ようやく寒さもいくらか和らいできましたね。しかし、こんな時期こそインフルエンザのぶり返しなどがあるので要注意ですよ。

 

手洗いうがいなど、引き続きあなたも予防に用心されてくださいね。

 

さて今回の記事ですが、患者さんからいただく質問の中でとても多い

 

「湿布(しっぷ)」

 

に関する問い合わせについてお答えしたいと思います。

 

特に、湿布は「何時間効果が続くのか」という点や、「冷湿布と温湿布はどちらが良いのか」といった点などについて、よく考えてみることにしましょう。

スポンサードリンク

湿布の種類

湿布には、大きく分けて「パップ剤」と「テープ剤」とがあります。

 

パップ剤とは、白くて厚みがある昔ながらの湿布の事です。水分を含んでいるのでかぶれにくいのですが、反面、はがれやすいという性質があります。

 

テープ剤とは、肌色で薄いタイプの湿布の事です。ややかぶれやすい性質がありますが、はがれにくく目立ちにくいという利点があります。

 

どちらを使用するかで効果に大差はありませんが、私個人の感想としては、パップ剤の方が鎮痛には有効であるケースが多いように感じます。

 

実際、患者さんからのウケが良いのもパップ剤ですね。ただし、このあたりはあくまで好みで選んでいただければ良いと思います。

 

どちらかが、極端に効果的に優れているというものでは決してありませんので。

冷湿布と温湿布はどちらが良いのか

冷湿布には「メントール」という冷感成分が含まれており、ヒヤッとした感覚がとても気持ちが良く、炎症を鎮める効果があります。

 

なので基本的に、冷湿布は「急性期」の症状に適しています。

 

打撲や捻挫(ねんざ)はもちろんの事、「ぎっくり腰・寝違え・膝に水がたまった・むち打ち症」などの際には、原則として冷湿布を使用すると良いでしょう。

 

温湿布には「トウガラシ成分」が含まれており、ポカポカした感覚が心地よく、血流を促進する効果があります。

 

なので基本的に、温湿布は「慢性期」の症状に適しています。

 

肩こりや腰痛症など、各種の慢性関節痛などの際には、原則として温湿布を使用すると良いでしょう。

 

ただし、温湿布はかぶれやすい方が多いです。あまり長時間は貼りすぎないように注意してくださいね。

 

また、冷湿布も温湿布も鎮痛剤の効果としては大差がありませんので、あくまでご自分が使用されて気持ちが良い方を使用する、という考え方でも大丈夫です。

湿布はどうやって効果を発揮している

湿布の作用機序を理解できている方というのは案外少ないものなので、今回はその点も勉強しておきましょう。

 

湿布もあくまで鎮痛剤という事をまず理解してください。

 

飲み薬は毛嫌いするけど湿布ならガンガン使用するという方がよくいますが、湿布に副作用がないという訳では決してありません。

 

湿布は皮膚から鎮痛成分を吸収させているので、当然血流にのってある程度は全身へも作用するのです。

 

ですから、一度に大量に貼ったり長期間連続で使用し過ぎると、やはり胃腸等の内臓へ負担がかかる可能性はあります。

 

飲み薬が口から成分を吸収しているのに対し、湿布は皮膚から成分を吸収している、という点はしっかり理解しておきましょうね。

 

同じ薬である事に変わりはありませんので、いずれにしても乱用は慎まなければなりません。

湿布は何時間ぐらい作用するか

基本的には、飲み薬の鎮痛剤と同じように考えていただければ良いでしょう。

 

すなわち、貼ってから2時間後ぐらいに効果がピークに達し、4~5時間後ぐらいにはある程度効果が弱くなっているという感じです。

 

なので「1日2回」ぐらい貼りかえて使用すれば、ある程度は、起きている時間帯の痛みをコントロールできるという計算になります。

 

ただ、最近は1日1回で良いタイプや、必ずしも患部に貼らなくても良いタイプなど、いろいろな種類の湿布剤が出てきていますので、医師等とよく相談しながら試してみましょう。

 

なお、1つ注意点として申しあげておきます。

 

湿布をはがした後に、貼っていた箇所の皮膚を「日光」や「室内灯」にさらすと、まれに「光過敏症」というアレルギーを起こすことがあります。

 

よって湿布をはがした後しばらくは、皮膚を直接日光や室内灯などにさらさないように気をつけましょう。

 

以上。湿布の効果時間について話しました。

 

湿布は身近な体のケアグッズですが、意外に知っていそうで知らない事も多かったのではないでしょうか。

 

今回の記事を参考にして頂き、より有用な湿布の使い方をマスターしていただければと思います。

 

痛み止めの薬についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にされてください。

 

「痛み止めの薬を処方された際に知っておきたい強さのランキング!」

まとめ

*湿布には、パップ剤とテープ剤とがある。

*急性期には冷湿布、慢性期には温湿布が向いているが、効果に大差はない。

*湿布と言えども薬の一種。皮膚から成分を吸収させている。

*湿布の有効時間は、おおよそ2~5時間ほど。

スポンサードリンク