bfa5969f4451027803c2ebd0264112f5_m

前回は、大人への関門の1つとなる疾患おたふく風邪について紹介しましたが、今回もその仲間の疾患を紹介します。

 

「水疱瘡(みずぼうそう)」

 

発熱と共に全身に発疹が出てきて、たまらなくかゆくなるあの辛い疾患ですね。

 

さてこの水疱瘡、ほとんどの方が子どものうちに体験しますが、実は症状が落ち着いても、完全にウイルスは消滅しないという事をご存知でしょうか。

 

つまり、活性化している状況が無くなった後もじっと長い年月体内に潜伏し続け、休眠状態で居座り続けるのです。

 

実はこのことが後年、特有の厄介な疾患を引き起こすことにもつながります。

 

またその結果、はからずも子どもに水疱瘡をうつしてしまう事にもつながるのですが、このあたりの詳細な説明は、追々記事に書いて行く事にしましょう。

 

今回は、そんな「水疱瘡」のお話です。

スポンサードリンク

水疱瘡

水疱瘡は「水痘(すいとう)」とも呼ばれ、「水痘帯状疱疹(すいとうたいじょうほうしん)ウイルス」による感染で発症します。

 

水疱瘡も、おたふく風邪同様に感染力が強い疾患です。

 

家庭内や学校生活下において1人感染者が出ると、罹患した事のない人のうち90%ほどには感染してしまうと言われるほど、感染力が強いウイルスです。

 

「うちの子どもはまだ罹患してないからもらいにいこうかな」とママ友同士で話し合っているシーンを見かけた事がありますが、それぐらい感染しやすいのですね。

 

さてこのウイルスですが、冒頭でも話したように、症状が落ち着いても体内から居なくなったわけではありません。

 

実は、体内の「神経節」という所に休眠状態で長い年月居座り続けるのです。

 

休眠状態ですから基本的に無害なのですが、何かの拍子に免疫力が落ちてしまうと活動を再開する事があります。それが、痛みのTOP5にランクされるとも言われる疾患

 

「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」

 

です。帯状疱疹についてはまたいつか別項で紹介したいと思いますので、今回の記事では詳細は割愛します。

 

帯状疱疹は同じウイルスですから、例えば親が帯状疱疹に罹患して子どもがまだ水疱瘡に罹患した事が無いような場合、当然子どもへ感染して水疱瘡を発症するリスクもある訳です。

 

このウイルスは「水疱瘡と帯状疱疹の2つの顔を持つウイルス」なのです。ここは、ぜひ知っておいて損はないと思いますよ。

 

水疱瘡の症状

「全身性のかゆみを伴う水泡性発疹」ができるのが主たる症状です。発熱を伴う事も多いですね。

 

最初は通常の風邪のような症状から始まる事が多く、それと同時に「赤い水泡性発疹」が体の中心をメインにしてポツポツ出来始めます。

 

発疹は2~3日でピークを迎え、約1~2週間ほどで「黒いかさぶた」となり、やがて自然とはがれ落ちてゆきます。

 

このかさぶたは、決して無理にはがしてはいけませんよ。子どもが自分でかいてはがれるのは仕方ありませんが、親が無理してはがすような事は絶対に止めて下さいね。

 

発熱は出る場合と出ない場合とがありますが、私の子どもの場合は結構高熱が出ました。どうやら、発疹の大きさや数の多さに比例して発熱も高くなる傾向にあるようです。

 

また、あまりにかきすぎて傷になった場合はそこから細菌感染を起こしてしまう事もあります。発疹が破れて出血していないかなど、常に注意深く観察しておいてください。

スポンサードリンク

水疱瘡の治療

治療としては、「かゆみ止めの塗り薬・細菌感染防止の抗生物質・抗ウイルス薬」等の処置が行われます。

 

特に抗ウイルス薬は、重症化を防ぐために非常に役に立ってくれますので、出来るだけ早期に服用を開始したいところです。

 

理想は、発症後48時間以内の服用が望ましいと言われています。

 

水疱瘡もおたふく風邪と同じで、乳児や青年期や成人(特に妊娠中)では重症化する恐れがありますので、出来る限り早めの受診を心がけたいものです。

 

なお、1つだけ絶対に気を付けて頂きたい事があります。

 

インフルエンザの記事でも述べましたが、絶対に自己判断で「解熱鎮痛薬」を服用しないでください。

 

インフルエンザや水疱瘡で解熱鎮痛薬を使用すると、「ライ症候群」という脳炎や肝機能障害を起こして命にかかわる怖い副作用が起こる事があります。

 

市販の解熱鎮痛薬などを安易に服用する事は絶対に止めておいてくださいね。

 

経過としては、約1~2週間ほどで発疹が黒いかさぶたに変わってきます。そうなれば、かゆみもかなり落ち着き症状も安定してきますので、そこまでは外出を控え安静にしておきましょう。

 

全てのかさぶたが自然にはがれ落ちて皮膚が綺麗になるまでには、おおよそ約3~4週間ほどは必要とするでしょう。

 

家でのケアとしては、口の中に発疹が出来たら食事の際に痛みますから、口当たりの良い「プリン・アイスクリーム・ゼリー」などを用意すると良いでしょう。

 

入浴は、湯船に浸かるのは控えてシャワーで優しく流す程度に留めます。シャワーで洗う際や薬を塗る際には、かさぶたを無理にはがさないように気を付けてください。

 

感染を避けたい場合には、任意にはなりますが予防接種も1つの手段です。

 

ただ乳幼児期には他に優先すべき予防接種が多いですから、慎重に計画を立てて実行しないとこんがらがってしまうと思います。

 

担当の小児科の先生とよく話し合って計画を立てましょう。

 

以上。水疱瘡について話ました。

 

大多数の方は問題なく乗り越えてゆく疾患ですが、乳児、青年期、成人(妊婦)等での発症は、重症化して命に関わる事もわずかながらあり得ます。

 

おたふく風邪同様に、決して簡単な病気と侮ってはいけませんね。

まとめ

*水疱瘡は水痘帯状疱疹ウイルスによって発症し、感染力が非常に強い。

*全身性のかゆみを伴う水泡性発疹が、約1~2週間ほど続く。

*完全に症状が落ち着くまでには、約3~4週間を要す場合が多い。

*治癒後もウイルスは休眠状態で潜伏し続け、後年帯状疱疹として再始動する事がある。

*予防接種の奏効率は高い。青年期や成人で罹患していない方は検討したい。

スポンサードリンク