦しくないという方もいれば、私のように苦手だという方までいろいろとタイプがあるでしょうが、こういった楽な検査が普及している事はとてもありがたい事です。

 

前回も話しましたが、「胃がん」は非常にわれわれに身近な疾患ですし、「逆流性食道炎」なども放っておくと「食道がん」へと移行するリスクがあります。

 

こういった事態を早期に見つける為には、やはり胃カメラ検査を受ける事が確実ですから、何か気になる症状がある方は一度検査に行かれる事をおすすめいたします。

 

ただし、今回私が受けた眠ったまま受けられる胃カメラ検査は、まだあまり多くの医療機関で実施されているわけではありません。

 

事前に下調べしてからよく説明を受けたうえで検査に向かうようにしましょう。

 

「ピロリ菌を除菌しよう!胃がんを予防するのに有効です!」

まとめ

*胃カメラは、バリウム検査などよりも確実に胃や食道の状態を目視観察できる検査。

*口から挿入する方法が主流だが、より吐き気が少ない鼻から挿入する方法も用いられている。

*最近では、眠ったままの状態で検査を受けられる医療機関も出てきている。

*想像しているほど胃カメラ検査は苦しくない(眠って行った場合の感想)。

スポンサードリンク