b583fd50fd83d67c8121e735deaad525_m

小さな子を持つ親にとって憂鬱な「冬」の季節がやってきました。何が憂鬱かって「風邪の流行」ですよね。

 

私の子どもたちも、小さいころは冬になる度に風邪を引いてばかりでしたからね。

 

それも、1回だけじゃなくて1シーズンに2~3回は引いていましたから、その度仕事の調整を付けたり病院へ奔走したりと、まあ今思えば懐かしい思い出ですが。

 

さて、あなたは今まさに流行中の

 

「rsウイルス感染症」

 

についてご存知でしょうか。主に乳幼児が罹患する疾患で、重症化すると「肺炎」などへ移行するリスクのある厄介な疾患であります。

 

今回は、その「rsウイルス感染症」について話をします。

スポンサードリンク

rsウイルス感染症

rsウイルス感染症とは「rsウイルス」によって引き起こされる風邪症候群です。

 

乳幼児の呼吸器疾患の代表格であり、2~3歳までにすべての子どもが1度は罹患すると言われているほどメジャーなウイルス疾患です。

 

rsウイルスは何度も感染を繰り返す事でも有名で、最近は大人になっても再感染する事例が増えていますね。

 

rsウイルス感染症は通常の風邪と同じような症状で始まるのですが、何か特別な兆候が出る訳ではありません。

 

なので、乳幼児が風邪を引いて呼吸器症状が酷いような場合には、真っ先に疑うべき疾患とも言えるでしょう。

 

 

rsウイルス感染症の症状

通常の風邪と同じような「発熱・咳・くしゃみ」などの症状から始まります。通常の風邪との区別がとても難しいのですが、強いて言うならば

 

「咳などの呼吸器症状が強い」

 

という特徴があります。重症化すると「咳や呼吸困難」などの呼吸器症状が顕著になり、特に1歳未満の乳児では「肺炎」や「気管支炎」などに移行するリスクが高いです。

 

肺炎などを併発すればかなりの確率で「入院治療」となりますので、よく注意しておきたい疾患ですね。

 

近年ではインフルエンザに先駆けて流行する事も多く、冬の代表的な風邪症候群として仲間入りをしています。

rsウイルスの治療

ウイルス疾患ですから「抗生物質は無効」です。ウイルスへの特効薬もありませんので、対症療法を行いながら肺炎などに気を付けて、自然治癒を待つことになります。

 

なお子供が熱で苦しそうにしていると、「薬」で熱を下げようとしたり咳やくしゃみを抑え込みたくなりますが、それはできるだけ避けて下さい。

 

発熱や咳などの不快な症状は、すべてウイルスを排出しようとする体の防御機能です。出すだけ出させた方が回復が早くなるのです。

 

あまりにも苦しそうならもちろんそういった処置も必要ですが、苦しい症状は「免疫がウイルスと勝負しているんだ」という観点だけは忘れないようにしてくださいね。

スポンサードリンク

rsウイルス感染症の予防

通常の風邪と同じく、「飛沫感染(感染者の咳やくしゃみなどに接触しての感染)」や「接触感染(感染者の身体に接触しての感染)」に気を付ける必要があります。

 

よって、やはり基本的な「うがい・手洗い・マスク着用」の徹底が重要です。

 

しかし、乳幼児ではうがいやマスクの着用は難しいでしょうから、せめて手洗いだけでも親が監督して、少しでも感染リスクを軽減してあげましょう。

 

なお「うがい」や「手洗い」についてですが、殺菌力が強い薬剤で手短に行うよりも、普通の水道水で長時間行う方が実効性や経済的な観点からも遥かに有効です。

 

また、これは意外に思われるでしょうが、風邪の気配がしてきたら「空腹状態を作る」事も有効です。

 

風邪の時ほどたくさん無理して食べさせようとする方がおられますが、これ実はあまり正しい対応とは言えません。

 

免疫を担当する「白血球」は栄養処理にも関わっていますので、栄養処理ばかりにエネルギーを使わせていると、肝心な時に病原体を処理する白血球が足りなくなるのです。

 

よって、「無理して食べさせずにたくさん寝かせる」方が、実は予防や回復の観点からも大変有効なのですよ。

 

「風邪のひきはじめ対策!予防から治し方までの総まとめ!!」

 

以上。rsウイルス感染症の話でした。

 

rsウイルスはもうすでに流行中の疾患でもあります。今回の記事をしっかりと読んで頂き、感染に備えてしっかりと心の準備をしておきましょうね。

まとめ

*rsウイルス感染症は、rsウイルスによって引き起こされる風邪の一種。

*rsウイルス感染症は2~3歳までにほとんどの子どもが感染する。

*rsウイルス感染症は通常の風邪と似ているが、咳などの呼吸器症状が強いのが特徴。

*rsウイルス感染症では肺炎や気管支炎を併発するリスクがある。

スポンサードリンク