07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_m

中高年世代に入ってくるといろいろな体の不調を抱えるようになりますが、その中でも多くの方が経験する事になるのが

 

「五十肩(ごじゅうかた)」

 

ですね。主に40歳~60歳代ぐらいの方に頻発する疾患で、その厄介な症状には多くの方が悩まされていますね。

 

「肩を上げようとすると痛い」、「原因もないのにどんどん肩が上がらなくなってきた」、「腕が回らないので髪が洗えない・背中がかけない」などなど。

 

こんな声が周りの人たちからよく聞こえてきませんか。

 

そんな五十肩とは果たして一体どんな病態なのでしょうか。そして、多くの方が「五十肩の治療」に取り入れてしまう「マッサージ」は本当に正しい処置なのか。

 

今回は、そのあたりに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

五十肩(肩関節周囲炎)

実は「五十肩」という医学名称は正式には存在しません。五十肩の正式な呼び名は

 

「肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)」

 

という名称で呼ばれています。ただ、一般には四十肩や五十肩の名称で通っているのが実状ですから、分かりやすいようにこの記事では「五十肩」として統一します。

 

また、サイトや書籍によっては「凍結肩」と書いてある場合もありますが、五十肩と同じ意味だと考えてもらって構いません。

 

 

五十肩の原因

肩には、関節全体を保護する「関節包(かんせつほう)」や、関節の動きを良くする「滑液包(かつえきほう)」という組織があります。

 

これらの組織が、加齢や酷使など何らかの機序によって炎症を起こす事で、だんだんと「痛み」や「運動障害」などを起こしてくるのが「五十肩」です。

 

基本的に症状はだんだんと始まり、ゆっくりと進行してゆき、そしてある程度の期間の経過とともに自然治癒してゆくのがほとんどです。

 

しかしこのある程度が曲者で、早い人でも「約1年」、長い人なら「約2~3年」かかる事もザラです。なので、ただひたすらに自然治癒を待つのはけっこうきついですね。

 

なので、五十肩を治す際には医療機関で治療を受けましょう。

 

治療を受ければ治癒期間をかなり短縮できる場合が多いので、積極的に早期回復を目指して治療に取り組んでゆきたいものです。

五十肩の症状と治療

五十肩の急性期

発症からおおよそ3か月ぐらいは、「肩を上げたり腕を回したりする際に鋭い痛みが走る・じっとしていても肩が痛む」など、とても強い症状が出やすいです。

 

ここでよく間違えがちなのが、痛い患部をひたすら「マッサージ」したりどんどん「温める」ような行為です。ですがこれは止めておいた方が良いでしょう。特に

 

「急性期のマッサージは絶対に止める」

 

べきです。なぜなら急性期に患部をごりごりマッサージすると、炎症が悪化してしまい症状がどんどん強くなる事が多いからです。

 

なので正しい処置は、揉んだり温めたりするのではなく

 

「患部を冷やして安静にする」

 

事です。冷やすと言っても常に冷やすという事ではありませんよ。運動や労働などで肩を使った後には、いったん肩を冷やして炎症を抑える習慣を持つという事です。

 

よくプロ野球選手が、投げた後などにベンチで肩を冷やしているシーンをTVで見かけませんか。それと同じですね。

 

冷やし方としては、「保冷剤などをタオルで包んで患部を中心にやや幅広い範囲」を冷やし、皮膚深部の感覚がキーンと麻痺してきたらそこで終了します。

 

時間にして「約10分弱」ぐらいで充分ですので、ぜひ面倒がらずに実践してみてください。

 

また安静に関しても「全く使ったらダメ」という訳ではなく、無理をしない範囲での使用や軽いリハビリ運動ならぜんぜんOKです。

 

急性期におすすめしたいリハビリ運動としては、以下の動画のような「振り子運動」が良いでしょう。

 

ぶらんぶらんと肩の力を抜いて振り子のように腕を揺らすと、それだけで肩関節周囲の組織が適度に刺激されて良いリハビリとなります。

 

 

ただし、無理して動画と同じように早く動く必要はありません。自分のペースで結構ですから、ゆっくりと角度やスピードを調整しながらで実践してみてください。

 

なお、「じっとしていても痛む」というような強い症状がある場合には、医師に鎮痛剤や湿布を処方してもらいましょう。病院の選び方は以下を参考にどうぞ。

 

「肩の痛みは何科に行けば良い!?4つの選択肢から選ぼう!!」

 

強い痛みは決して我慢してはいけないのです。脳が痛みを記憶してしまい、ますます治りにくくなるからです。詳しくはこちらの記事もどうぞ。

 

「神経痛には鎮痛薬を使用すべきか?その判断基準は2つ!!」

スポンサードリンク

五十肩の慢性期 

症状が出始めてから4~6か月目ぐらいに入ってくると、だんだん鋭い痛みが鈍い痛みに変わり始め、「じっとしていても痛む」ような症状も改善されてきます。

 

これが慢性期に移行したサインです。ここからは

 

「患部を積極的に温めてマッサージなどを行ってゆく」

 

と良いでしょう。また、痛い動きを伴うリハビリにも少しずつ挑戦してゆき、固まってしまった肩関節の動きをほぐしてゆきましょう。

 

ただし、あくまでまだ治る途上ですから決して焦ってはいけませんよ。

 

無理をして再び肩を痛めてしまっては元も子もありませんから、必ず患部の反応をよく確認しながら段階的に行うようにしてください。

 

以下の動画のストレッチも非常に有効です。「操体法」という有名な運動療法で、「気持ちよく動かしながら最後にしっかりと脱力する」のがコツです。

 

ぜひ試してみてください。こちらのストレッチは急性期にも行って良いですからね。

 

 

以上。五十肩の話でした。

 

五十肩はいつかは自然治癒する疾患ではありますが、放っておくと2年も3年も悪いままということも多々あります。

 

自分で改善する努力を行うとともに、症状がひどい場合には必ず医療機関の診察を受けるようにしましょうね。

まとめ

*五十肩を、正式には肩関節周囲炎という。

*五十肩は、関節包や滑液包などに炎症が起きる病態。

*急性期のマッサージなかなり危険である。

*急性期は冷却と安静を重視。

*慢性期は温熱と運動を重視。

*五十肩はいつか自然治癒するが長期化する例も。医療機関を利用して早期の回復を目指そう。

*ツボは「肩の前面の痛みならH1とH2・横側ならH5とH6・後側ならH3とH4」が有効。詳しくは「井穴刺絡!万病に効くツボ治療決定版!!」を参照。

スポンサードリンク