読者の皆さまこんにちは。ようやく猛暑も一段落した矢先に各地でいろいろな災害が多発しており、ほんとに心が痛みます。

 

おかげさまで僕は無事に過ごしておりますが、あなた様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。

 

さて今回のテーマも、炎上必至の面白いテーマとなっております。

 

最近、患者さんたちと交わす雑談の中でもよく話題に上るのですが、それにも関連したあるテーマについての記事になります。それは何かと言うと

 

「浮気・不倫」

 

といったテーマについてなんです。こういうテーマについても平気で語り合うのが当院のスタイルでして。

 

以前の記事でも書いたことがあるのですが、このテーマについての僕の見解は一貫しております。

 

「浮気や不倫は悪い事でも何でもなく、さらに言えば、される方にこそ問題がある」

 

もう、これだけの内容でも相当なバッシングを喰らいそうですね。

 

まあ、それならそれで別にいっこうに構わないのですが、もしあなたが男として女としてレベルの高い存在になりたいのであれば、ぜひ最後までお読み頂きたいものです。

スポンサードリンク

なんで昼顔があんなに人気を博すのか

昼顔というドラマが大人気のようですね。

 

いや昼顔に限らず、浮気や不倫をテーマにした作品というのは、たいてい世の中に一定の人気を博すものです。

 

では、これだけ「浮気や不倫は悪だ」と叩きまわす一方で、なぜ大衆の多くはそういった作品にのめり込むのでしょうか。

 

答えは簡単。それが人間の「性(さが)」だからです。

 

少しでも優れたパートナーを求めようとするのは、恋人がいようが結婚していようが人間の本能です。

 

ただ多くの人は、その本能に忠実に生きて世間からバッシングを受ける事が怖いので、徒党を組んでむしろ叩く側に回るのです。

 

その方が安全ですからね。その方が仲間外れにされませんからね。だから、本能を理性で抑えこんで偽善者を演じる訳です。

 

まあ僕は違いますけどね。

一人の人間の人生を独り占めする権限などあなたには無い

だいたいですね。いくら互いを好きあっていようと、その相手のすべてを自分が独占しようなど、おこがましいにも程があります。

 

パートナーが居るという事は、数ある出会いの中でも、その人がもっとも近くにいてくれる良き理解者であるというだけの事に過ぎません。

 

その良き理解者を、何の権限があって自分の所有物にすることができましょうか。犬や猫でもあるまいに。

 

相手には、自分よりもっと優れたパートナーを探す権利があります。

 

自分にも、相手よりもっと優れたパートナーを探す権利があります。

 

それが生物としての本能であり、本来のあるべき姿です。モラルだの倫理だのは、後から誰かがつけた絵空事でしかありません。

浮気や不倫を悪だと叩く人は例外なく劣化している

いつもこのブログでは書いていますが、浮気や不倫は

 

「する方ではなく、される方に原因があります」

 

だってそうでしょう。優れたパートナーを探すのは人間の本能であり、ただその本能に忠実に行動しただけなのですから。

 

悪いのは、その本能に走らざるを得ないほど相手を追い込んでしまった「自分」なんですよ。

 

頭の良い人は、浮気や不倫をされても「自分に何が足りなかったのか」を問い、原因を自らに求めます。そして、その原因を改善させながら次のステップへと昇って行きます。

 

その姿勢こそが「洗練される」という事であり、そういう方々は総じて自分を磨き続けるものです。その生き様が性的な魅力となってゆくのです。

 

ところが、浮気や不倫を相手の原因だと喚き立てて、自分には一切の非がないと主張する人に限って、たいてい内面も外見も磨いていないものです。

 

その姿勢には何らの性的魅力も宿る事はなく、ましてや洗練されている人にはお世辞にも見えないものです。

他の誰かに走るかもしれないという緊張感があなたを磨く

僕を好きになった女性はどんどん魅力的になります。

 

それは、僕がいつ他の女性に走るか分からないという緊張感がその女性を磨くからです。

 

なんせ僕は、死ぬまで女性にモテる努力を忘れないと常々公言していますからね。

 

そんな僕に対して、自分を磨く事で他の女性には走らせないという気概に満ちたレベルの高い女性としか、僕は関係を持ちません。

 

そして僕も、そうやって魅力的になってゆく女性が他の男に奪われるかもしれないという緊張感があればこそ、日々どんどん良い男になってゆく訳です。

 

つまり、互いの本能を認め合った上で決して束縛することなく、自分を磨き続ける事こそに専念してゆく。

 

そういった適度な緊張感と自由な関係こそが、実は関係を長続きさせるコツでもあり、互いを高めあう最高の薬なのです。

浮気や不倫をされて傷ついたなどと甘ったれるな

浮気や不倫をされて傷ついたと一方的に嘆く人に言いたい。

 

「甘ったれるな」

 

浮気や不倫をされるのは自分の魅力が足りないだけの話であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

 

文句があるなら、潔くそのパートナーと別れてひたすら自分を磨き、自分を確保して置かなかった事を後悔させてやれば良いんですよ。

 

自分を磨く努力を怠っておきながら、それを棚に上げてただただ相手を攻めたてても、それは時間の無駄でありあなたの価値を貶めるだけです。

 

優れたオス(メス)になりたいのなら、相手に原因を見る心を戒めて、ひたすら自分磨きに専念してください。

 

そんな姿勢を兼ね備えた僕のような優れたオスの元には、必ず優れたメスが現れるものです。だから、きっとあなたにも現れます。

 

厳しいことを書きましたが、結局は僕の言っている事が男女の真実だと思いますよ。

 

もし僕の言っている事に一定の理解を示せるのなら、あなたはすでにかなりの良い女(男)でしょう。

 

反対に、もし嫌悪感しか感じないようならば、ちょっと危ないかもしれませんよ。

 

いずれにしても、僕はそういう生き方で優れた男に成って来ましたし、僕に出逢った女性も優れた女に成ってゆきました。

 

そういう現実も実際にあるわけですから、良かったら参考にしてみませんか。あなたの健闘を祈っていますよ。

スポンサードリンク