b4a65973c1934138ac6322fa63733510_m
赤ちゃんは母親からの免疫を受け継いでいる為に、基本的には「生後半年」ぐらいまでは風邪をひきません。

 

ところが半年を過ぎてくると、だんだんもらった免疫が薄れてくるので、初めて風邪による発熱などを経験する事になります。その最初の風邪となるのが

 

「突発性発疹(とっぱつせいほっしん)」

 

です。突発性発疹は、ほとんどの赤ちゃんが生まれて初めて経験する風邪です。

 

予後良好な疾患なのでそれほど心配しなくても良いのですが、初めて我が子の辛そうな様子に直面すると、見るに忍びないものがありますよね。

 

私も昨日のことのようにその当時の情景を思い出します。今回は、親子にとって初めての試練とも言える「突発性発疹」の話をします。

スポンサードリンク

突発性発疹

突発性発疹は「ヒトヘルペスウイルス6型」というウイルスの感染によって発症します。

 

発熱や発疹を主体とする疾患で、一度罹患すれば生涯免疫を獲得するので、原則的には二度と罹患する事はありません。

 

ただし、「ヒトヘルペスウイルス7型」にも同様の感染能力がある為に、結果的には生涯で二度に渡り突発性発疹を罹患する方もまれにおられます。

 

何を隠そう、そのまれなパターンが私の子どもでしたから。

 

 

突発性発疹の症状

急に「38℃から40℃近くの発熱」が起こり、3~4日経過して熱が下がり始めてくるタイミングに合わせて「胸部や腹部を始めとした全身に赤い発疹」が現れます。

 

赤ちゃんの初めての発熱の場合、ほとんどのケースがこの疾患と言われていますが、発疹が出てくるまではなかなか医師も確定診断がつけにくいものです。

 

発疹に先行して喉の奥に赤い斑点ができることもあり、それを「永山斑」と言いますが、このサインは突発性発疹の特徴的サインだと言われています。

 

医師によっては、この症状を持って確定診断とする場合もあるようです。

 

発疹自体にはそれほどかゆみは伴わず、通常の風邪のような「咳・くしゃみ・鼻水」などもあまり見られないケースが多いですね。

 

高熱の割に比較的元気で、機嫌もそれほど悪くならない赤ちゃんが多いのもこの疾患の特徴と言えますね。

スポンサードリンク

突発性発疹の治療

ウイルスが原因の為に「抗生物質は無効」です。症状も感染力もそれほど強くはないので、基本的に特別な治療の必要もありません。

 

たまに下痢を起こす場合がありますので、下痢や高熱による「脱水症状」にだけは気を付けておきましょう。

 

また、ごく少数の赤ちゃんでは「熱性痙攣(けいれん)」を起こすことがあります。

 

通常、熱性痙攣の予後は良好なのですが、持続時間が5分以上続く場合や左右非対称性のけいれんが起きる場合では、まれに脳炎や髄膜炎などの合併症リスクがあります。

 

念のため、熱性けいれんが起きてしまった場合には医師の診察や処置を仰ぐようにしましょう。

 

なお、高熱による頭への影響を心配するお母さんがおられますが、高熱で頭がおかしくなるということはまず心配ありません。

 

無理に解熱薬を使用して熱を下げる行為はかえって回復を遅らせるだけですから、よほどの事が無い限り使わない方が良いでしょう。

突発性発疹の予防

予防する事は物理的に無理ですし、また予防する必要もありません。

 

1つ1つの感染症を経験しながら赤ちゃんは体に免疫を蓄えてゆきます。たくましい体を作る為の通過儀礼と考えて、あまり取り乱さないようにしましょうね。

 

私も初めての子どもの発熱では大変緊張しましたが、そうやって1つ1つ子どもは強くなってゆくのです。穏やかな気持ちで温かく看病してあげましょうね。

 

以上。突発性発疹の話しでした。

まとめ

*突発性発疹は、ヒトヘルペスウイルスによって発症する。

*赤ちゃんの初めての発熱は突発性発疹である場合が多い。

*発熱と発疹が主体で、咳や鼻水等の風邪症状はあまり見られない。

*高熱の割には比較的元気で機嫌もあまり悪くない。

*症状や感染力は強くないので、原則治療の必要は無い。

スポンサードリンク